T E C ― 5 0 0

画像

東海道区間では,定期で2往復となってしまった500系を撮影してきた.日本の鉄道のシンボルである最高速度300km/hの500系新幹線だが,登場時の栄光が,いつの間にかトーンダウンして,N700系就役後は,肩身を狭そうにしている.

東海道新幹線の駅は,三脚の使用が禁止されていて,手持ちによる望遠撮影を強いられる.ホームには警備員が頻繁に巡回し,ホームエンドには,監視カメラが設置され,人の動きに合わせて,センサーライトが点灯する.

そのため,ホームエンドから撮影する時は,監視カメラとニラメッコ状態となり,一挙手一投足を監視されながらの撮影となる.

画像

また,沿線撮影も,テロの警戒が強化され,カメラを構えていると,警備会社の巡回車がすぐにやって来るなど,撮影には何かと制約が多くて,気軽にカメラを構えられる雰囲気ではなくなっているため,撮影に行く前から,正直,気が滅入る.

もちろん,保安上これらの施策が必要なのは理解出来るが,丸腰の趣味人の立場から言うと,まるで軍事政権下の別の国にでも来たかのような,そんな気がして,心から撮影を楽しむことは出来ない.

画像

しかし,それでもやっぱり,500系は魅力的で,制約が多いのを承知で,それでも,上記制約をクリアした上で,写したい衝動に駆られる.

なお,こちらにて,東海道区間を行く500系新幹線の動画を公開しています.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月07日 22:28
どこぞの国で望遠レンズ構えていたら、バズーカ砲と間違えられて公安当局が飛んできたとかいう話聞いたことあるな~
遠めでカメラ構えていると間違えられやすいですから、ジャーナリストもそんな理由で犠牲者が結構出ていますよね、新幹線を撃って射殺されないように注意が・・・日本では考えられないか(笑)
2008年05月09日 09:47
としおさん、コメントをお寄せ下さり、ありがとうございます。
鉄道趣味も、一般的にはなかなか理解されない時もあって、誤解を受ける時もありますが、それでも、なかなか止められませんね。

この記事へのトラックバック