月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 箱根登山鉄道 新型3000型導入と旧型車

<<   作成日時 : 2012/06/07 09:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

箱根登山鉄道が、3000型(仮称)の新造を発表した。イラストによると、どうも、叡山電鉄の“きらら”のようなイメージだ。

画像

3000型は、箱根登山初のVVVF車となり、これまた初めて、回生制動となる。その特殊な条件から、開業時から発電制動が当然のように採用されてきたため、回生失効時に不安がある。3000型同士の2連列車の場合、下り勾配を暴走するシーンなどが思い浮かぶが、素人が思いつくような懸念事項など、プロは当然、検討するだろうから、問題ないのだろう。

画像

それに、箱根登山線の電力事情はカツカツと聞くから、3000型の回生電流は電車線に返るだろう。しかも、通常は2000型との併結運用となるようで、これは、同一饋電区分内に電力を消費する他車が常に傍にいることを意味するわけで、回生失効は、心配する必要はないのかもしれない。

画像

それにしても、ここにきて、“単車”の新造は意外だった。1000型以降の箱根登山鉄道は、固定編成を採用していたため、今までの感覚だと、2000型の中間車を増備するところだっただろう。しかし、2000型のデビューから20年以上が経っており、今さら中間車を増備したところで、インパクトに欠けるだろうし、3000型の新造という企画は、有名観光地における話題提供という意味でも、正解だと思う。

3000型は、2000型2両編成のどちらか一方に併結されるようだが、箱根登山鉄道は、スイッチバックがあり、箱根湯本発車時点と強羅到着時点とで、編成の向きが変わる。そのため、同じ下り列車でも、撮影区間を工夫すれば、組成方向に制約を受けることなく、3000型を先頭にしたシーンが写せるわけで、趣味人を困らせることはない。

画像

筆者は、どういうわけか、箱根登山線に行くと2000型の2両編成に当たる確率が多く、サラリーマンゆえ、訪問するのが決まって土休日であることも相まって、その混雑度にウンザリさせられる。19年前に、せっかく全線3両編成対応工事が行われたにも関わらず、2両編成が残るのは不満だった。

小田原−箱根湯本間が全列車小田急車による運転に切り替わり、運用数に余裕が出来た後も、2両編成は残った。箱根登山鉄道の小型車が、日中でも小田原に顔を出していた頃を知る身とすれば、当時と比べ、登山線の輸送力が大幅に増強されたのは分かるが、終日3両編成で運転されても良さそうに思っていた。

だから、3000型の就役が待ち遠しい。

画像

一方、ホーム撮影時は、2両編成のおかげで、アングルが得られることがあり、2両編成も、あながち悪くはない。

画像

ところで、新車と聞けば、それと引き換えに廃車となる旧型車のことを考えるのが、われわれ愛好家の“お約束”であるが、今回の3000型新造は、2000型の増結用なので、その心配は無用のようだ。

画像

しかし、せっかくの機会なので、ここで箱根登山鉄道の旧型車を改めて記録してみたくなり、先月、箱根まで行ってみた。

画像

ずっと永いこと小田急ファンをやっているが、グループ会社で、しかも、小田急線とレールが繋がっているにもかかわらず、筆者は、箱根登山線の宮ノ下−強羅間が未乗だった。鋼索線については全線である。なので、当日は“トコトコきっぷ”を買い、沿線で撮影しながら、早雲山まで進んだ。強羅をネグラにしているモニ1も、今回初めて撮影している。

モハ1の吊り掛け車に乗車することが出来、非冷房ゆえ、窓を開けたその心地良い風と、吊り掛けモーターのダイナミックサウンドを同時に楽しめ、懐かしく思う。

画像

徐々に標高が高くなると、気温がヒンヤリとしてくるが、ふと屋根に目を向けると、抵抗器の排熱の陽炎が立ち、視覚的な涼しさは感じない。保安要件が年々厳しくなる一方で、非冷房車でも、窓も大きく開け放つことが出来ず、開口制限のため、車内は暑く感じる。こうなると、いくら涼しい山間部を走る列車とはいえ、冷房車が恋しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜
「きらら」みたいなのが入るんすね。
景色を楽しめそうですね。
としおちゃん
2012/06/07 17:02
箱根登山鉄道の写真、楽しく拝見させて
もらいます。
ありがとうございます。
まぼちゃん
2012/06/07 18:24
どうも、こんばんは(^-^)
箱根登山鉄道に新型車両が出るんですね。2年後が楽しみです!!
けんまる
2012/06/07 22:59
としおさん、コメントをお寄せ下さりありがとうございます。
実際の仕上がりは、はたして“きらら”のようになるのか、分かりませんが、楽しみです。

>まぼちゃんさん
初めまして、今後ともどうぞ宜しくお願いします。貴殿の記事も拝見しました。

>けんまるさん、コメントをお寄せ下さりありがとうございます。
新車導入は意外だったので、私も今から楽しみにしております。
ツキだっ!
2012/06/11 09:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
箱根登山鉄道 新型3000型導入と旧型車 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる