月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 秩父鉄道旧塗装 1000系で甦る

<<   作成日時 : 2009/06/29 21:13   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
日曜日、秩父鉄道に行きリバイバルカラー第5弾となる秩父鉄道旧塗装編成を待った。

画像

2年ほど前まで、秩父鉄道の普通列車と言ったら5000系か1000系だったが、2007年より1000系にカラーバリエーションが加わり、今では次にやって来る列車が気になるようになった。この春には、さらに元東急8500系の7000系がラインナップに加わった。

画像

列車を待つ楽しみが増えたのは良いことだが、全線で70km以上もあるため、目的の列車を待つには、なかなか根気がいる。願わくば、富士急行のように週末の運用だけでも、リバイバル編成の運用を公式ホームページで公開してもらえると助かるのだが…。

というわけで、行き当たりばったり、やって来る列車を写しながら、旧塗装編成を待つことにする。幸い、旧塗装編成は2時間ほどで来てくれた。

画像

1000系は、100系の前面イメージとやや似ていることもあって、雰囲気は良く出ている。ただ、ノーシルヘッダーの近代的な車体には、今ひとつしっくりこないように思うのは、筆者だけだろうか。大宮工場に、秩父鉄道向け塗装が施された101系がいたことを思い出す。あちらは、窓周りにマルーンが塗られていた。

画像

それにしても、秩父鉄道のリバイバルカラー企画はすごい。なんてったって、今回で5本目だ。ただでさえ、“パレオエクスプレス”という集客力のある観光資源を保有しているのに、その上、日常的に運用している一般車まで、集客に活用しようとしている。ステンレス車両ばかりの鉄道会社には、真似の出来ない芸当である。

画像

秩父鉄道の主力として活躍を続けてきた1000系だが、この春、7000系の入線によって、1000系の一部が廃車となり解体された。

画像

1000系は古いながらも使い易い電車のようで、特に、電気制動の効きがすこぶる良く、一段ブレーキの綺麗な減速でホームに入線してくる。どうやら制輪子に鋳鉄製のものが用いられているようで、その効果も相まってか、制動が綺麗に決まり、電制失効後も安定感がある。そう言えば,国鉄の初期の新性能電車は,電制の利きがすこぶる良くて評判だったことを思い出す.

画像

一方、東急からの譲受車7000系は車内がとても綺麗で、秩父鉄道のイメージを大幅に変えた。一体、どこの鉄道に乗車中なのか、分からなくなるほど。しかしながら、回生が失効する場面も見られ、性能面では若干ミスマッチも見受けられる。足回りは、小田急5000系の発生品を使用すれば良かった。今後、7000系によって1000系が置き換えられていくだろうが、東急側の事情で8500系の供出が当面は行われる気配がなさそうで、今後が気になるところ。

この夏、ゆっくり沿線での撮影を楽しみたいと思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
秩父線ってホント色々走ってますよね。地元なので当たり前のように通過するの見てましたが、写真で見ると感じ違います
敦盛草
2009/06/29 21:44
こんにちは〜
関西線仕様の警戒色の電車もあるんだね。
としおちゃん
2009/06/30 12:59
こんばんは(・∀・)ノ
秩父鉄道、カラフルで凄いですね…
次はどんなカラーが出るか、楽しみですね〜
ドラ猫@携帯
2009/06/30 19:31
どうも、おはようございます
秩父鉄道にも、スカイブルーの電車があるんですね。
それにしても、ユニークですね。
けんまる
2009/07/01 10:32
皆様、コメントをお寄せ下さり,ありがとうございます.今月に入って、今日まで全く休みがなく、ブログは放置状態でした。
そのため、お礼を申し上げるのが大幅に遅れてしまい、申し訳ございません。
ツキだっ!
2009/07/20 20:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
秩父鉄道旧塗装 1000系で甦る 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる