“ゆとり” 廃車回送される

画像

筆者の年代だと、“ゆとり”よりも“サロンエクスプレス東京”の方がピンとくるが、“ゆとり”のうち、保留車とされていた展望車スロフ14 701・702が、本日、廃車回送された。

画像

往年の輝きはすっかり色褪せ、痛々しい姿だったが、7年ぶりに本線を走行するとあって、記録した。

画像

標準化思想が色濃かった国鉄時代。デビューした“サロンエクスプレス東京”は、夢のような列車であった。ロクイチ(EF58-61)との組み合わせは、美しくて、素晴らしかった。“サロンエクスプレス東京”の成功によって、各地で続々とジョイフルトレインが登場した。

画像

今では、“ジョイフルトレイン”という言葉も死語になり、客車列車すら珍しい存在になってしまったのだから、時代の移り変わりを感じずにはいられない。

画像

痛々しい姿から、今でも車籍が残っていたのは意外に思えたが、どうにか、最後の本線走行に耐えた。



▼本日、その他の戦利品
画像

画像

"“ゆとり” 廃車回送される" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント