小田急3000型SE車、3100型NSE車、2400系(旧塗装)

DSC01191.JPG
模型はやらない…と堅く誓いつつも、マイクロエース・小田急2600系の魅力に負けて約20年ぶりにまたNゲージを購入したのが1年前。

DSC01196.JPG
小田急直営ショップ・TrainsがNゲージのアウトレット販売を始め、今度はその手頃な価格の誘惑に負けてしまった。

小田急2400系(旧塗装)・1編成4連
小田急4000系・1編成6連
小田急9000系・2編成10連
小田急3000型SE車・1編成8連
小田急3100型NSE車・1編成11連

以上、6編成・39両をこのひと月の間に一気に購入したのだから、20年間の模型禁欲生活は何だったのか、自問自答したくなる。ここにきて、またNゲージに目覚めてしまった。保有数は、子供のころ集めていた数をゆうに超えた。

DSC01195.JPG
もうこうなると、さらに他の製品も揃えたくなる。自分でも不思議なくらいの衝動だ。現実問題として、保管場所がないのだが、今度はレンタルロッカーを借りてでも揃えたくなるのだから、恐ろしい物欲だ。

DSC01177.JPG
今回は、前記のうち、3000型SE車、3100型NSE車、2400系(旧塗装)のご紹介。

DSC01169.JPG
3000型SE車は、言わずと知れた、当時狭軌最高速度を記録した名車。今回は幼少期に憧れていた昭和50年代頃のラインナップを揃えたくて、SSE車を狙っていたが売り切れ。一方、SE車は比較的在庫が豊富。自分にはあまり馴染みがなく、迷ったが、店頭のエンドレスで走っているその編成美の魅惑に勝てなかった。

DSC01176.JPGDSC01193.JPG
3100型NSE車は、もう迷わず購入。モデルを見ているだけで美しく、幸せな気分にさせてくれる。

DSC01164.JPGDSC01167.JPG
2400系は、これまた自分にはあまり馴染みがなく、しかも旧塗装となると、なおさらだ。だが、SE車の脇を添えるのに必要と考え、散々悩んだ挙句に購入。結果、ロマンスカーのオレンジに良いコントラスト。深みのあるイエローが綺麗に再現された良いモデルである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント