テーマ:鉄道

E001系 “トランスイート四季島”10両 中央東線試運転

中央東線で、“トランスイート四季島”10両編成の試運転が行われたので、撮影してきた。 話題の車両だが、平日なので、撮影場所の確保は比較的容易で、落ち着いて撮影できた。 E001系をよく観察してみると、E26系と285系を合わせたようなスタイルをしている。 ゴールドのボディカラーは周囲に溶け込みやすく、特に曇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近江鉄道820型 赤電塗装

ご覧ください。まるで、西武の旧性能車と新性能車の並びを見ているかのごときシーンでしょう? かつて、西武の支線で見られた光景が、いま、近江鉄道で再現されています。時刻表と運用表を照らし合わせて、この夏の撮影行のいちばん最後にモノにしたカット 開業100周年を記念して赤電塗装に変更された、近江鉄道820型を撮影し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迫力十分! 関東鉄道の臨時列車

花火大会開催に伴う、関東鉄道常総線の臨時列車を撮影してきた。 つくばエクスプレス開業による編成短縮で、今では定期で4連列車を見ることができなくなってしまったので、長編成を写すことができるのは、夏のこのタイミングぐらいである。 特に、日中はほとんど運用されない0型・310型まで総動員され、旧型車による4連が運転され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小湊鉄道を写しつつ、筑波鉄道を偲ぶ

いつも乗るだけで、沿線での撮影をしたことがなかった小湊鉄道を撮影しようと、千葉に向かった。 キハ200型だけでも、充分に被写体になる。効率を考えると、五井口の方が運転本数が多いが、“里山トロッコ”がラインナップに加わったことを思い出し、養老渓谷まで行くことにした。 駅周辺にはコンビニはおろか、自動販売機すらないが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本の415系1500番台

この春、JR東日本の415系1500番台が定期運用を終了した。415系の中ではいちばん新しいロットなので、経年を感じさせないが、デビューから30年弱が経つ。引退もおかしくない。 ところで、415系1500番台ほど、オリジナル番台とここまで姿かたちが大きく異なる形式も珍しい。他に思い付く例と言えば、103系初期と1500番台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京メトロ6000系 小田急小田原線新宿口入線 2016/06/21

本日、東京メトロ6000系6017×10が、小田急新宿口に入線しているのを目撃した。 6000系が初めて新宿に入線したのを見たのは、まだ営団時代だった。当時はすごい光景に映った(2002-10-5 南新宿駅)。 しかし、今では常磐緩行線のE233系2000番台が小田急に乗り入れてくる時代になり、メトロ6000系の新宿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急30000型EXE 20周年記念装飾

小田急30000型ロマンスカー・EXEがこの春20周年を迎え、記念装飾が施されている。デビュー当時を知っているだけに、20周年と聞くと、早いものだ…と感じてしまう。 EXEのデビューと合わせて、特急の分割併合運転や、“スーパーはこね”が新設された。町田には分併のため、分割併合装置の新設まで行われたあたり、意気込みを感じた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しき、カシオペア

“カシオペア”を撮影した。 “北斗星”を狙っていた頃は、二番煎じのように思っていたが、いざなくなると思うと、撮っておきたくなる。 特に、青ガマなきあと、銀ガマとの清一編成が確実に狙えるようになったのも、積極的になる理由の一つだった。 結局、“北斗星”の頃よりも熱心に、前泊してまで撮りに行った。それも2回も。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さようなら 急行“はまなす” 最後に会えてよかった

この春のダイヤ改正で、ED79型牽引の定期旅客列車が廃止となる。 ED79型と言えば、青函トンネルを象徴する機関車だが、今まで満足に撮影したことがなかった。最後にどうしても“はまなす”を記録しておきたいと思い、会社帰りに新幹線で青森まで向かった次第。 結果、期待したほど朝陽が当たらなかったが、最後にどうにか、赤い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

思う存分 LSE!

