解体を待つ東武5050系

画像


月曜日は,東武佐野線に乗って佐野厄除け大師に行ってきた.

昨年初めて佐野厄除け大師にお参りに行ったが,おかげ様で,1年間無事に過ごすことが出来たので,今年もその御利益にあやかりたいと思った.

佐野線は,1800系通勤車が800系・850系のワンマン対応車に置き換えられていた.800系は,デコラやシートモケットなど,アコモ改善も併施されていて,いつも乗車する東上線の8000系より,状態はかなり良い.

ところで,東武佐野線には,もう一つ,見所がある.渡瀬駅付近の北館林荷役所である.ここでは,東武線の廃車を解体している作業が時折見受けられる.数年前までは,京王や小田急の廃車解体も請け負っていて,筆者は,小田急2600系の解体をここで何度も見届けた.

画像


そして,今回北館林荷役所には,用途廃止となった5050系がズラリと並べられていた.去年は,ここで解体を待っている車両が1両もなかったのだが,半蔵門線乗り入れ用の50050系の増備が進んだからなのだろう,玉突きで廃車となった5050系が多く,解体待ちをしていた.

画像


塗装がすっかり色あせて,血の気を失った5050系がズラリと並べられたシーンは,不気味に映る.5050系も,車体の寿命に見合った新性能車としての部品を確保できれば,新性能化して,103系3000番台や小田急4000系のように,もう少し長い期間活躍出来たのだろうが,いずれにしても,費用対効果を考えると現実的ではないのだろう.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年01月09日 00:29
こんばんは、ツキだっ!さん。
東武5050系も、いよいよ解体が進んでいるんですね。なんだかはやいようですけど、もう25年は経つんですよね。
北館林荷役所には行ったことはありませんけど、なんだか、ちょっと寂しいところですね。
2007年01月11日 21:28
部品取替えよりも新規製造のほうが手っ取り早いですからね・・・。それに費用を考えても。最初の写真の車両はよく見かけたのですが解体が始まっているぐらいだったのですか・・・。
2007年01月11日 21:55
お二人とも,コメントをお寄せくださり,ありがとうございました.
オーミヤさん,写真が紛らわしくてごめんなさい.
一番上の車両は8000系改の800・850系で,8000系は編成替えにより一部が廃車となりましたが,まだ主力です.
2007年01月12日 16:14
車両の解体現場は、どこの鉄道会社のものでも寂しいですね・・・
私の嫌いな5050系ですが・・・やっぱり寂しいですね・・・苦笑

この記事へのトラックバック