弘南鉄道6000系・7000系

画像

弘南鉄道大鰐線を訪問して来た.6000系と7000系が目的である.

画像

現在の弘南鉄道は,元東急7000系が主力で,元東急6000系はほとんど稼動していない.運行本数が削減されたため,7000系だけでも充分のようで,6000系の運転は期待出来ない.

ただ,津軽大沢駅隣接の検車区に留置されており,6000系を撮影することは可能である.そこで,なるべく早めに記録しておきたかった.

画像

というわけで,大鰐駅から中央弘前行き列車に乗った.列車は7000系2連.

画像画像

都会派7000系も,車内はずいぶん草臥れていた.出来ることなら,通販番組で宣伝している強力洗剤で,綺麗に拭いてやりたい(⇒この間,買っちゃった.「オレンジオイル」).渋谷に代官山,横浜を走っていた車両とは思えないのだが,吊り革に「東急百貨店」・「東横のれん街」といったプレートが残っていた.

鯖石駅のホームでは,子供が雪でかまくらを作って遊んでいた.のどかでうらやましい.

津軽大沢駅で降りると,早速,6000系が見えるではないか.訪れた日は,雪が積もっていたため,雪のレフ効果で,ステンレス車体がひときわ明るく映えていた.

画像

シルバーの輝きの誘惑に負けそうになるが,ひとまず,構内にいる車両を側道から1両ずつ写す.キロマキ列車で有名なキ100を写している際,一瞬,太陽の光がカラスのような黒い車体を照らしてくれ,フラットな構図に変化をもたらしてくれた.

そして,次の列車までの間,6000系を徹底的に写す.デジカメの画素数を上げる.手ブレ補正モードを「2」に設定し,テレでクローズアップする.残り枚数表示がどんどん進む.

画像

実は,筆者は東急時代の6000系を知らない.いろいろ新機軸を搭載したり,VVVF改造されたり,少数の割に個性が強かったそう.

独特のコンタ(車体断面)は,他に波及せず,これもまた,6000系ならではの個性となった.

次の列車までの間,角度を変えていろいろなアングルから撮影し,充実したひとときであった.津軽大沢を後にする頃には,大雨となった.筆者が撮影中に,雨が降らなかったのは,幸運である.

ちなみに,東急6000系の弘南鉄道の譲渡例として,他に常磐線勝田の日立専用線があり,職員輸送に充てられていた.機関車牽引の客車代用であった.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Excerpt: JR東日本の三連休パスを利用して、東北・函館方面を旅してきた。今回はその2日目の模様をお届けしたい. Weblog: 鉄道基準 racked: 2007-12-06 16:35
  • Excerpt: JR東日本の三連休パスを利用して、東北・函館方面を旅してきた。今回はその2日目の模様をお届けしたい. Weblog: 鉄道基準 racked: 2007-12-06 16:35
  • 事業用車が好き!

    Excerpt: 事業用車両が好きだ。少数で、普段あまりお目にかからない点と、営業用と区別するため、独特のカラーリングが採用されているほか、個性的なスタイルが魅力的である。 Weblog: 鉄道基準 racked: 2008-08-16 02:30
  • 弘南鉄道弘南線

    Excerpt: 弘南鉄道弘南線に乗ってきた。大鰐線は4年前に乗車済みだが、弘南線は未乗のままとなっていた。大鰐線と同じで、やはり東急の7000系が幅を利かせている。 Weblog: 月の鉄路 racked: 2012-03-06 17:11