前回に引き続き、その後もLSEの“スーパーはこね”を撮影している。今回は、箱根登山線内で撮影してきた。 また、富士山バックの構図も狙ってみた。 それにしても、沿線に住んでいながら、これだけ集中的にLSEを撮影したことは、今までなかった。冬の柔らかい光線に美しく照らされた、ボディの赤が印象的だ。 HiSE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LSE “スーパーはこね”に充当される

VSEの代走で“スーパーはこね”に充当されるLSEを、仕事の前後に撮影した。 “スーパーはこね”は、新宿―小田原間ノンストップで、往年の“はこね”に相当する。運転本数が限られており、ステイタス列車だ。優先的にVSEで運用されている。だが、残念なことに、VSEには前面愛称表示がなされないため、撮影しても、それがステイタスシーンで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ごきげん富士山! ドクターイエロー

富士山をバックに、923型“ドクターイエロー”を撮影してきた。 現地に3度足を運んで、やっと満足できる構図が得られた。冬は晴天率が高いが、雲の動きに左右されやすい。“ドクターイエロー”の運転日に、必ずしも雲ひとつない晴天に恵まれるとは限らず、気軽に考えていたが、甘かった。 リスク回避のため、EOS7DmarkⅡと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お正月に写した私鉄特急

小田急ロマンスカー・VSEに、干支のヘッドシールが掲出されたので、撮影してきた。 言われないと気付かないほどだが、お正月らしいアクセントである。 LSEは、初春の柔らかな陽射しに、赤が眩しいばかりに映え、とても美しかった。 京成AE100型の臨時“シティーライナー81号”も撮影しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

E231系小山車・U113編成 窓ガラス破損

本日の宇都宮線3528E は、14号車のサハE231-3067の海側客用窓ガラスが破損した状態で運転されていた。 原因は不明だが、川崎で車内点検を実施して、7分遅れで運転された。 写真はさいたま新都心にて。撮影中も車内で、検修さんが作業していた。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

京成AE100型 定期運用終了に想う

京成電鉄AE100型が11月で定期運用から撤退した。 5年前まで、40分毎に運転されていたにも関わらず、残した画像は少ない。 なので、定期運用撤退と聞くと、どうしても今のうちに記録したいという心理が働く。週末、1往復しか走らないので、効率が悪いが、11月に入って、何度か京成沿線に足を運んだ。 アクセス線開業後、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急 新宿発・代々木上原行き各停列車

11月29日、新宿発・代々木上原行きの各停が運転された。 2000系による代々木上原の行先表示は、定期では見られない。 これは、人身事故の影響により、休6403レの行先が、相模大野から代々木上原に変更になったためである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南武線205系に粋な演出

南武線205系に、粋なヘッドマークが装着されているので、撮影してきた。 ヘッドマークというより、前サボといった方が相応しいかも知れない。 これが、列車の行き先ではなく、「車両」のこれからの行き先を表示している。 しかも、旧国時代のデザインで。 センスとユーモアに満ち溢れた、傑作だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御岳登山鉄道

ケーブルカーの記事が続くが、この夏、久しぶりに御岳登山鉄道を訪れた。ケーブルカーが更新されたので、見学したくなった。2008年に車体が更新され、2014年には、塗装が変更されている。 御岳山山頂へは、JR御嶽駅~バス~ケーブルカー~リフト~徒歩というコースが確保されているが、ケーブルカー山頂から更にリフトが用意されているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山観光電鉄の新しいケーブルカー

大山観光電鉄のケーブルカーが、新車体に更新されたので、訪問した。前回訪れたのが8年前だが、いつの間にか、駅名が変更されていたことを知る。 のっけからいきなり余談だが、伊勢原から大山ケーブルまでの路線バスに、大山駅という停留所がある。「駅」と付くのでここが大山ケーブルの乗り場かと勘違いしそうだが、大山ケーブルの起点駅ではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本 E233系2000番台 小田急多摩線内試運転

幼い頃、取手駅で小田急9000系を見た記憶がある。その記憶は、鮮明に残っている。 しかし、後年調べてみると、9000系が常磐緩行線に乗り入れた記録はないばかりか、保安設備の装備がないため入線不可だったと知る。結局、記憶違いという結論に達したのだが、幼い頃の記憶というのは、とても印象的なのに、事実と異なることが多いのだから、不思…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

