姫路モノレール

画像

姫路で、モノレールを見学してきた。

モノレールと言っても、既に廃止されているのはご存じのとおり。都市交通の主力として、発展が期待されたが、わずか8年ほどで営業廃止になってしまった。

犬山モノレールや向ヶ丘遊園モノレールなど、遊園地や公園へのアクセスとして建設されたモノレールは、その後、同じ運命を辿る。

画像

廃止から30年以上も、公開されることなく、薄暗い建物内で保管されていたことも手伝って、不気味なイメージがしていた。

丸味を帯びたデザインも、不気味さを助長させる。

でも、その不気味さが、興味を引く。ずっと気になっていた。

画像

現車を前にすると、展示に当たり、綺麗に整備されて、実際には不気味さなどまるで感じなかった。

画像
画像

クリーム色のデコラと、エンジ色のシートモケットの車内は、名鉄や小田急のモノレールと共通のイメージで、キャブの造作も似ている。

画像

運行期間が短かったのと、廃止からだいぶ時間が経っているにも関わらず、展示品が充実している。規模から察するに、実際に運営に携わっていた現業の方は、多くて20人程度だったと思うが、モノレールに対し、未だに熱い思いを抱いている人がいることが、伺える。

画像

だいたい、車両自体も解体されずによく大切に保存しておいてくれたものだ。屋外だったら、完全に荒廃していただろうが、屋内で、一般人を寄せ付けない形で保管されていたのは、もしかすると、いつかは、復活…という目論見があったのかもしれない(公開を前に100型2両は解体)。


画像

この機会に、廃線跡を辿り、大将軍駅を見学した。

画像

下から見ると、モノレールが通過するだけのクリアランスが確保されていないように映るが、山陽新幹線岡山開業時には、姫路モノレールはまだ運行されており、モノレールはクロスしていたそうだ。

画像

大将軍駅は、実際に訪れてみると、呆気ないほど姫路駅に近い。姫路駅南口が再開発で綺麗に整備されているにも関わらず、少し歩いただけの場所に、近代化から取り残された空間が広がる。

画像

大将軍駅の建物・公団高尾アパートは、スケールがデカくて、日本の建物のような気がしない。今では、北朝鮮や中国の建物のように映る。駅名からして、まるで独裁者を思わせてくれる。

画像

有名な建築デザイナーにでも依頼して、再生させたら、どのような姿に生まれ変わるか、想像したくなるが、耐震基準の関係で取り壊しが決まっているんだとか。でも、想像するだけなら、勝手だ。

画像

ビルの中を、モノレールが貫くだなんて、開業当時はさぞかし斬新だったのだろう。モノレールの運営が成長すれば、姫路城とともに、姫路を代表するスポットになったのではないか。建物解体前に、ホーム見学ツアーを企画して欲しい。

せっかくなので、モノレールは、大将軍駅のホームに保存すれば良かった。低層部分だけでも、保存できないものか。

画像

姫路モノレールは、営業当時よりも、廃止されてからの方が、むしろ話題になっている珍しいケースだ。

画像

10年足らずで休止に追い込まれ、現役当時を知らない人の方が多い点に、稀少性を覚え、それが興味になるのだろう。

画像

姫路モノレールの現役当時をご存知の方が羨ましい。是非一度乗ってみたかったものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2014年07月18日 14:19
新幹線に乗ると見えてきていた軌条ですね~
いつか走ってるところを新幹線から見たい!と思い、毎回車窓を眺めていましたけど・・・
中学生頃になってからかな~?
僕が生まれる前に廃線になったのを知ったのはw
こんな車両だったのですね♪
2014年07月21日 18:40
ここの廃墟、今見学ができるのですね。
2014年07月25日 07:50
ドラ猫さん、としおさん、コメントをお寄せ下さり、ありがとうございます。

としおさんが仰るとおり、「廃墟」のイメージが強い姫路モノレールですが、是非現役時代を見てみたかったものです。

私も、ドラ猫さんと同様、生まれる前には廃線されていたケースですので、いっそう、憧れが強くなります。

この記事へのトラックバック