東京都交通局上野懸垂線 40型引退

0M9A2056.JPG

上野動物園内を走る、上野懸垂線40型が引退した。

歴代の3形式も後継に置き換えられたが、今回は後継が決まっていないという。


なので、引退間際と、引退後の展示会、それぞれ撮影に行った。


平日休みの特典で、空いた園内でストレスなく撮影出来る。遠足気分。


40型は見た限り古さは感じないし、このままあと10年は走れそう。引退は老朽化が理由というが、どこが老朽化しているのか、本当にわからない。


それにしても、上野懸垂線は不思議な構造だ。モーターと台車が軌道上部にあり、制御装置がボディの上にマウントされている。他にはない独特の構造なので、特に上部の走行体がいつもフレームからはみ出しそうになる。カーブの向きが一方しかないので、アームは片持ち式で済むのだろうが、仮に線内にアーム側を向いた曲線が存在したら、この車両は曲がれるのだろうか。都市交通として実用化されなかった。


0M9A2041.JPG

小学校1年生の遠足が上野動物園だった。園内でモノレールの絵を描いたことを覚えている。動物園に行ったのに、残っている記憶がモノレールだけというのは、一般には不思議かもしれないが、そんな悪い癖は40を過ぎてからも変わらず、今回も園内の動物には目もくれなかった。当時は20型だった。


0M9A2078.JPG

上野懸垂線は短距離なので、小学生当時自分が絵を描いた場所は、今でもすぐ特定できた。


0M9A2051.JPG

モノレールは、加速時のショックやカーブでの遠心力など、普通構造の鉄道と異なることが多いので、発車時に体が自然と構えてしまうが、40型の乗り心地はスムーズで、ショックを感じなかった。西園行きの場合、下り勾配なので、こまめにブレーキが掛かるが、不快感はない。


0M9A2478.JPG

上野懸垂線は距離が短いため、ハッキリ言って、なくても困らない。後継車両の調達が困難となり、ひとまず休止とされた。


距離的に、最近烏山線や男鹿線で実用化された蓄電池車による運行が最適と思われるが、上野懸垂線で活かせないものか。


筆者にとって、「上野動物園と言えばモノレール」。今回の40型の引退は残念である。

小田急3000型SE車、3100型NSE車、2400系(旧塗装)

DSC01191.JPG
模型はやらない…と堅く誓いつつも、マイクロエース・小田急2600系の魅力に負けて約20年ぶりにまたNゲージを購入したのが1年前。

DSC01196.JPG
小田急直営ショップ・TrainsがNゲージのアウトレット販売を始め、今度はその手頃な価格の誘惑に負けてしまった。

小田急2400系(旧塗装)・1編成4連
小田急4000系・1編成6連
小田急9000系・2編成10連
小田急3000型SE車・1編成8連
小田急3100型NSE車・1編成11連

以上、6編成・39両をこのひと月の間に一気に購入したのだから、20年間の模型禁欲生活は何だったのか、自問自答したくなる。ここにきて、またNゲージに目覚めてしまった。保有数は、子供のころ集めていた数をゆうに超えた。

DSC01195.JPG
もうこうなると、さらに他の製品も揃えたくなる。自分でも不思議なくらいの衝動だ。現実問題として、保管場所がないのだが、今度はレンタルロッカーを借りてでも揃えたくなるのだから、恐ろしい物欲だ。

DSC01177.JPG
今回は、前記のうち、3000型SE車、3100型NSE車、2400系(旧塗装)のご紹介。

DSC01169.JPG
3000型SE車は、言わずと知れた、当時狭軌最高速度を記録した名車。今回は幼少期に憧れていた昭和50年代頃のラインナップを揃えたくて、SSE車を狙っていたが売り切れ。一方、SE車は比較的在庫が豊富。自分にはあまり馴染みがなく、迷ったが、店頭のエンドレスで走っているその編成美の魅惑に勝てなかった。

DSC01176.JPGDSC01193.JPG
3100型NSE車は、もう迷わず購入。モデルを見ているだけで美しく、幸せな気分にさせてくれる。

DSC01164.JPGDSC01167.JPG
2400系は、これまた自分にはあまり馴染みがなく、しかも旧塗装となると、なおさらだ。だが、SE車の脇を添えるのに必要と考え、散々悩んだ挙句に購入。結果、ロマンスカーのオレンジに良いコントラスト。深みのあるイエローが綺麗に再現された良いモデルである。