月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS クモヤ143 × クモユニ143

<<   作成日時 : 2014/07/23 20:46   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

この夏のいちばんの楽しみであった、長野支社の115系臨時列車を撮影してきた。湘南色編成とスカ色編成の2列車が仕立てられたが、いずれの編成にも、荷電が組成されたのがポイントで、往年のシーンが再現された。

画像

特に、スカ色編成のクモユニ143は、実際に千マリに配置されていた車両で、18年前まで、113系普通列車と連結し、房総ローカルとして運転されていた(こちらの記事)。その姿が、こうして再び見られるだなんて、感慨ひとしお。もう、二度と見ることが出来ないと思っていた。


房総ローカル時代は、運転時間帯と組成順序が、いずれも撮影には不向きで、クモユニを見る機会は多かったのに、残した記録はそれほど多くない。

画像

当日は、回送列車が設定され、撮影チャンスの多い大糸線の末端区間まで足を運んだ。これで、都合4カットが得られる。場所を確保すべく、前泊して撮影に臨んだ。いつにない気合の入れようだ。

画像

ところが、当日は倒木があって、“懐かしの115系横須賀色号”は、一部区間運休となってしまった。来ると信じて、ファインダーを何度覗いたことか。酷く落胆する。結局、スカ色は予定していたカット全ては得られなかった。心残りである。


こうなると、失職を覚悟で運転2日目の撮影に臨もうという誘惑が、頭を過る。しかし、生憎そこまでの勇気はなかった。

画像

一方、湘南色編成の115系に組成されたクモヤ143は天気に恵まれ、上下列車とも、心ゆくまでに撮影を楽しめた。夏空とオレンジのコントラストが鮮やかだ。

じっくりと撮影を楽しみたいので、お立ち台は避け、ポイントはロケハンして見つけた。おかげで、周囲を気にすることなく、自分のペースで撮影出来た。撮影間合いが5時間以上もあったが、待っている間も、不思議と退屈しなかった。


前パンで来るかと、パン切れに相当気を使って構図したが、パンタはご覧のとおりであった。


いろいろあったけれど、本当に良い思い出になった。企画してくれた長野支社に感謝したい。秋以降も再び運転して欲しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜
鉄道ニュース見て、これは見に行きたかった〜って思っていました^^
ツキだっ!さんは行かれたのですね^^
荷電は現役時代を見たこと無いですけど・・・
見てみたかったなぁw
ドラ猫
2014/07/24 20:58
ドラ猫さん、コメントをお寄せくださりありがとうございました。
まるで、国鉄時代を見ているようで、幸せなひとときでした。無理してでも行って良かったです。
ツキだっ!
2014/07/25 07:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
クモヤ143 × クモユニ143 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる