テーマ:博物館

リニア・鉄道館

リニア・鉄道館に行ってきた。 当初、見学時間は3時間程度を予定していた。余った時間は、近鉄の撮影に充てようか…だなんて考えていたが、リニア・鉄道館は展示物が充実していて、結局、♪蛍の光に促され、後ろ髪を引かれながら、後にしたほど、虜にさせられてしまった。その蛍の光は、これまた♪ひかりチャイムがアレンジされている。CD欲し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京王れーるランドの保存車

2013年秋に、京王れーるランドがリニューアルオープンした。 展示車両のラインナップが増えたので、今回改めて見学して来た。 平日ということもあり、館内は空いており、展示車両の撮影もストレスなく撮影出来た。傍にいた係の方が、これまたサービス良く、撮影の邪魔になるポールを移動してくれた。 展示車両のうち、井…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交通科学博物館

この夏、交通科学博物館を見学した。交通科学博物館は、ご存知のとおり、2014年春で閉館するということで、その前に、改めて見ておきたかった。 交通科学博物館を訪れるのは、およそ10年ぶり。ラインナップは当時と変わらず。 施設が老朽化していて、うらぶれた感じがするのは事実だが、このムードは決して嫌いではない。神田にあ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

高架下に眠る札幌市交通資料館の保存車たち

札幌市交通資料館を見学してきた。ずっと見に行きたいと思っていたが、いつも、札幌では慌ただしく、ついつい後回しにしてきた。 ところで、札幌市交通資料館の保存車の様子をネットで検索すると、そこに並んでいる保存車は、デザインに丸味を帯びていることと、カラーリングの影響もあって、薄気味悪く見える。 そのため、何となく気が…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

今日も列車内で殺人事件! 西村京太郎記念館

東海道本線は湯河原にある、西村京太郎記念館を見学して来た。 自分は、中学生の頃、西村京太郎先生の大ファンで、毎週のように文庫本を買っていた。先生の小説がずらりと並んだ自分の本棚を見て、家族や知人に呆れられた。単行本が文庫本になるのが待ち遠しかったのを思い出す。 知らず知らずに西村先生の作品の影響を受けていて、自分の書いた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

究極の鉄道模型展 in 東京タワー

東京タワーで開催されている“究極の鉄道模型展in東京タワー”を見学して来た。この夏に横浜に開館する原鉄道模型博物館のオープニングのプレイベントのような位置づけで、個人のコレクションが多数展示されている。 コレクションは個人の指向なので、日本の車両は、蒸気機関車と関西私鉄が多い。現代の車両よりも、戦前の車両がチョイスされてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

船の科学館 青函連絡船“羊蹄丸”保存終了

船の科学館が、9月末で公開を休止する。館内設備の老朽化が理由だそうだが、これに伴い、青函連絡船“羊蹄丸”は保存が終了となる。船内に展示されているDE10型や旧型客車と共に、今後の処遇が気になるところ。 特に、昭和30年代の青森駅前の様子を再現した地下の展示はとても実感的で、その展示を終えてしまうのは、惜しい。 青…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

江戸東京博物館 東京の交通100年博

江戸東京博物館で開催中の「東京の交通 100年博」を見学してきた。 江戸東京博物館を訪れるのは、「大鉄道博覧会」のとき以来だから、4年ぶり。この機会に、常設展も併せて見学しようと、窓口で企画展と常設展の共通券を求めた。 今回の企画は、東京都交通局が、今年の8月に創業100周年を迎えるのを記念したもの。江戸東京博物館の企画…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

地下鉄博物館の千代田線6000系シミュレータ

昨年,地下鉄博物館の6000系シミュレータが更新された.かねてから,どのようにリニューアルされたのか,興味があったので,行ってみることにした. 今までの画像はA線だったが,更新後はB線となった.すれ違う列車に小田急新4000系が加わるなど,ようやく実態に近づいた.特急停車駅には6Rの停目が加わるため,10Rオンリーだったころに…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

小樽市総合博物館 北海道を駆け抜けた車両たち

小樽市総合博物館を見学した。鉄道好きの皆さんには、小樽市総合博物館というより、小樽交通記念館と言った方がピンと来るかもしれない。2007年より、小樽市総合博物館と称するようになった。 渡道する度に、小樽市総合博物館を訪れたく思っていたが、行程に上手い具合に組み入れることが出来ず、今回が初めての見学となった。昨年秋の北海道旅…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

九州鉄道記念館 九州で活躍した車両たち

門司港駅に隣接する、九州鉄道記念館を見学して来た。 ED72型機関車や、キハ07型気動車などの保存車が、1列に並べられて保存されている。 特に、クハネ581型やクハ481型には、サウンドの仕掛けがあって、コンプレッサーの音や、ホームアナウンスが聞こえてくる。このサウンドは効果抜群で、鹿児島本線の営業線と隣接しているこ…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

東武博物館

先日、東武博物館を見学してきた。以前にも訪問したことがあったが、記憶が薄れてきたのと、当時は5700型の前頭部がまだ保存されていなかったので、見に行きたいと思っていた。 東武伊勢崎線の高架下にあるため、館内は長細い。館外に1720型DRCの前頭部と、日光軌道線200型が保存されているが、DRCは、岩槻市の岩槻公園に保存さ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鉄道博物館の魅惑

間もなく開館1周年を迎える鉄道博物館に行って来た。 自分にとって興味のある展示車両はこれと言ってないため、今までどうも足が向かず、後回しにしていた。そのため、入館前まで、「サラりと見学して終わらせよう」と思っていたのだが、いざヒストリーゾーンに足を踏み入れると、いやいや、これがなかなか良いではありませんか。 ↑ 眩い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大鉄道博覧会in江戸東京博物館

江戸東京博物館で開催されている大鉄道博覧会展を見学して来た. 開催されて初めての日曜日なので込んでいるかと思ったが,台風接近中ということもあってそれほどでもなかった. 大鉄道博覧会展の最大の目玉は,マイテ49型の展望室のレプリカである.テールサインが印象的で美しい.簡単な造りだが,雰囲気があってなかなか良かった.…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

たまにはリッチにオリエント急行

箱根ラリック美術館に行き、ルネ・ラリックが車内の装飾品を手がけたとされるオリエント急行のプルマンカー「コートダジュール」を見学してきた。 見学には申し込みが必要で、コーヒーとケーキが付く。 オール1等車、上流階級の人しか乗車することが出来ないとされたオリエント急行の雰囲気を、45分間、コーヒーとケーキを味わいながら楽…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

横軽廃止10年…横川鉄道文化むら

横川鉄道文化むらに行ってきた.何回か行ったことがあるのだが,青春18キップの消化にちょうど良い.早いもので,今秋で横軽廃止から10年になる. 横川駅が自動改札化されていた.同時にみどりの窓口が,「かえるくん」化されており,以前は駅で文化むらの入場券を買うと1割引だったのに,割引の恩恵を受けられなくなってしまった.横川駅を発着す…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「RAIL‐ON」クラブ終了へ

最近,勢いを感じなくなってきたと思っていたが,JR東日本の「RAIL‐ON」クラブが,来年1月で終了となるとの通知が届いた. 筆者は,イベントやツアーが魅力的で,「RAIL‐ON」クラブの会員になった.開館時間終了後の「夜の交通博物館」や,東大宮研修センターでのシミュレータ体験に参加した. 特に,東大宮研修センターでは,訓練…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

名古屋市交通局 レトロ電車館

名古屋市電の車両が保存されているレトロ電車館に行ってきた。 昭和15年の紀元2600年を記念して製作された名古屋市電の2600型という車両に以前から興味があったが、2600型と姿形がよく似た3000型が保存されているので、見学したかった(2600型の竣工は実際には昭和15年以降だったそうだ)。 館内でまず目当ての30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜の交通博物館

レイルオンクラブの定番イベントであった「夜の交通博物館」。交通博物館の最後が近付いてきたので、参加申し込みをしたら当選したので、行ってきた。 一般の利用客がいないので、館内にいつもにはない静けさを感じる。シミュレータの順番もすぐに回ってきた。 そして、模型パノラマの運転会が行われた。通常行われているものと同じメニューだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宿歴史博物館の小田急ロマンスカー NSE

あまり知られていないが,新宿歴史博物館に小田急ロマンスカー3100型NSEのシートや運転台などの一部部品が保存されている. NSEは筆者にとってとても思い出深い車両である.小田急沿線に住んでいる筆者にとって,ロマンスカーは非日常が気軽に味わえる,そんな存在なのだが,NSEは,小田急特急車で最多両数を誇ったので,当然,遭遇する機会が…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

船の科学館

今日は船の科学館に行ってきた. 船の科学館には何度か行ったことがあるが,金券ショップでチケットが安く売られているのを見て,また行きたくなって,ついつい手が出てしまった. 新宿の「てんや」で大好きな海老あなご丼を食べてから,大江戸線で大門へ. そこから都営バス虹01系統で,お台場入りするのがいつものコースで,…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more