京成3500系 未更新車と更新車

画像

京成3500系のうち、未更新車が引退するので撮影してきた。

画像

往年の京成の雰囲気を今に伝える貴重な車両だ。"寅さん”にも、友情出演したことがある。

画像

今回引退する編成はオールステンレス構造なので、今後の使用にも充分に耐えうると思うが、京成線上から姿を消す。

画像

ところで、3500系といえば更新車がデビューした際の驚き。

画像

まるで別の車両のごとく生まれ変わった姿を見て、びっくりしたのを今でも覚えている。ちょうど、JR西日本が103系や113系などに対しN40を施工していた頃だったが、しかし、3500系のそれは、ステンレス車体であるにも関わらず、フロントマスクや、側面の窓構造を変えてしまった。

画像

加工の難しさから、ステンレス車の場合、大規模な工事が避けられることが多い。東急8000系も、更新時に外観はさほど変わらなかった。


そんな常識、固定観念を、この3500系更新車は覆してくれたのである。

画像

話しが逸れたが、筆者は更新車登場後、未更新車に対しやや軽蔑した感情を抱くようになった。早い話し、更新車よりも劣って見え、未更新車の良い部分を見出せずにいた。

しかし、大規模更新なしで30年強の運用に耐えてきたのだから、名車と言えよう。

画像

月末のお別れ運転時にはぜひ、赤帯のみの姿に戻してもらいたいものだ。


(この春は、3500系未更新車のほかにも、東京メトロ01系や、都営10-300R系など、身近な車両が引退する。新幹線や新線開業がないので、例年に比べ穏やかな春になると思っていたのに、そうでもないナ)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック