名車、113系を追う

画像

房総ローカルの113系がその数を減らしている。噂では今後2週間に1度のペースで廃車回送が行われるとか。というわけで、可能な限り記録をしている。

209系への置き換えが開始されてから活動を始めるあたり、我ながら無計画に思うが、113系がそれだけ身近な存在であり、2年後の春に、房総ローカルから姿を消すという実感が、どうも得られ難い。

画像

安房鴨川の定番撮影地でのカットは、今月になって写したもの。ここには何度も足を運んだことがあるのに、113系を一度も写していない。銀塩時代はコストの関係で、シャッターを押す被写体を限定せざるを得なかったので、「いつでも写せる」、「珍しくもない」113系は、やって来ても、レリーズを見送ったのだろう。

画像

この日は、レンタサイクルを借りて行動したので、撮影を効率的に行うことが出来た。しかし、山の斜面あちこち登ってみたが、以前 Rail Magazine で紹介されていたアングルを、どうしても見付けることが出来ず、目的を果たせなかったのが残念。

画像

駅に戻りレンタサイクルを返却し、発車時刻まで構内にいる湘南色編成を写す。こうして構内に1編成だけ湘南色がいると、他線区から乗り入れてきた臨時列車のよう。帰路に乗車した外房線は、内房線遅れの影響で発車が10分ほど遅れたが、ウテシさんの見事なハンドル捌きと、運転司令の適切な対応によって、単線区間が介在するにも関わらず蘇我到着時点で遅延は解消された。

画像

本千葉のカットは、休日出勤した日曜日に写したもの。午後には仕事から解放されたので、113系を1~2本写すつもりで行ってみた。

画像

しかし、実際にホームエンドに立ってみると、来るわ、来るわ。113系がひっきりなしにやって来て、楽しいのなんの。結局、ホームエンドに2時間ほど居座ってしまった。露出条件が許せば、さらに何時間でも撮影を続けられそうだった。湘南色編成が来て、スカ色との併結シーンを見せてくれた。しかもこれが10Bだったので圧巻。湘南色とスカ色の併結シーンは、日常的に展開していたように思えるが、実はあまり見られなかった。

画像

というわけで、今後も休みの日はなるべく房総に通おうと思っている。筆者は昨年まで、外房線沿線にゆかりがあったので、房総ローカルの113系は自分にとってありふれた存在なのだが、前述のように今までの記録を見ると、写真を案外残しておらず、今になって慌てる始末。

自己嫌悪の念に駆られている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年11月10日 10:53
湘南とスカのちゃんぽんですね。千葉113系も今のうちに記録ですね。
2009年11月10日 16:29
113系最後の記録の旅、続けてください。
あと二年ですね・・・淋しくなります。
我輩も時間が許す限り撮影してます。
2009年11月13日 22:13
お二人とも、コメントをお寄せ下さり,ありがとうございます.
本当に、房総から113系が姿を消そうとしていることが信じられません。

この記事へのトラックバック