月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 復活なった小田急2600系旧塗装

<<   作成日時 : 2006/10/10 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

画像

小田急2600系のうち最後まで残った2670×6の編成が,旧塗装に復元されることになった.そして,そのお披露目の日は,団体臨時列車が設定された.

小田急2600系は,筆者がこの世でいちばん好きな車両であり,鉄道好きにならしめた形式である.アイボリーのスマートな車体に,大きなスカート.アイボリーにメリハリを添える黒のHゴム.そして,一度聴いたら忘れることの出来ない,モーターサウンド.




姉妹形式の小田急4000系や5000系も存在したが,スカートに欠き取りがあったり,クーラキセの配置が不均等だったりで,その点,2600系は美しく均等に整っていた.

筆者は,沿線の各停しか停車しない駅が最寄りなので,2600系は数え切れないほど利用した.ゲタ電という言葉があるが,小田急の電車の中で,いちばん身近な存在で,まさにゲタの如く,自分の体の一部と化していたと言っても過言ではないほど,欠かせないものであった.

そして,何よりもこの電車の虜にさせられたのは,昭和57年に3か月間だけ運転されたフラワートレインの存在である.大きなチューリップが,車体側面に大きく描かれた.ラッピング装飾がまだ車体に施されるような時代ではなく,ペンキで描いたという.向ヶ丘遊園地のキャンペーンのタイアップ企画なので,サバー区間(新宿―向ヶ丘遊園)の近郊各停の運用が主だった2600系に,白羽の矢が立てられた.フラワートレインは,昭和40年代にも運転され,やはり2600系に特別塗装が施されている.

こうして振り返ると,2600系は,3度も特別装飾の対象として選ばれたほか,最期に旧塗装に復元されるなど,地味な存在であったが,イベントに使用される機会が多かった.普段地味な車両が,一躍脚光を浴びるのは,自分にとっても嬉しかった.

そして,2003年10月,旧塗装に復元された2670×6による団体臨時列車が運転された.筆者は,旧塗装が存在した頃はまだこの世に生を受けていないので,ツートンカラーが小田急線上を走る姿は,この日,初めて見た.

画像

レプリカの急行の運板に,白地に黒文字の方向幕.前面上部には1998年に使用停止された通過表示灯も灯り,ムードは満点だった.筆者は,前日見たインターネットの掲示板の誤ったカキコを信じ,出庫列車を1本撮り逃してしまったが,2600系の晴れ姿を見て,本番列車をきちんとシュート出来たので,大満足である.

沿線に集まったファンが,ファインダー越しに2600系を狙っている.2600系がこんなに脚光を浴びるなんて,今までは考えられなかった.2600系が好きだなんて,一昔前までは仲間に言えなかった.でも,インターネットをやるようになって,意外にこの車型が好きだという人が多くいることを知った.

2003年に2600系が残存1本となった時点で,いよいよカウントダウンが近付いていることを覚悟した.しかし,それと同時に,旧塗装に復元という機運が,ネット上で高まった.そして,ネットがキッカケなのかは知らないが,小田急電鉄はファンの期待に応えてくれた.筆者にとって,夢のような1日だった.

画像

その後,2670×6は旧塗装のまま営業に供され,2004年6月に引退した.その後も海老名検車区に処分保留のまま保管されていたが,今年7月,6両編成のうち一部を除き,解体された.営業線への復活は叶わなかったが,4000系が,お別れ運転もなく,1両も保存されずに廃車となったのに比べ,2600系は最後まで恵まれていた.

2600系は,ブレーキが電空演算タイプではないため,回生失効時など,ブレーキのクセが強く,雨天の空転も多い,1C6Mでメンテナンスに難があるなど,現場の方には嫌われていたので,そっけない最期を迎えるものと思っていただけに,それが,まさか保存までされるとは思わなかった.最終処分まで2年間も保留が続いたのも,内部で議論があったからだとか.手が掛かる子ほど可愛いということなのかもしれない.

画像

この10月に海老名検車区で行われるイベントで,クハ2670号が展示されることになっている.筆者は都合でどうしても見に行けない.本当は会いたい.


2003年10月

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
私鉄 リバイバルカラーコレクション
2000年代に入り,リバイバルカラーブームとなり,各地で旧塗装が復活した.大抵は,引退する形式のイベントに絡めて行われるが,東武と西武は,車両の引退を伴わない,通常のイベントとして行われた. ...続きを見る
鉄道基準
2007/07/23 00:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

私は小田急の事は良く分からないのですが、旧塗装はやはりよいですよね。何事も懐かしいものが復活すると言うのは見ている側も嬉しいですし。・・・0系と100系が原色になったらよいと私は思っております。
オーミヤ
2006/10/11 18:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
復活なった小田急2600系旧塗装 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる