テーマ:小田急

小田急3000型SE車、3100型NSE車、2400系(旧塗装)

模型はやらない…と堅く誓いつつも、マイクロエース・小田急2600系の魅力に負けて約20年ぶりにまたNゲージを購入したのが1年前。 小田急直営ショップ・TrainsがNゲージのアウトレット販売を始め、今度はその手頃な価格の誘惑に負けてしまった。 小田急2400系(旧塗装)・1編成4連 小田急4000系・1編成6連 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイクロエース 小田急2600系(改良品)

筆者が、いちばん大好きな車両である小田急2600系。 子供のころ、下北沢の近くに住んでいて、GM・下北沢店のショーウインドウに飾られていた、模型店組み立ての特製品が、途轍もなく欲しくて、欲しくて、のたうち回りそうなくらいだった。 ハンドメイドなので、こちらの資金と、お店の在庫のタイミングが合わず、なかなか手に入れることが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急70000型ロマンスカー・GSE

新型ロマンスカー・GSEに乗ってみた。 展望特急でありながら、20m・ボギー車である点が、これまでのロマンスカーと異なる。最大限の定員を確保しようとした結果だ。編成は、箱根湯本の有効長目一杯の7連。RSE車引退後、ロマンスカーでは久しぶりに見る7連で、案内表示の「7両編成」がなんだか新鮮だ。 連接車体の採用は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急ロマンスカー

本日、天気が良かったので、開成、富水で、小田急ロマンスカーを撮影した。 沿線住民にとって、見慣れた被写体だが、それでも、撮影が上手く決まると、充実感を味わうことができる。 LSEにはこの塗装の方が似合う。白から戻してもらって良かった。 LSEも残すところあと1年だ。冬の、柔らかい光線が、LSEを優しく包む。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LSEロマンスカー “NEW YEAR EXPRESS”

1年に一度、最寄り駅にロマンスカーが停車する。 大晦日~元旦恒例の“NEW YEAR EXPRESS”を撮影してきた。参宮橋に停車する“NEW YEAR EXPRESS・2号”には、7000型ロマンスカー・LSE車が充当されるのだから、これだけで充分絵になる。 いつか写そうと思いつつ、毎年後回しにしてきたが、新型…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京メトロ6000系 小田急小田原線新宿口入線 2016/06/21

本日、東京メトロ6000系6017×10が、小田急新宿口に入線しているのを目撃した。 6000系が初めて新宿に入線したのを見たのは、まだ営団時代だった。当時はすごい光景に映った(2002-10-5 南新宿駅)。 しかし、今では常磐緩行線のE233系2000番台が小田急に乗り入れてくる時代になり、メトロ6000系の新宿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急30000型EXE 20周年記念装飾

小田急30000型ロマンスカー・EXEがこの春20周年を迎え、記念装飾が施されている。デビュー当時を知っているだけに、20周年と聞くと、早いものだ…と感じてしまう。 EXEのデビューと合わせて、特急の分割併合運転や、“スーパーはこね”が新設された。町田には分併のため、分割併合装置の新設まで行われたあたり、意気込みを感じた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思う存分 LSE!

前回に引き続き、その後もLSEの“スーパーはこね”を撮影している。今回は、箱根登山線内で撮影してきた。 また、富士山バックの構図も狙ってみた。 それにしても、沿線に住んでいながら、これだけ集中的にLSEを撮影したことは、今までなかった。冬の柔らかい光線に美しく照らされた、ボディの赤が印象的だ。 HiSE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LSE “スーパーはこね”に充当される

VSEの代走で“スーパーはこね”に充当されるLSEを、仕事の前後に撮影した。 “スーパーはこね”は、新宿―小田原間ノンストップで、往年の“はこね”に相当する。運転本数が限られており、ステイタス列車だ。優先的にVSEで運用されている。だが、残念なことに、VSEには前面愛称表示がなされないため、撮影しても、それがステイタスシーンで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

お正月に写した私鉄特急

小田急ロマンスカー・VSEに、干支のヘッドシールが掲出されたので、撮影してきた。 言われないと気付かないほどだが、お正月らしいアクセントである。 LSEは、初春の柔らかな陽射しに、赤が眩しいばかりに映え、とても美しかった。 京成AE100型の臨時“シティーライナー81号”も撮影しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急 新宿発・代々木上原行き各停列車

11月29日、新宿発・代々木上原行きの各停が運転された。 2000系による代々木上原の行先表示は、定期では見られない。 これは、人身事故の影響により、休6403レの行先が、相模大野から代々木上原に変更になったためである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本 E233系2000番台 小田急多摩線内試運転

幼い頃、取手駅で小田急9000系を見た記憶がある。その記憶は、鮮明に残っている。 しかし、後年調べてみると、9000系が常磐緩行線に乗り入れた記録はないばかりか、保安設備の装備がないため入線不可だったと知る。結局、記憶違いという結論に達したのだが、幼い頃の記憶というのは、とても印象的なのに、事実と異なることが多いのだから、不思…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

小田急7000型・LSEと次世代展望特急の予感

ロマンスカー・LSEを記録している。 HiSEが先に廃車となったことから、VSEとともに、数少ない展望室付きとして、かつてよりも存在感が増した。 カラーは以前の塗装に戻されたが、これによって、落ち着きを取り戻した印象。ステンレスボディの中で、赤が引き立って映る。 現在、小田急ロマンスカーは、展望車の運行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急1000系 1063×4 リニューアル出場ほか

本日は、小田原周辺で撮影を楽しんで来た。近場だが、なかなか楽しめた。 まず、“ドクターイエロー”を撮影。 EOS7DmarkⅡなら、相手が新幹線でも、連写するだけでストレスなく撮影出来る。ピントもAI SERVOでピントも追従した。 次に、185系“踊り子”。 普段見ている限り、185系は、ほとんどが斜め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VSE 10th

小田急50000型・VSEロマンスカーが、就役10周年を迎えた。早いものだ。 現在、記念のヘッドシールが取り付けられているので、撮影して来た。 VSEは2編成しか在籍せず、増備が期待されたが、その後はMSEの新造に移行し、増備は実現していない。そのため、未だにプレミア感がある。 車体傾斜制御が採用され、スピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

185系とLSE 同世代同士

本日は休みだが、撮影は近場で済ませることにして、小田急と185系“踊り子”を撮影してきた。 撮影は久しぶりだったが、撮影はどれも不思議なくらい快調に進んだ。 小田急7000型とJR185系は同世代。デビュー当時は、共に輝いていたが、経年30年を超え先が見えてきた。 以下は、本日写した各列車。 東京メト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TECHNO-INSPECTOR 小田急クヤ31形検測車Ⅳ

小田急のクヤ31形を撮影してきた。 いちばん最後に写したのがいつだったか、思い出せないほど、クヤとはご無沙汰して おり、久しぶりに撮影してみたくなった。 編成スタイルは、いつもの1000系に併結されての運転。クヤと1000系は制動方式が異なるため、クヤには読み替え装置を装備している。今年度の事業計画で1000系の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏 “メトロ湘南マリン”で江ノ島へ

“メトロ湘南マリン”が運転されたので、北千住から片瀬江ノ島まで乗車してきた。 千代田線から江ノ島への直通列車は、以前から夏季に運転されているが、MSE就役後は、臨時列車が特急として運転されるようになった。 このテの臨時は、ガラガラであることが多いが、乗車した1号車は、 50%程度の乗車率であった。中には、大和…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小田急 区間準急4907列車

7月26日の区間準急休4907レは、なかなかレアだった。 ① 区間準急は8番ホーム(4号線)発が基本なのに、休4907レは、ご覧のとおり、9番ホーム(5号線)から発車。 ②  区間準急は8連がほとんどだが、休4907レは6連。 ③ 充当車両が、8255×6だった。この編成は、8251×6と共に、車体更新後も直…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏の箱根

箱根に行き、登山電車とロマンスカーを撮影してきた。 夏の箱根は、陽射しこそ強いが、自然が多く視覚的に涼しい。歩き回るのに、暑さがそれほど苦痛ではなかった。 登山電車は、夏の光線が撮影向きではなく、トラスの中にいる電車は影だらけになっ てしまった。 夏休み期間中なのに、2両編成が2本運用されていたのは意外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も満開! 座間の桜とロマンスカー

