横浜シーサイドライン


画像


日曜日,横浜シーサイドラインに乗ってきた.

土曜日,模試を受けたが,結果は散々だったので,午前中は勉強していたのだが,徐々に集中力がなくなってきたので,思い切って家を出た.

新交通システムにはあまり興味がなく,今まで後回しにしてきたが,午後,ふと思い立って思い切って乗ってきた.

京急で金沢八景まで行ったのだが,金沢八景には快特が停車するものとばかり思い込み,見事に横須賀中央まで運ばれてしまった.

(なかなかシーサイドラインの話しにならないが)

その,品川から横須賀中央まで乗った快特だが,てっきり新1000系だと思ったら,600系だったので驚いた.

ドア間のボックスシートがロングになっていて,袖仕切や鴨居のLEDが新1000系然としているので,横浜に近づく辺りまで,600系であることに気が付かなかった.

京急川崎で,先発の羽田からの快特4Rを併結する.

いつも,品川からの8Rを後ろに併結すれば良いのに…と思うのだが,三崎口行き列車の所要時間を引き伸ばさない効果があるのだと言う.金沢文庫で,4Rが逃げ切るのを待たないで済む.それは分かるが,わずかそれだけの,ほんの1分程度でも短縮しようとする意気込みがすごい.

金沢八景を降りて,駅前をシーサイドラインのりばまで歩く.若干,離れている.

画像


駅までのアプローチの歩道橋を上がると,港が見えて,ホームからも景色が良くて,早速気に入った.

画像


ただ,パスネットが使えないのが意外だった.

車両は無人運転で,幸い,いちばん前の席を陣取ることが出来た.

なんがか,ジェットコースターに乗っているような,ゴムタイヤを使う新交通システムならではの,アップダウンがあったりして,ずっと後回しにしてきたことを後悔した.東京から近いところに,こんなに魅力的な乗り物があることを改めて知った.

画像


新杉田から大船に出て,ここから湘南モノレールで,江ノ島に出ることにした.

画像


久し振りに,湘南モノレールに乗ってみたくなった.

懸垂式モノレールは,揺れがダイナミックで,スリルもある.

千葉都市モノレールには仕事で,年に何回か乗る機会がある.千葉は,高いところを走るのが湘南にない魅力なのだが,湘南は,キャブシグナルではないので,千葉よりもスピードが出るところが好きである.

初めて乗ったのは,いまから15年前ぐらいだったと思うが,懸垂式モノレールは本当に怖かった.

そんなことを思い出しているうちに,江ノ島へ.

湘南江ノ島の駅舎は,何となく,温泉地にあるロープウェイの駅舎のようで,普通の地上鉄道では,なかなか見られない造りである.
画像


画像



片瀬江ノ島に出ると,駅の改札口は込んでいた.帰りの列車も,海水浴客でいっぱいだった.

でも,本社とか,他部門から係員が応援に来ている気配などなかったので,利用客に比べて,駅員の数が明らかに不足していた.現場の人は大変だ.

それほど,輸送力が不足しているとは思わないが,昔は,江ノ島利用者向けの臨時列車とかも多く設定されていたが,かつてほど,海水浴客も多くはないのか.

模試の結果が悪く,スランプが続いていたが,思い切って外出してよかった.

湘南は,東京から1時間足らずで行けるのに,非日常的な気分が味わえて,ちょっとした旅行気分が味わえる.

湘南は,東京の人間には,なくてはならない大切な財産だと思う.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック