四十八瀬川の流れに沿って 小田急ロマンスカーの撮影

画像

小田急小田原線・渋沢―新松田間にて撮影をして来た.

画像

この区間は小田急で駅間距離がいちばん長く,また,自然が多く残る区間である.そのため,アングルの自由度が高い.

画像

小田急の公式印刷物等でも,よくこの区間で撮影された列車の写真が採用されている.

画像

筆者も,この区間はお気に入りで,ポピュラーな開成―栢山間よりも好きである.高校生の頃は,JR松田駅でレンタサイクルを調達して,撮影を楽しんだ.

画像

紅葉を期待して訪れたのだが,色付きが物足りないため,列車写真に切り替えた.11月中旬にもなると14時台でも光線条件が厳しくなるが,ロマンスカー各種を撮影出来た.

画像

なお,渋沢―新松田間は自然が残る良い区間と書いたが,換言すると,それだけ勾配や曲線制限の連続する個所でもあり,ウテシさんにとって難所である.抵抗制御車の頃は,箱根登山線内と共に,この渋沢―新松田間の線路条件も,小田急の新車設計の際,性能を決める上での重要なファクターであった.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年11月19日 22:19
紅葉と言うか、夏場の写真見たいです。周りはまだ緑が濃厚ですね。
2007年11月20日 19:09
としおさん,いつもコメントをお寄せ下さり,ありがとうございます.
夏の写真のリクエストですが,光線の条件が緩和されるため,撮り易いかもしれませんが,駅から遠いので,夏にこの区間を訪れたことはありません.従ってリクエストにはお応えできません.来年の夏,撮影に行きま~す.

この記事へのトラックバック