秩父鉄道3000系急行電車

画像

西武鉄道101系を改造した6000系急行電車が就役したとの報を受け、従来の3000系急行電車の先が見えてきた。そこで、廃車される前に慌てることのないよう、この連休中に秩父鉄道3000系にもう一度乗ってみようと思った。

秩父鉄道3000系は、元国鉄165系であり、秩父鉄道転入の際に大幅な改造を受けて、国鉄時代のイメージはない。車内もカラーリングが変更になっており、現代の水準に合った新車然としているので、一般の方には、この車両が40年選手とは映らないだろう。

画像


筆者が訪れた日はゴールデンウィーク中で、下り列車の車内は大混雑で、この電車の旅を楽しむどころではなかった。

実は、筆者の秩父訪問の目的のもう一つに、走行音の録音があった。以前も録音し、そのファイルはCDに焼いて収録したことがあるのだが、上り列車で収録したので、秩父から熊谷にかけて、下り勾配になっているため、迫力に欠けるものとなってしまった。

ところが、予想外の混雑で録音どころではなくなってしまい、所期の目的を果たせなかった。

しかし、この日は西武秩父線で秩父入りしており、下り列車に乗る前に、御花畑から熊谷まで、上りの3000系の急行列車に乗車している。こちらは、車内に余裕があって、急行型電車の旅を満喫できた。

画像


秩父鉄道は、ロングレールではないので、単尺レールのジョイント音がムードを盛り上げてくれた。有料急行なので、乗車の際に別途必要となる急行券が硬券なのも、雰囲気を盛り上げるアイテムである。

画像


三峰口に到着後、構内に保存されている車両を見学。

余談だが、秩父鉄道熊谷駅ホームの立ち食いそばは、とてもおいしい。今まで、何食もの立ち食いそばを食べてきたが、一番印象に残っている。今度、熊谷に行ったときは、入場券を払ってでも、秩父鉄道の立ち食いそばを食べたい。

三峰口にも同じお店があったが、何故だか、こちらは一般的な味で、熊谷のものとは違っていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年09月27日 23:13
こんばんは~♪

秩父鉄道3000形ですね~
元国鉄の165系で、JR時代にジョイフルトレイン「シャトル舞浜」に改造され、「アルファ」を経て、秩父に来ましたね。
外観は「シャトル舞浜」時代の改造で、今物を面影が残っていますね♪

私も、久しぶりに見て乗りに行きたくなりましたね~
2006年09月28日 22:29
知佳さん,秩父3000系は,165系のまま入線しております.「アルファ」ではないですよ.
2006年09月28日 22:37
あれ、そうでしたか?
失礼しました~(^^ゞ
2006年10月03日 21:12
3000系は,11月で引退が決まったそうです.3編成しかないので,置換えが早かったですね.

この記事へのトラックバック

  • すごいね…秩父鉄道って。

    Excerpt: 埼玉県北部に2路線を有する中小私鉄である、秩父鉄道。 沿線の埼玉県立熊谷高等学校の生徒をはじめとした若者の間では 「チチビアンライン」または「ちちてつ」として親しまれている。 そんな秩父鉄道だが、車内.. Weblog: でりふぉ@ブログ racked: 2007-04-16 00:19