こだま662号で食べる岡山駅幕の内弁当花だより

画像

岡山からは山陽新幹線で姫路まで。18:46発のこだま662号に乗車する。

新幹線を利用してしまうと、青春18きっぷの効果が薄れるが、逆に速達効果が得られる。岡山-姫路間の山陽本線は、赤穂線も運行されているからなのだろうが、必ずしも便利とは言えず、この区間は青春18きっぷを所持していても、新幹線を利用することが多い。

山陽新幹線のこだま号は、乗車率にゆとりがあるため、車内でゆったり出来る。そのため、車内で駅弁を食べることが多い。

画像

今回も岡山駅で駅弁を購入した。筆者は駅弁を選ぶにあたり、なるべくご当地オリジナルのものを選ぶようにしているが、あいにく時間帯が悪く、「幕の内弁当花だより」(950円)しか残っていなかった。どこにでもある幕の内弁当ではインパクトに欠けるが、行程の都合でこれから先は供食を受けるチャンスがないため、購入して車内で食べる。

画像

というわけで、半ば消去法的に選んだ駅弁「幕の内弁当花だより」だが、なかなかの実力派で、とても美味しかった。岡山-姫路間の乗車時間は31分なので、慌ただしく食べたのだが、さすが、駅弁激戦区の岡山駅で販売されているだけある。

画像

新幹線といえば、スピード至上主義で旅情に欠けるイメージがあるが、各駅の新幹線コンコースには多くの駅弁が並び、在来線ホームよりも種類が豊富だったりして、販売業者のターゲットは、新幹線利用者に向けられていることが多い。

筆者も、在来線より新幹線の車内で駅弁を食する機会が多く、新幹線を利用する際の楽しみになっている。

姫路19:17着。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年10月15日 23:54
山陽新幹線の100系貴重な広い窓の新幹線で、食べる駅弁は格別においしいでしょうね…。あのボディーに2+2のシートで、ゆったりと旅が楽しめるし…。
2007年10月20日 21:23
としおさん,いつもコメントをお寄せ下さり,ありがとうございます.
新幹線なのに,こだま号はゆったりとしていて,くつろげて,なかなか良い旅が楽しめますよね.

この記事へのトラックバック