外房線・本千葉駅にて

画像
今回、ご覧いただく写真は、本千葉駅にて撮影した、外房線・内房線の113系。

千葉モノレール祭りを見学した日、帰りに県庁前に出て、隣接する本千葉で1時間ほど、113系を撮影した。

画像

日中でも、113系が5~10分おきにやって来る区間は、今では外房線の千葉-蘇我間ぐらいなもの。本当に楽しくて、何時間撮影していても飽きず、キリがない。

総武本線の千葉-佐倉間も、113系が高頻度で現れる区間だが、あちらは、211系の比率が高いため、案外、思うように撮影出来ない。

画像

下り方先頭車の、幌が取り付けられた迫力のある表情が好きだ。113系は、西日本や四国にもいるが、塗装変更や改造で大きく姿を変え、未改造車も、前面窓が太縁の金具押さえになり、ムードがスポイルされてしまっているのに対し、千マリの113系は、比較的原型に近い。

画像

分かりづらいかもしれないが、写真の内房線175Mは10両編成である。今では、113系の10両編成も、なかなかお目に掛かれなくなった。

かつて、房総ローカルの113系は、ありふれた存在で、注目を浴びることはあまりなかった。地味ながら、地域輸送に徹する、そんな113系が好きだった。

だが、千マリの113系も、置き換えの噂があちこちで囁かれるようになり、今後が気になるようになった。

画像

房総半島で過ごすことが多かった筆者にとって、113系には数え切れないほど乗車し、体の一部のような、そんな存在である。

2年前に、211系が転入してきた時から、覚悟はしているが、いつまでも、房総ローカルは113系のままであって欲しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年11月05日 22:05
こんばんは~
スカ色の113系、こっちでは見られないので新鮮です。
2008年11月05日 22:34
こんばんは。ベンチレーターは残っているし、鉄仮面でないのが良いですね。列番表示器もLEDに換装されていない車両もあるようで、貴重ですね。
2008年11月06日 09:50
お二人とも、コメントをお寄せ下さりありがとうございます。
スカ色は、湘南色のグリーンの部分と比べて、ブルーの面積が大きいため、重厚感が感じられ好きです。
以前は、身延線の62系でもスカ色が採用されたり、飯田線の旧型国電にも、やはりスカ色が塗られていましたが、今では東日本限定になってしまいました。
M
2008年11月09日 19:30
昔から113系はなじみのある存在でしたね。

車内も未更新車の緑壁をはじめとして、更新車やリニューアル車なんかがいて見比べていくと飽きない存在でした。これが209系に代わるとなると、本当に味気ない地域になります。全国どこへ行ってもステンレス車ばかりなのは個性がない気がします。

2008年11月09日 22:19
Mさん、コメントをお寄せ下さり,ありがとうございました.

この記事へのトラックバック