テーマ:リバイバルカラー

登場時の姿に復元された京王6000系

京王電鉄6000系デハ6416ほか2連が、旧塗装に復元された。かねてから写したいと思っていたが、日曜日に高幡不動で留置中の姿を記録することが出来た。 休日出勤したこの日、仕事から解放されて大急ぎで高幡不動に駆け付けたのだが、既に陽はだいぶ傾いており、影だらけの画像になってしまったのが残念。ただ、増結車と言うことで、日中の稼働率が低…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

119系 飯田色をもう一度

この週末、夜行バスで豊橋に行き、船町付近で飯田線の119系デビュー色を撮影して来た。119系デビュー色は既に一度撮影したが、佐久間レールパーク閉園までの限定運用期間中に、もう一度写しておきたくなった。 バスの中で思うように眠れなかったため、本当は中部天竜まで行くつもりでいたが、結局は豊橋口で簡単に済ませてしまった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

♪ 並んだ~ 並んだ~ 黄色と~ 黄色っ!

秩父鉄道のリバイバルカラー第6弾がこの秋お目見えした。今回は旧塗装(黄色)である。 1990年代前半まで見られた塗装で、初めて見るカラーリングではないが、秩父鉄道1000系のイメージとしては、このカラーがいちばんしっくりくるし、後に標準色となった白基調のものより、1000系にはこちらの方が似合うと思う。 当日は、リバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの時キミは赤かった

京成電鉄創業100周年企画第3弾・ファイアオレンジ塗装の3300型を撮影して来た。 夕方になると陽射しに赤味が強く帯び、秋を感じさせるようになったが、それでも日中の陽射しはまだ夏同然で、日中のトップライトに鮮やかな赤が見事に映え、筆者を魅了させてくれた。嬉しさのあまり、例によってまたデジカメのモニタを見ては、線路脇でニヤニヤす…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

思わず、うっとり 京成のツートン

京成のリバイバルカラー第2弾。赤電ツートン塗装を撮影してきた。 赤電ツートンは、2年前に3290型の廃車に合わせて塗装されたのは記憶に新しく、そのため、今回はリバイバルというより、カラーバリエーションが増えたという受け止め方の方が、しっくりくるような気がする。今回は3300型がツートンを身に纏った。 しかし、今回も唸…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

復活を待ち望んでいました 119系飯田色

豊橋に行き、青22号に白帯の飯田線色119系E4編成を写してきた。 いや、はや、本当に良い色ですね。この飯田色は写真でしか見たことがなかったのだが、こうして実物を前にして、本当に119系に良く似合うカラーリングだと思う。103系の京阪神緩行線や京浜東北線と同じ青22号なのに、同じ色だと思わせてくれないところが、またすごい。塗装…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

昔日の面影が今なお残る下総台地を京成青電が行く

青電が千葉線で運用されている…という2ちゃんねるの書き込みがあったので、それを信じて千葉線に行ってみたところ、いました、いました。 というわけで、今日は青電リバイバルカラーの3356Fをやっと写す機会に恵まれた。日中の京成千葉線は、線内封じ込めなので、沿線で効率良く撮影することが出来て、なかなか良い1日であった。順光で思い通り…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

湘南乃電車 江ノ電にサンライン号が帰ってきた!

あまり話題に上がっていないが、6月から江ノ電1500型1編成が、デビュー当時の塗装に復元され、営業に就いているので、土曜日に撮影して来た。 1500型は、1000型と同じ車体が採用されているが、江ノ電初のカルダン駆動車として1986年にデビューした。モーターの装架方法の違いなど、一般の方にはアピールしにくいので、それまでの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

秩父鉄道旧塗装 1000系で甦る

日曜日、秩父鉄道に行きリバイバルカラー第5弾となる秩父鉄道旧塗装編成を待った。 2年ほど前まで、秩父鉄道の普通列車と言ったら5000系か1000系だったが、2007年より1000系にカラーバリエーションが加わり、今では次にやって来る列車が気になるようになった。この春には、さらに元東急8500系の7000系がラインナップに加わっ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

富士急 旧塗装になった1000系

富士急行が開業80周年にあたり、1000系に旧塗装が施され、4月18日から運行を始めた。 5000系ではなく、1000系をリバイバルカラーに塗り替えてしまうあたり、富士急行の当局は、鉄道ファンの心理を見事に読んでくれている。なぜなら、1000系は元京王5000系であり、旧塗装の経験がないからで、つまり、ウソ電が実現した格好…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

国鉄準急色 万歳!

ひたちなか海浜鉄道に行き、キハ2004の国鉄準急色を撮影してきた。かねてから、キハ2004の国鉄準急色を写したいと思っていたのだが、巡り合わせが悪く、今回初めて撮影が実現した。 キハ2004は非冷房車なので、土休日は運行される機会が特に少ないが、運行予定は、公式ブログで公開されるので、容易に把握出来る。何よりも、現地を訪れ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

あの素晴らしい湘南色がもう一度…

信濃毎日新聞の報道によれば、しなの鉄道の169系が湘南色になるという。 新前橋区や上沼垂区の165系が、湘南色に復元された上で引退してから、もう5年ほどになろうとしている。直流急行型電車と言えば、やはり湘南色である。 復元されるのは3連1本のようで、長編成の雄姿は期待出来ないが、公式HP上において、利用者からの湘…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

秩父鉄道1000系各色

火曜日は,祝日だったので,秩父鉄道へ行き,リバイバルカラーの1000系を撮影してきた. 4色あるうち,特にカナリアイエロー編成は,あまり満足な写真がないため,改めて写したいと思っていたが,偶然にもタイミング良く,カナリアイエロー編成に遭遇することが出来た. この他のリバイバルカラー編成も,何らかの形でキャッチする…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

国鉄秩父線101系

 - 読者投稿 -  国鉄秩父鉄道管理局管内,国鉄秩父線における車両不足を補うため,各地より101系が応援に掛けつけている.  日根野区からは青22号,豊田区からは朱色1号,津田沼区からは黄色5号の101系が,いずれも,編成バラの予備車を3連に組成した上で,秩父区まで自力回送さ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

485系 ボンネットひたち

写真は,E653系への置き換えが決まり,国鉄色に復元された勝田区の485系ボンネットひたち編成. 1998年に国鉄色になったが,14連運転を行っていた関係で,スカートに大きな欠取があって,ボンネット車の流れるようなイメージが,スポイルされているのは残念だ. JR東日本は,在来線特急列車の形式を,線区毎に統一しようとせず,…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

国鉄色に逢いたくて 475系交直流色

JR九州の475系が定期運用から離脱して間もなく1年が経つ. ミレミアム企画と題し,国鉄色になった475系が見たくて,2001年に九州に向った. 広い九州,当時の筆者は,インターネットを情報源にする習慣がまだなくて,行き当たりばったり,国鉄色の475系に逢えるかどうかは,運次第だったが,西鹿児島駅で逢うことが出来た. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父鉄道1000系 カナリアイエロー編成

秩父鉄道1000系リバイバルカラーの第三弾・カナリアイエロー編成を撮影して来た. 11月下旬にデビューしたカナリアイエロー編成だが,デビュー初日の急行運転以外は運用が固定されておらず,何となく撮影に行き辛い心理が働く. 今回は,長野への出張の途中,早起きして熊谷駅で待ち構えることにした. 構内留置線には2本の100…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地下鉄銀座線開業80周年 01系ラッピング編成

開業80周年を迎えた,日本初の地下鉄銀座線.記念として12月に,東京メトロではさまざまなイベントが用意されている. そのうちの一つ,80周年記念列車を撮影して来た.70周年のときと同様,1000形をイメージしたラッピングした装飾編成なのだが,今回は編成全体にラッピングが及んでいる. 渋谷のデパートの屋上から,記念装飾編成を撮…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

今度は青22号 秩父鉄道1000系

国鉄色企画第2弾,青22号の秩父鉄道1000系を撮影してきた. 101系と青22号の組み合わせは,あまり馴染みがないが,京浜東北線にも101系が在籍していた.朱色1号に引き続き,全体的に良い雰囲気である.細かいアクセサリーの違いなど,気にならない. 青22号編成は,あまりに澄ました顔をして納まっているので,まるで,羽衣支線の…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

もう一度金魚すくい 秩父鉄道1000系

秩父鉄道の1000系のうち,3連1本が朱色1号となった.その模様はこちらでも既にご紹介しているが,デーライトでもう一度写しておこうと,日中の羽生駅に行った. 昭和32年,中央快速線に国鉄が101系を投入した際,そのカラーリングから,当時の丸の内のOLに「金魚」と呼ばれたそうだ. その中央快速線から,201系が消えようとし…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

