新幹線になった“はやぶさ”

画像

“はやぶさ”が新幹線になった。東日本大震災の影響で、営業開始早々に長期運休となり、出鼻を挫かれた恰好となったが、見事に復活した。グリーンのメタリックボディは、鮮やかさを放ち、今までにない新しい色遣いであることもあって、東北地方の復興のシンボルのように映る。見ていて、勇気づけられることだろう。


そして、“はやぶさ”は、新青森延伸で気を吐く、新生・東北新幹線のイメージリーダーとしても、定着しつつあり、“はやぶさ”と聞いて、九州行きの寝台特急を思い浮かべることもなくなった。来年度からは国内最高となる320km/h運転も予定されている。今後の成長が楽しみな、そんな、E5系“はやぶさ”である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年05月24日 10:57
やっと東北の街道筋が繋がったという感じですね。
カシオペアや北斗星もようやく運転再開ですね。
2011年05月24日 18:38
としおさん,コメントをお寄せ下さり,ありがとうございます.

根岸発・上越線日本海経由のガソリン輸送貨物列車も頼もしかったですし,東北新幹線も復旧しました.原爆投下後の広島・長崎も,路面電車が数日後には走り始めたそうで,苦難の際,鉄道の復旧は,人々を勇気づけてくれます.

自らも被災されながら,復旧工事に全力で取り組んでくれた人々も数多くいらっしゃるとかで,頭が下がります.
2011年05月25日 02:21
どうも、こんばんは(^-^)
E5系「はやぶさ」が震災から甦ったんですね!!
これで東北新幹線も、再び便利になりましたね。

この記事へのトラックバック