相武台前―座間に行き、満開の桜をバックに小田急の列車を写してきた。 このアングルは、場所に限りがあるので、4時間前から場所を確保した。その甲斐あって、どうにか思い通りのカットが得られた。 昨年は天気に恵まれず、2年前は混雑して、いずれも思うように撮影出来ずにいた。この春、やっと数年越しの無念を晴らすことが出来た。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小田急500型 向ヶ丘遊園モノレール

ハードディスクをあれこれ穿っていたら、小田急500型の写真が出てきた。そういえば、小田急向ヶ丘遊園モノレールが廃止されて、早いもので、10年以上が経つ。 500型には数えるほどしか乗車したことがなく、廃止の数年前に、ふと思い出して乗ったのが最後である。 経堂(喜多見)の仕業に組み込まれていた。踏切はないし、人身事故の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

小田急 F-Train Ⅱ

昨年、ちょっと用事が出来たので22世紀に帰ってしまった“ドラえもん”が、この夏、小田急線上に戻ってきてくれた! そんな F-Train Ⅱ 。 デビューしてひと月ほどが経つというのに、まだ写したことがなかったが、9月17日はE64運用に入った。日中は足柄電留線に留置される運用で、「撮ってくれ!」といわんばかりの場所に止ま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

The Last Stage

小田急ロマンスカー10000型・20000型の引退記念イベント。 人でごった返し、見学者抜きの構図が得られないのが予め想定出来たため、最初からあまり期待していなかった。そのため、カメラはコンデジのみと、予め割り切った、暇潰し気分での参加だった。海老名に出向いたのも、最終日の閉場1時間前と、まるでやる気なし。 見学ルート確…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いまさらですが… 御存知でしたか? 小田急20000型ロマンスカー・RSE車のひみつ

もう間もなく小田急で廃車になろうとしている、20000型ロマンスカー・RSE車だが、実はあまり知られていない季節による仕様の違いがある。 それは……車体下部にある冷房の通風口。 ↑↑↑ 2か所とも塞がれた状態(1999/03/04), ↑↑ 片側のみ(1999/05), ↑ 冬季にも関わらず2か所ともルーバー(201…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小田急ロマンスカー・HiSEの、1っちゃん前に乗りました!

小田急ロマンスカー・HiSEの前展望席に乗った。 な~んも予定のない日曜、昼前に起きて、さて、午後どのように過ごそうかと、ロマンスカー@CLUBを見てみると、“さがみ69号”の前展望が空いているではないか。しかも、1B席が。沿線での写真撮影は寒いし、ちょうど良いや…と、早速キープ。乗り鉄して過ごすことにした。この日の占いは、ラッキ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

さよならゾロ目! 小田急5200形 5255×4 営業終了

本日,新宿駅で偶然に5255×4が入線してきた. 本日で営業終了だったのね.さほど気にもしていなかったので,本当に偶然だが,最後の姿をキャッチすることができた. これで,ゾロ目・クハ5555は見納めとなり,小田急ではデハ1111が唯一となる.4連化後の5255×4は新宿方に組成され,しかも,時期を同じくして分割併合…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京メトロ06系 小田急小田原線新宿口入線 2011/09/01

本日、(台風接近)大雨による速度規制に伴い、小田急は東京メトロ千代田線との直通運転を中止した。そして、行き場を失った上り多摩急行は、そのまま新宿行きとして運転された。 ここまでは、ダイヤ混乱の際によく見られる事柄だが、今朝は、その列車に、1本のみしか在籍しない06系が充当された。レアなシーンに、さらにレアが加わった格好であ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

東京メトロ16000系 小田急小田原線新宿口入線 2011/8/19

本日、保線車両トラブルの影響に伴うダイヤ混乱により、通常は新宿への定期運用をもたない、東京メトロ16000系・16004Fが新宿口に乗り入れた。 画像は、参宮橋を通過する下り回送列車(2011/8/19 7:54)。列車はフルスピードで駆け抜けて行き、咄嗟の出来事だったので、これが精一杯だった。後に冷静になって見たら、貴重な新宿口…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more