2007夏 青春18キップの旅 その2

この夏、青春18キップを利用して旅に出かけた。1日目の模様はこちらをご覧いただくとして,今回は2日目.北陸本線~小浜線~山陰本線と,日本海側をたどった.

【2日目】

朝、万葉線で高岡駅前-越ノ潟を往復した。その様子はこちらをご覧下さい。

画像

高岡に戻って、この日は、日本海側をひたすら西へ向かう。まず、8:43発の528Mで金沢に。列車は413系3連。

金沢からは、乗り換え間合いが大きいため、予定より1本前の9:34発332Mで小松へ行き、小松で福井行きの336Mを捕まえることにした。332Mが419系だったのも、小松まで先行した理由である。

画像

419系はいつ乗っても面白い電車である。出自が寝台電車であるのは御存知の通りだが、そのため、スペースに無駄が多く、近郊型改造後かなりの年月が経つのに、改善される気配がない。ただ、無駄の中には、利用者にとってありがたい無駄もある。それは、シートピッチ。窓側の席への出入りが楽チンなのである。

老朽化が進み、同系の715系が仙台地区や九州での運用をとっくに終了しているにも関わらず、419系は具体的な置き換え計画がないのは、北陸新幹線開通を睨んでいるのだろう。

小松からの336Mは413系の3連。福井到着後に駅のホームで腹ごしらえ。

福井からは230Mの521系。521系は初体験だったが、223系の流れを汲むイメージ。敦賀手前のデッドセクションを自動切り替えで進むところに、少しだけ物足りなさを感じる。

画像

敦賀からは小浜線。936Mは時刻表を見ると小浜行きに見えるが、936Mと938Mは実質1本の列車である。

画像

小浜線は非電化時代、キハ58に揺られて乗ったことがある。若狭湾が迫り、車窓を見ていて飽きない。125系は両運なので、2連だとトイレが供給過剰気味である点と、中央の扉追加スペースの関係で、座席の向きに多少難がある。

画像

東舞鶴から西舞鶴までは舞鶴線344Mで移動。1駅間だが6.9kmも離れている。113系の2連で、細帯が入ったワンマン仕様。この日は女性のウテシさんが乗務されていたので、「ワンマン」という表現は、正しくない。

画像

西舞鶴からは北近畿タンゴ鉄道宮津線で豊岡まで行く.中間改札で,「困った人ね~」と言われる.というのは,青春18キップ所持者は,500円のKTR青春フリーきっぷで乗車出来るのだそうで,筆者はそれを知らず,正規の乗車券を購入してしまったのである.改札を受けてしまったため,もうどうにもこうにも出来ないみたいで,正規運賃で乗車した.

画像

単なるバイパスルート…程度にしか捉えておらず,予め勉強して来なかった罰である.由良川橋梁付近の景色は絶景で,これなら,割引を受けなくても我慢出来る.

画像

豊岡からは18:59発の山陰本線185D.キハ47型の2連である.冷房が良く効いている.キハ40系は車体重量が重くて,機関出力に余裕がないはずなのに,冷房運転中もそこそこの走りを見せる.

画像

余部橋梁通過中,橋の袂からカメラのストロボが光っているのが見える.夜だというのに,山間の小さな駅に人が多くいるのは,少し違和感.

浜坂からは547Dで鳥取まで向かうのだが,駅前のコンビニが営業中だったので,35分の乗り換え間合を利用して,食事を済ませた.

画像

547Dはキハ47とキハ33の2連.首都圏色をしているので,最初キハ37型に思っていたら,50系客車改造のキハ33型なのね.北海道では51系客車が多く改造されたが,西日本では少数に終わった.車掌台の簡易的な構造に四国の111系を思い出す.鳥取21:27着.この日の旅はこれで終了.

なお,この日の行程は下図の通り.
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年08月29日 17:43
こんばんは~
おおおお!
鳥取だ!鳥取だ!!!
キハ33は2両だけじゃありませんでしたっけ??
コストの問題とかで・・・
でも、実は私はこの車両は見たことが無いのでした~
(私が帰省していた時期は、米子中心で活躍していたらしく・・・)
2007年08月29日 19:42
こんばんは。しろの湯のブログにコメントいただきましてありがとうございました。宮津線の由良川は海のような川で、国鉄時代はいい撮影地でしたね。キハ47もエンジンは換装済(コマツ製)ですから、走りは変わっているようです。
2007年09月01日 00:59
みなさん,コメントをお寄せ下さり,ありがとうございます.
今回は駆け足でしたが,また山陰を,今度はゆっくり回りたいと思っています.

この記事へのトラックバック

  • 2007夏 青春18キップの旅 その3

    Excerpt: この夏、青春18キップを利用して旅に出かけた。2日目の模様はこちらをご覧いただくとして,3日目は一畑電鉄に加え,木次線と芸備線を巡りながら,太平洋側に抜ける. Weblog: 鉄道基準 racked: 2007-08-30 20:54