新幹線総合車両センター 新幹線基地まつり

画像
↑ Esat-iはE3系がベースだが,こうしてみると,前頭部分の角度が違うことに気付く

新幹線総合車両センターの新幹線基地まつりを見学してきた。

まだ撮影したことがないFASTECHが目当てで、夜行バスで仙台入りした。

仙台新幹線総合車両センターを訪問するのは今回が初めてだったが、昨年の浜松工場と違って、構内がとても広いのには驚いた。移動用の自転車の他に、軽自動車まで置いてあったのも肯ける。これでも、今回公開されたのは、敷地の一部であり、実際には利府方向に更に広がる。

画像
↑ E955型先頭車前頭部分 見る角度によっては,全然新幹線に見えない

画像
↑ E954型

「撮影会」ではないので、目的のFASTECHは、FASTECH SもFASTECH Zも,庫内の実に撮り辛い場所に展示されていて、すっかり肩を落とした。しかも、屋内の照明が反射して、思うように記録出来ない。

画像
↑ これがウワサの“猫耳” FASTECH Sは家族連れの記念写真用となり,大人気だった

新青森延伸用の新形式の仕様がほぼ決まったという報道を耳にするようになったが、先行試作車が登場する頃には、FASTECHはお役御免となるだろう。そう思って、わざわざ仙台入りしたのだ。出来れば、屋外で撮影したかった。

画像

東海道新幹線よりも車種が多いため、形式別カラーで部品が管理されていたのが印象的だった。部品点数も多く、作業に携わっている人たちは、覚えることが多くて大変だろう。

画像

ひと通り見学して、予定よりも早めに新幹線総合車両センターを後にした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック