小田急500型 向ヶ丘遊園モノレール

画像

ハードディスクをあれこれ穿っていたら、小田急500型の写真が出てきた。そういえば、小田急向ヶ丘遊園モノレールが廃止されて、早いもので、10年以上が経つ。

500型には数えるほどしか乗車したことがなく、廃止の数年前に、ふと思い出して乗ったのが最後である。

画像

経堂(喜多見)の仕業に組み込まれていた。踏切はないし、人身事故の心配も不要、乗り入れてくる他線もないため、遅延も皆無。遊園地の営業時間に合わせた運行だったので、この行路はウテシさんにとって楽チンだったのではないだろうか?

画像

最後にお名残乗車の機会があれば良かったが、アクシデント発生による廃止だったため、最後は「見学会」によるお別れとなった。

画像

鉄軌条・鉄車輪による貴重なロッキード式モノレールだったが、廃止後は保存されることなく、解体されてしまった。前述の撮影会でも、一部施設は既に封鎖されていた。

画像

そればかりか、向ヶ丘遊園地も廃園となり、園内にあった鉄道資料館も閉鎖。展示されていた電気機関車・ED1011も、解体されてしまう。

この10年のあいだ、小田急は変化が激しかった。特に、世田谷区内は立体化が進み、別の路線のように見えるほど、10年前とはまるで変わってしまった。

画像

駅が高架化される都度、筆者は東急や東京メトロ、東武のような博物館を期待していた。この度、お隣の京王電鉄からも車両展示場の計画が発表されたが、小田急からは博物館建設の話しがなく、高架下の開発は専ら、商業施設のみ。唯一、和泉多摩川に“Trains”というグッズショップがある程度だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2012年11月28日 21:51
すごく昭和を感じるデザインだけど、かっこいいですね。
2012年12月07日 23:58
としおさん、コメントをお寄せ下さり,ありがとうございます.
小田急ファンなのに、この車型には2回しか乗車したことがありませんでした。まさか、突然廃止されるとは思ってもいなかったので、記録を疎かにしていたのが悔やまれます。
2012年12月13日 14:35
こんにちは。
このモノレールを見ると、ウルトラマンを思い出します。単に色が似ているだけなのか・・・。
向ヶ丘遊園に遊びに行くしか乗る機会はないですよね。私も1回しか乗ったことがありません。仰せのように、突然の廃止だったので、お名残り乗車は出来ませんでしたよね。

この記事へのトラックバック