小田急9000系・4000系


DSC01262[1].jpg
お次は、小田急。

DSC01235[1].jpg
Trainsでアウトレット販売していた9000系。

DSC01237[1].jpg
最初、6Rのみ購入したが、あまりのクオリティの高さに、4Rも揃えたくなり、翌日、追加購入した。

DSC01243[1].jpg
モデルは登場時がプロトタイプ。

DSC01231[1].jpg
でも、登場時と謡うのであれば切替式のサイズであるべき側面方向幕のモールドが、電動幕化後のサイズをしているため、自分には、馴染みの姿に近い。違いと言えば電連の有無ぐらい。

DSC01240[1].jpg
9000系はカッコ良かった。小田急ファンの誇りだった。運用サイドの評判は芳しくなかったようだが、通勤電車では最高のスタイルだったと思う。先頭車はMcなので、2連に組成し、クヤ牽引用の電動貨車として残して欲しかった。

DSC01222[1].jpg
DSC01241[1].jpg
35系客車を現代の規格で蘇らせたように、小田急も9000系をリメークして欲しいところが、実現は難しいようなので、せめて模型の世界で戯れよう。
DSC01253[1].jpg
DSC01274[1].jpg
続いては4000系。

DSC01278[1].jpg
4000系が高性能化したときは、驚いた。本当に美しかった。

DSC01263[1].jpg
旧性能時代は吊掛・非冷房車で、どうにか小田急の線路上を走っていたようだった。それが冷房化されて、走りも静かになり、全体的に上品になったの。

DSC01275[1].jpg
そんな、子供の頃を思い出して、こちらにも手を伸ばした。

DSC01272[1].jpg
そういえば、自分、4000系好きだったナ。

DSC01276[1].jpg
2600系の引退後、今度はコイツとじっくり付き合っていこうと思っていたが、実際はその半年後に引退してしまった。そんな無念を、模型で満たそう。
DSC01269[1].jpg
モデルは初期の改造車がプロトタイプだが、CU195Bのキセが忠実に再現されている点に、唸らされる。

DSC01256[1].jpg
鉄コレからも製品化されたが、自分はマイクロエースの製品が好みだな。