185系“踊り子”

185系“踊り子”を撮影した。東大宮までの回送列車を見ているうちに、久しぶりに撮影してみたくなった。 185系は、「斜めストライプ」への原色回帰が進んでいる。 この、「斜めストライプ」がいいの。 185系はデビュー当初、憧れた車両。 幼少期の自分にとって、185系は新感覚の車両に映った。伊豆長岡からの帰り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡鉄道 赤い運板の急行列車を追う

静岡鉄道に行き、朝の通勤急行・急行列車を撮影してきた。 急行系には「急」の特製運板が取り付けられる。これが狙いだ。平日朝のラッシュ時しか走らないので、前泊して臨んだ。 優等列車は、急行灯が点く。 LED全盛の時代、方向幕ですら珍しくなりつつある中で、種別板ときたものだから、急行デビュー(復活)当時は意外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急7000型・LSEと次世代展望特急の予感

ロマンスカー・LSEを記録している。 HiSEが先に廃車となったことから、VSEとともに、数少ない展望室付きとして、かつてよりも存在感が増した。 カラーは以前の塗装に戻されたが、これによって、落ち着きを取り戻した印象。ステンレスボディの中で、赤が引き立って映る。 現在、小田急ロマンスカーは、展望車の運行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆりかもめ

船の科学館で“ゆりかもめ”を撮影した。 撮影したのはほんの僅かな時間だったが、シルバーウィーク期間で頻発運転中だったため、撮影するには効率が良い。 “ゆりかもめ”は、地味な印象があるが、乗車していると、ATOによる無人運転や、レインボーブリッジでの自動車との並走など、“ゆりかもめ”ならではの個性的な魅力があり、なかなか面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国鉄通勤型電車 万歳!!

この夏、関西に行き、国鉄型電車の撮影をしてきた。 関東では新系列電車が幅を利かせていているが、関西では温もりを感じる国鉄型電車が活躍中なのはうれしい限り。奈良線・和歌山線では、今回初めて駅間で撮影してみた。お目当ての、105系春日色を撮影できて、ニンマリ。 カメラを向けていて、楽しく、線路沿いで何時間待っていても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“くろしお” 381系の引退について想う

この秋、381系が、“くろしお”と北近畿地区の運用から離脱するそうだ。そのため、先日阪和線で103系の撮影と合わせて記録した。 特に、“くろしお”は、紀勢西線電化当時から381系が運用されていて、振子電車としての特性を発揮する運用だったが、筆者の381系の乗車経験は数えるほどで、紀勢西線での乗車は、わずか一度のみである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南海電鉄10000系 7000系 旧塗装

南海電鉄10000系と7000系が旧塗装に復元されたので、撮影してきた。 10000系は、前面ガラス内のナンバー周囲も、緑に復元されているので、ムードは最高。7000系との編成美が素晴らしい。順光で記録することが出来て、カラーリングが映えた。 南海がCIを導入しておよそ20年になるが、みどりの南海というイメージは…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

小田急1000系 1063×4 リニューアル出場ほか

本日は、小田原周辺で撮影を楽しんで来た。近場だが、なかなか楽しめた。 まず、“ドクターイエロー”を撮影。 EOS7DmarkⅡなら、相手が新幹線でも、連写するだけでストレスなく撮影出来る。ピントもAI SERVOでピントも追従した。 次に、185系“踊り子”。 普段見ている限り、185系は、ほとんどが斜め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京王“DAX” 検測

本日は、京王“DAX”の検測日であった。 A日程の場合、動物園線に入線する。以前から、上写真のアングルでデワを写したいと思っていただけに、記録出来て嬉しい。 デワの撮影だが、A日程は予定を立てづらい。B日程は前日の目撃情報を確認出来るが、A日程(1日目)は目撃情報がないからだ。6月は実施日の予想を誤り、空振り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more