究極の鉄道模型展 in 東京タワー

画像

東京タワーで開催されている“究極の鉄道模型展in東京タワー”を見学して来た。この夏に横浜に開館する原鉄道模型博物館のオープニングのプレイベントのような位置づけで、個人のコレクションが多数展示されている。

画像
画像
画像

コレクションは個人の指向なので、日本の車両は、蒸気機関車と関西私鉄が多い。現代の車両よりも、戦前の車両がチョイスされているので、ゴールデンウィークに、子供や孫を連れて見学するには、やや不向きかも知れない。主催者側もこういう客層に予め配慮しているらしく、ガラスに見える展示ケースは、実はアクリル製!実際、幼児が模型を前にバンバン手を叩いたりしているので、この選択は実に賢明だ。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

一方、阪和電鉄の名車・モヨ100型に京阪の“びわこ号”、阪神の“金魚鉢”など、日本の鉄道史上を語る上で欠くことの出来ない往年の名車がずらりと並び、これら車両の輝かしい経歴を知る人にしてみたら、堪らなくて、気が付いたらケース越しに取りつかれたように見入ってしまった。これだけの名車が一堂に揃うのは実物では無理な話し。この圧巻シーンは模型ならではのことであり、とても充実した気分に包まれる。

画像

展示室は、フラッシュ撮影はNGだが、撮影そのものは制限されておらず、ガラスに反射する蛍光灯の光に悪戦苦闘しながら、カメラに収めた。開館後は横浜でこれらコレクションをじっくり見学出来るだろうから、いま慌てることはない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

2012年04月23日 00:12
スカイツリーが開業するので、影が薄い東京タワーですが、東京タワーからスカイツリーを見るのも良いかも。
本題の鉄道模型と全然関係ないですね(^^ゞ
2012年04月23日 11:14
としおさん、コメントをお寄せ下さりありがとうございます。
実は私も、このあと、東京タワーに上って見学してきました。見学時間は、鉄道模型展よりも、展望台の方が長かったです。
お正月には、大阪の通天閣に行き、ビリケンをナデナデしてきましたし、高所恐怖症で、チン寒になりながらも、各地のタワーに上るの、結構好きなんです。
(また、鉄道模型と話しが逸れてしまいましたね。)

この記事へのトラックバック