上毛電鉄 デハ100型

画像

いつか写してみたいと思いつつも、なかなかその機会に恵まれなかった、上毛電鉄デハ100型を撮影することが出来た。

画像

合わせて、大胡電車庫の新春イベントにも参加した。

画像

上毛電鉄を撮影に訪れるのは、18年ぶり。700型がちょうど搬入された頃のことで、350型が主力だった。ワンマン化もされておらず、車内を車掌が行ったり来たりしていたのを覚えている。その車掌の接客態度があまり宜しくなく、若い運転士が車掌に委縮していて、ある駅を危うく過走しそうになっていた。だが、車掌にしてみればワンマン化で今の仕事を奪われるわけだから、彼の面白くない感情も理解出来なくはなく、態度だけで評価できないなと、思ったのを覚えている。

画像

そんな思い出がある上毛電鉄だが、その後、乗り潰しのため全線通しで乗ったことがある程度で、撮影するのは、本当に久しぶりだった。

画像

今回改めて見てみると、係員の接客が良く、とても気持ちが良い。車内へ持ち込む自転車も、多い時では3台あった。自転車だけだと行動範囲が限られるが、列車と組み合わせることで、可能性が拡がる。地域に密着している印象。

画像
画像

デハ100型は、よく整備されていて、クラシカルどころか、近代的な印象すらする。吊り掛けモーターも軽やかだった。車内は満員で、デハ100型目当てに、多くの人が集まるのだから、立派な観光資源だ。

画像

自分にとって、京王3000系は高校時代の通学に毎日利用していたとても身近な電車なので、コイツを前にすると、群馬にいる気がしない。車内のデコラが張り替えられていて、快適だ。昭和1桁生まれのデハ100型がいるので、古さなどまるで感じないが、700型も経年50年だ。

画像

上州といえば、からっ風。これだけは昔と変わらず、沿線で列車を待っている間、強い風に悩まされた。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック