月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の北海道 小樽編

<<   作成日時 : 2012/11/09 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

今回は、この夏に行った札幌・小樽での模様をお届けしたい。旅の目的は、711系旧塗装と小樽観光である。

画像
画像

今までと異なり、今回は往復とも成田空港からの発着となった。今年になって就航したLCCを利用したからである。都内からだと、早朝深夜の成田空港までのアクセスが問題となるが、この夏は京成電鉄がそのニーズに対応してくれた。LCCでも、乗ってしまえば大手航空会社の便と変わらず、不自由しなかった。機内持ち込み手荷物に制約があり、荷物は前もって宅急便で送ってしまったので、ラクチンだった。今後も、機会があれば積極的に利用したい。

画像

千歳空港で、掲示板にアクセスし、711系の運用を確かめると、2本とも運用されているそうなので、予定を変更し、711系の撮影を行うことにした。一度、札幌に出て函館本線で岩見沢に向かう。札幌までの快速“エアポート”は、785系だったのはラッキーだった。

画像

なお、711系の模様はこちらの記事をご覧下さい。

画像

岩見沢と奈井江で711系の撮影を楽しんだ後は、20:04発の262Mで札幌まで711系の旅を楽しむ。711系の札幌に乗り入れシーンは珍しいが、秋以降は札幌周辺での711系の運用が増えそう。

札幌で駅構内で食事を済ませ、731系の普通列車で小樽へ。

この日は小樽に宿泊したが、深夜、大きな地震があった。東日本大震災を思わせる大きな揺れで、旅先での出来事なのでとても不安になる。宿泊先の職員の皆さんも、「奥尻の時より揺れた〜」だなんて言っている。自分と、比較の基準となる地震が異なる。

画像

翌日は、小樽観光。一度、小樽の街をゆっくりと散策してみたかった。小学生の時に見た“さすらい刑事・旅情編”の影響が強いからで、ずっと、オタモイ海岸周辺を巡ってみたかった。

画像

しかし、オタモイ海岸周辺は、数年前の災害以降、展望台など立入禁止になったままだそうで、せっかく行っても念願叶いそうにないので止めた。

画像

観光船の出港時刻まで小樽運河周辺を辿る。レンタサイクルを借りたので、散策するのにちょうど良い。しかし、途中で雨が降ってきた。運河の起点から終点まで、のんびりと見て回る。夏休み最後の週末ということで、小樽の街は観光客でいっぱい。ホテルも予約が確保しづらかった。特に、中国人観光客が目立つ。このわずか数週間後、尖閣諸島問題で日中関係が悪化するだなんて、この時は思いもしなかった。

画像

周遊船は、小樽港から出港する。途中、祝津港に立ち寄り、オタモイ海岸を巡るコースで、所要約2時間、運賃2390円だ。船が出港する頃には雨も上がり、夏らしい陽射しに恵まれる。それでいて、不快な暑さは感じられず、心地良いのだから、夏の北海道は、本当に良い。

画像
画像

沖から見るオタモイ海岸はダイナミックで、イヤなこと忘れて、心から楽しめる。船を追うように海鳥が寄って来る。みな、エサをあげて喜んでいるが、エサを口にする海鳥たちは必死のようで、エサをくわえようとする力は、案外強い。

画像

本当は他にも見たいところがたくさんあるが、またの機会にすることにして、731系の普通列車で小樽を後にする。小樽の駅舎はリニューアルされたが、内外共に、取って付けたようなイメージになってしまい、独特の風情が失われてしまった。

画像
画像

前後するが、この夏、函館山線経由で運転された特急“ヌプリ”をこの日の朝、小樽駅で写している。下りが札幌8:04発−函館14:00着、上りが函館11:43発−18:29というダイヤ。室蘭本線経由の“スーパー北斗”の約2倍の所要時間を要する列車で、特急列車としては現実的ではないが、各地の在来線特急が高速化されてしまった21世紀、たまには、こういう時代的な特急列車に乗るのも良さそうだ。

画像
画像

札幌に出て、南北線で自衛隊前へ。札幌市交通資料館を見学した。その模様はこちらの記事をご覧下さい。

画像
画像

その後、すすきのに戻り、札幌市電の車両を写す。すすきのと言えば、北海道を代表する夜の歓楽街のイメージが強いが、日中も人通りの多い、賑やかな街だ。

画像

飛行機の時間が気になるので、そろそろ札幌から引き上げる。

本当はこの時間、最後にもう一度711系の旧塗装が運転されるので狙いたいところだが、日没が本州よりも早い北海道のこと、既に走行写真を撮るのに充分な露出は確保できそうにないので、空港に向かう。

画像

空港で最後に海鮮丼を食べて、セキュリティゲートをくぐる。乗車予定の便が遅れていて、成田到着後の京成線の接続が危ぶまれたが、どうにか、間に合った。前晩の地震のこともあって、1便前の飛行機に変更してもらおうと、何度も電話をかけたが、なかなか繋がらず、結局諦めて当初の予定の便に乗ることになったが、ハプニングに見舞われることなく、計画通りに進んだのは良かった。

画像

LCCのサポートセンターは、回線が1本程度しかないことを知るのは、それから数週間経ってからのことだった。どおりで、繋がらないわけだ。1時間以上もメッセージばかりを聞かされたよ。

そこまで、コストカットを徹底しているのね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
九州から北海道に飛びましたね…♪
どこかのブログも一緒かw
としおちゃん
2012/11/10 00:05
北海道旅行いいですね。これからの季節は最悪だが…

LCCですが、平常どうりに運行してくれる分にはいいのですが、欠航になると大変な思いをするようなので次回利用するときは注意が必要かもしれません。
千葉バス情報館
2012/11/10 00:52
お二人とも、コメントをお寄せ下さり,ありがとうございます.

>としおさん

九州と北海道の記事を一気にアップしましたが、この北海道ネタは、夏の話しです。紛らわしくて、すみません。

>千葉バス情報館さん

搭乗した便は機材の到着が遅れ、出発がかなり遅れました。実はこののちにもLCCを利用したのですが、やはり遅れて、LCCでの遅延は日常茶飯事のようで、仰せのとおり、時間に余裕があるときに利用した方がよさそうですね。
ツキだっ!
2012/11/12 20:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏の北海道 小樽編 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる