テーマ:ロマンスカー

小田急70000型ロマンスカー・GSE

新型ロマンスカー・GSEに乗ってみた。 展望特急でありながら、20m・ボギー車である点が、これまでのロマンスカーと異なる。最大限の定員を確保しようとした結果だ。編成は、箱根湯本の有効長目一杯の7連。RSE車引退後、ロマンスカーでは久しぶりに見る7連で、案内表示の「7両編成」がなんだか新鮮だ。 連接車体の採用は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急ロマンスカー

本日、天気が良かったので、開成、富水で、小田急ロマンスカーを撮影した。 沿線住民にとって、見慣れた被写体だが、それでも、撮影が上手く決まると、充実感を味わうことができる。 LSEにはこの塗装の方が似合う。白から戻してもらって良かった。 LSEも残すところあと1年だ。冬の、柔らかい光線が、LSEを優しく包む。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LSEロマンスカー “NEW YEAR EXPRESS”

1年に一度、最寄り駅にロマンスカーが停車する。 大晦日~元旦恒例の“NEW YEAR EXPRESS”を撮影してきた。参宮橋に停車する“NEW YEAR EXPRESS・2号”には、7000型ロマンスカー・LSE車が充当されるのだから、これだけで充分絵になる。 いつか写そうと思いつつ、毎年後回しにしてきたが、新型…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急30000型EXE 20周年記念装飾

小田急30000型ロマンスカー・EXEがこの春20周年を迎え、記念装飾が施されている。デビュー当時を知っているだけに、20周年と聞くと、早いものだ…と感じてしまう。 EXEのデビューと合わせて、特急の分割併合運転や、“スーパーはこね”が新設された。町田には分併のため、分割併合装置の新設まで行われたあたり、意気込みを感じた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思う存分 LSE!

前回に引き続き、その後もLSEの“スーパーはこね”を撮影している。今回は、箱根登山線内で撮影してきた。 また、富士山バックの構図も狙ってみた。 それにしても、沿線に住んでいながら、これだけ集中的にLSEを撮影したことは、今までなかった。冬の柔らかい光線に美しく照らされた、ボディの赤が印象的だ。 HiSE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LSE “スーパーはこね”に充当される

VSEの代走で“スーパーはこね”に充当されるLSEを、仕事の前後に撮影した。 “スーパーはこね”は、新宿―小田原間ノンストップで、往年の“はこね”に相当する。運転本数が限られており、ステイタス列車だ。優先的にVSEで運用されている。だが、残念なことに、VSEには前面愛称表示がなされないため、撮影しても、それがステイタスシーンで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小田急7000型・LSEと次世代展望特急の予感

ロマンスカー・LSEを記録している。 HiSEが先に廃車となったことから、VSEとともに、数少ない展望室付きとして、かつてよりも存在感が増した。 カラーは以前の塗装に戻されたが、これによって、落ち着きを取り戻した印象。ステンレスボディの中で、赤が引き立って映る。 現在、小田急ロマンスカーは、展望車の運行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VSE 10th

小田急50000型・VSEロマンスカーが、就役10周年を迎えた。早いものだ。 現在、記念のヘッドシールが取り付けられているので、撮影して来た。 VSEは2編成しか在籍せず、増備が期待されたが、その後はMSEの新造に移行し、増備は実現していない。そのため、未だにプレミア感がある。 車体傾斜制御が採用され、スピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏 “メトロ湘南マリン”で江ノ島へ

“メトロ湘南マリン”が運転されたので、北千住から片瀬江ノ島まで乗車してきた。 千代田線から江ノ島への直通列車は、以前から夏季に運転されているが、MSE就役後は、臨時列車が特急として運転されるようになった。 このテの臨時は、ガラガラであることが多いが、乗車した1号車は、 50%程度の乗車率であった。中には、大和…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年も満開! 座間の桜とロマンスカー

相武台前―座間に行き、満開の桜をバックに小田急の列車を写してきた。 このアングルは、場所に限りがあるので、4時間前から場所を確保した。その甲斐あって、どうにか思い通りのカットが得られた。 昨年は天気に恵まれず、2年前は混雑して、いずれも思うように撮影出来ずにいた。この春、やっと数年越しの無念を晴らすことが出来た。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

The Last Stage

小田急ロマンスカー10000型・20000型の引退記念イベント。 人でごった返し、見学者抜きの構図が得られないのが予め想定出来たため、最初からあまり期待していなかった。そのため、カメラはコンデジのみと、予め割り切った、暇潰し気分での参加だった。海老名に出向いたのも、最終日の閉場1時間前と、まるでやる気なし。 見学ルート確…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いまさらですが… 御存知でしたか? 小田急20000型ロマンスカー・RSE車のひみつ

もう間もなく小田急で廃車になろうとしている、20000型ロマンスカー・RSE車だが、実はあまり知られていない季節による仕様の違いがある。 それは……車体下部にある冷房の通風口。 ↑↑↑ 2か所とも塞がれた状態(1999/03/04), ↑↑ 片側のみ(1999/05), ↑ 冬季にも関わらず2か所ともルーバー(201…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小田急ロマンスカー・HiSEの、1っちゃん前に乗りました!

小田急ロマンスカー・HiSEの前展望席に乗った。 な~んも予定のない日曜、昼前に起きて、さて、午後どのように過ごそうかと、ロマンスカー@CLUBを見てみると、“さがみ69号”の前展望が空いているではないか。しかも、1B席が。沿線での写真撮影は寒いし、ちょうど良いや…と、早速キープ。乗り鉄して過ごすことにした。この日の占いは、ラッキ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

【乗車ルポ】特急“あさぎり6号” 小田急ロマンスカーとして活躍するJR371系の最後の姿

あれこれ噂の絶えなかった御殿場線の特急“あさぎり”だが、昨秋の371系“あさぎり”運用撤退報道に続き、年末のプレスリリースで、各列車とも運転区間が御殿場までに短縮される旨が発表された。これを機会に、最後にもう一度、沼津から小田急新宿まで、371系で乗り通してみたくなった。 “あさぎり”は、春以降小田急ロマンスカー・MSEに変更され…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

残り1本になってしまった小田急10000型ロマンスカー・HiSE

小田急10000型HiSEのうち、10041×11が廃車になったそうだ。小田急ファンのクセに、しかも沿線利用者ながら、最近は専ら房総ローカルの113系ばかりに気が行っていたので、筆者は今回の10041×11の廃車を、事前にキャッチしておらず、なので、廃車されたと聞いて、とても驚いた。 これによって、小田急上に残るHiSEは、1…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Monotone VSE

透き通るほどの白いボディに、青白い閃光。輝くレールの向こうから、HIDの鋭いスペクトルを放ちながら静かに近付いてくると、一瞬にして取り憑かれてしまう。 ……小田急ロマンスカー・VSEが好きだ。 デビューから6年が経つというのに、VSEには、いまなお輝き続けていて、見る者を魅了する。 観光ユースを意識したロマンスカー…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

いまなお独特の存在感 371系・特急“あさぎり”

久しぶりに、371系を写してみたくなり、南新宿で撮影した。371系は、この春に検査入場し、その間RSEが代走していたが、そこに来て、今度は例の地震で列車そのものが運休となり、約2か月ほど、小田急線にその姿を見せずにいた。 早いもので、特急“あさぎり”は、この春20周年を迎えた。20年も経つのに、今でも、371系は小田急線のムー…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

少田急雷鉄からのお知らせ 口マソス力ーの展望室を上下逆にします

少田急雷鉄では、4月1日、看板列車である特急“口マソス力ー”の展望室を、上下逆にすると発表した。 すなわち、従来運転台があった2階部分を新たに旅客にスペースとし、1階の現行展望室を運転席にするというもの。 2階展望席は定員2名で、1列車だと前後で計4名。展望席を確保するのは困難を極めそうだが、パノラマが利くプライベー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

引退から10年 小田急3100型NSEについて今一度語る

小田急ロマンスカー3100型・NSEの引退から、7月で10年を迎える。そこで今回は、NSEの思い出を書いてみたい。なお、3161×11“ゆめ70”は、団体用として2000年4月まで残存し、運用されたので、厳密な意味では10年を経過していないが、NSEが定期運用から離脱したのが1999年7月のことであるため、それを節目にすることとした…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

30000型・EXE10両で運転 ロマンスカー“えのしま29号”

前回の利用からだいぶ間が開いてしまったので、近いうちにまた乗りたいと思っていた小田急ロマンスカー30000型・EXEに乗車してきた。新宿発15:20発の“えのしま29号”である。 EXEと言えば20mのボギー式の10両編成で、4+6両に分併出来るのが特徴であるが、“えのしま29号”は片瀬江ノ島まで10両のまま運行される。ゴール…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

小田急60000型ロマンスカーMSE・ベイリゾート90号

特急ロマンスカー・ベイリゾート90号(0890レ)に乗車して来た。小田急小田原線本厚木発・東京メトロ有楽町線新木場着の地下鉄直通ロマンスカーで、今年3月のダイヤ改正で新規設定された列車である。 “ベイリゾート”は、基本的に毎月第4土・日曜日の設定だが、8月は第3土・日曜日にも運転された。列車番号は0800番台が新規に割り…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

青いロマンスカー この夏は江の島へ

片瀬江ノ島発・唐木田行きの“湘南マリン52号”に乗車して来た。この夏運転されている小田急の臨時特急列車である。ダイヤは江ノ島16:33発―唐木田17:43着で、8月22日までの平日に運行される。 運転経路は、江ノ島線~小田原線~多摩線であり、配線の都合で、途中の藤沢と新百合ヶ丘にてスイッチバックを行う。西武鉄道のおくちちぶ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

さがみ65号に充当された小田急60000型MSEロマンスカー

先週に引き続き,今週も小田急60000型MSEロマンスカーが,さがみ76号とさがみ65号に充当された. 通常運用では存在しない,新宿口での営業運転が見どころなのだが,幌貫通の先頭車を,日中,小田急線内で撮影出来るチャンスは意外に少ないため,今回は後追いで狙ってみた. なお,現在,VSEが入場中のため,平日を中心に,M…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宿口で初営業 小田急ロマンスカーMSE

土曜・日曜の2日間,小田急60000型MSEロマンスカーが,さがみ76号とさがみ65号に充当され,普段は千代田線に乗り入れるため,新宿には顔を出さないMSEが,新宿口で初めて営業に供された. これは,開成町のあじさいまつり開催による,開成駅臨時停車のための措置で,同駅の有効長の関係から,6Rを充当する必要があり,例年はEX…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

乗車ルポ 371系・特急“あさぎり”6号

最近,ネット上でいろいろな噂が飛び交うようになり,今後が気になる,371系“あさぎり”に乗って来た. 今回乗車したのは,本厚木から新宿までの45.4kmで,小田急線内のみの乗車であったが、ご存知のように,“あさぎり”は,昭和30年から運行されている伝統列車で,御殿場線に直通している. 当初は国鉄規格に準じたキハ5…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

小田急ロマンスカーMSE・メトロホームウェイ71号

小田急60000型・MSEロマンスカーで運行される,メトロホームウェイ号に乗車して来た. メトロホームウェイ71号は千代田線北千住発・多摩線唐木田行きである.多摩急行と同じルートを走行するが,綾瀬―北千住間は営業されない. 千代田線内特急停車駅は,ホームに特急券券売機が設置された.券売機や特急券の様式は,小田急に準拠している…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小田急60000型・MSEロマンスカーの動画更新

デビュー2日目の小田急60000型・MSEロマンスカー. 昨日に引き続き,本日も撮影してきた. 動画を更新しましたので,こちらをご覧下さい. 撮影していて気付いたが,MSEはVSEのような床下カバーがないため,通過音が多少大きい.地下鉄内での故障時の取り扱いを配慮して,カバー無しになったのだろう.
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新ブランドマークを付けた小田急ロマンスカー

小田急グループではブランドマークが制定され,車両や施設等でCIを展開しようとしている. 掲載した写真では分かりづらいかと思うが,HiSEの赤帯部分に見える白いロゴが,それである. RSEも,クリックして拡大してご覧になれば,ハイデッカーのドア右部分に,やはり新しいロゴが貼られているのが,お分かり頂けると思う.
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

小田急60000型ロマンスカーMSEデビュー

本日,いよいよ,東京メトロ千代田線乗り入れ用ロマンスカー・MSEがデビューした. 最初に報道発表を聞いたときは驚いたが,昨年の10月に甲種回送されてきて,営業開始までに半年を要しており,その間に筆者は少しテンションが低下してしまった. しばらくして落ち着いたら,乗車してみようと思っている. ともあれ,こちらにて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

四十八瀬川の流れに沿って 小田急ロマンスカーの撮影

小田急小田原線・渋沢―新松田間にて撮影をして来た. この区間は小田急で駅間距離がいちばん長く,また,自然が多く残る区間である.そのため,アングルの自由度が高い. 小田急の公式印刷物等でも,よくこの区間で撮影された列車の写真が採用されている. 筆者も,この区間はお気に入りで,ポピュラーな開成―栢山間よりも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more