クモヤ143型湘南色Ⅱ

国府津区のクモヤ143型湘南色について,既に一度記事にしているが,前回は日没前の撮影だったので,改めて撮影しようと思い,今度は光線状態の良い朝に訪れた. ↑ヘッドマークは前後で違う2種類のデザイン 今回は,手前に在線がなかったので,ホーム反対側より見渡すことが出来た.側面を見る限り,クモニ143のような印象.実現してくれ…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

朱色1号になった秩父鉄道1000系

秩父鉄道の1000系が,朱色1号になって1か月になる.ずっと撮影したいと思っていたが,やっと写すことが出来た.本来であればデーライトで写したかったが,早起きが出来ず,夜のスジを狙うハメになった. 秩父鉄道1000系は,言うまでもないが元国鉄101系である.800系置き換えのために入線した.経年は高いが,置き換え計画は発表されて…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

クモヤ143型湘南色

国府津区配置のクモヤ143型が,東海道本線120周年記念として湘南色になった. 筆者は,1M電車,事業用電車に目がなく,8月の登場時から気になっていたが,先日,国府津にて職員輸送列車に充当される湘南色のクモヤ143型を撮影してきた. ただ,事業用ゆえ,運転時刻が分からず,駅のホームで蚊に刺されながら待つこと3時間,ようや…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

関東鉄道キハ100型朱色

関東鉄道のキハ100型が首都圏色となり,お披露目運転が行われたので撮影して来た. タラコ色,タラコ色って言うけれど,まばゆいばかりの朱色はとても美しく,スカートや冷房装置などの機器が追設されていることなど,全然気にならない. 塗られたばかりの濃い朱色は,なかなか深みのある色.今後,退色が進行すると,この深みがだんだん…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

丸くて赤いほっぺ 長野電鉄2000系りんごカラー

長野電鉄2000系のうちD編成が,りんごカラーになったので,撮影に行った.筆者は,こういうリバイバルカラーに弱い. ムーンライト信州と篠ノ井線を乗り継いで長野入りする.この日は,八王子付近で発煙筒による列車妨害事件があったが,そんなことおかまいなしで,車内でぐっすり寝て過ごす. 楽しみにしていたクセに,実は長野入りするま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小田急7000型旧塗装車のホームウェイ

LSE旧塗装車がホームウェイの運用に充当されたので,動画と併せて撮影して来た. 旧塗装とホームウェイの組み合わせは,今回の旧塗装復活ならではの出来事である. 曲面上にあるため開発に相当の苦労が伴ったとされる,小田急7000型の愛称表示器.休日のホームウェイは,平日ほど通勤帰宅列車然としておらず,旅の雰囲気を盛り上げる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

混色の3色

常磐線415系で見られた,新塗装+旧塗装+ステンレスの混色編成. ネガをスキャンしてきたら,出てきたコマ.
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

小田急7000型LSE 旧塗装に

小田急の公式サイトによれば,SE車生誕50周年記念として,7000型LSEのうち1本が,7月に旧塗装になるとのこと.オレンジにグレーのカラーは8年ぶりで,旧塗装のLSEが見られるのは,10年ぶりである. ただ,筆者にしてみれば,今回のリバイバルは僅か10年前まで見られた塗装ということもあり,どうも,今一つパンチに欠ける企画に思…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

私鉄 リバイバルカラーコレクション

2000年代に入り,リバイバルカラーブームとなり,各地で旧塗装が復活した.大抵は,引退する形式のイベントに絡めて行われるが,東武と西武は,車両の引退を伴わない,通常のイベントとして行われた. ―東武8000系― 東上線開業90周年を記念して,6連1本が登場時のカラーに復元された.方向幕横のスモールライトまで再現され,雰囲…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京成3290型旧塗装 開運号

京成3200型のうち,元開運号として活躍した3290番台の編成が,旧塗装になった.当該編成は,月末にリバイバル運転される開運号に充当されるのだが,先週から通常運用にも就いていると聞き,日曜日に撮影してきた.動画をhttp://milky.geocities.jp/tp3tp2ym/index.htmlにて,公開しておりますので,よろ…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more