寝台特急はやぶさ・富士

画像

元日の夜,ムーンライトながら92号を名古屋駅で待っている間に入線してきたのが寝台特急はやぶさ・富士号.撮影した動画をhttp://milky.geocities.jp/tp3tp2ym/index.htmlにて公開しておりますので,よろしかったらご覧下さい.

筆者は,カマ列車にあまり興味がないので,寝台特急にカメラを向けることはあまりないのだが,久し振りに見るEF66は,グレーに塗装された足回りが,綺麗に浮かび上がって,とても美しかった.経年35年近くになり,かつ,毎日長距離の仕業をこなしている車両には見えない.

画像

続く客車も長編成で,緩く鈍い加速と共に,堂々として映った.キャブから身を乗り出し反顧する運転士の仕草が,客車列車ならではで,ずっしりとした走りもそうだが,今ではなかなか見られない光景である.

九州ブルトレで唯一筆者が乗車した経験があるのがはやぶさで,まだ単独運転の頃である.当時は,食堂車も営業していて,ビーフシチューセットを食べた.今から15年前の頃である.

乗車したのはソロで,B寝台料金と同額で個室が割り当てられるのは魅力だが,それ以上に,2段式と違って窓があることが,筆者には嬉しかった.個室内に流れるBGMを聴きながら,一晩中,映り行く車窓を見ていた.

ただ,その後は時間的な制約から,ブルトレが九州への往復の選択肢になることはなかった.乗車した当時は西鹿児島行きとして運転されていた時代だが,筆者は熊本で下車している.「瀬戸」のように,(若干早い)就寝時間に出発し,起床時間に目的地に到着するようなダイヤが,商品として成立するスジなのだろう.

毎回,ダイヤ改正ごとに東海道ブルトレの去就が気になるが,今年3月改正の改正では,何もアナウンスされていない.車両の置き換え時期も迫っているが,永く続いた夜行寝台列車というひとつの文化を,活かすのか殺すのか,JRの対応に注目している.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年01月13日 19:46
動画拝見しました!!
グレー塗装の43号機ですね!!
私は、まだ撮影したことないんですよね・・・
(最近全検だったみたいで・・・)
富士ぶさはどうなってしまうのでしょうね・・・?
昨年の3月18日から、富士とはやぶさの列車番号が逆転しているので・・・はやぶさが危ないのかな・・・とちょっと危機感募らせています・・・
2007年01月14日 01:00
こんにちわ。動画拝見致しました。感動ものでしたよ!この長い長い客車を牽引するEF66の雄型は、力強くてたくましいです。ブルトレが無くなるのは、時間の問題だとよく耳にしますが、何か自分の身を削られるような思いです(T_T)東京⇔西鹿児島まで日本一長い距離を走っていたのですから、無くさないでほしいと願うばかりです!
2007年01月16日 19:18
私は一度として客車列車に乗ったことが無いですね・・・。それでもさっさと発車する285系よりもゆっくりとかみ締めるように発車する客車の富士・はやぶさも乗ってみたいものですね。幸いにも3月18日改正では何も無いようですが北陸と能登が気になりますかね。競合しておりますから。
2007年01月17日 01:03
こんばんは、ツキだっ!さん。
私はかつて「はやぶさ」に2度、「富士」に1度、乗ったことがあるんですが、九州ブルトレは、北海道とは違った独特の哀愁というか旅情がありますね。列車そのものの持つ歴史の重みでしょうか。あるいは山陽工業地帯が醸し出す重厚な香りでしょうか....
記事を読ませていただき、また乗りたくなりました!

この記事へのトラックバック

  • 寝台特急「はやぶさ・富士」14系・24系

    Excerpt: 寝台特急「はやぶさ・富士」は、JR九州・西日本・東海・東日本をまたいで運行しており、JR運行の定期列車では最長の旅客列車である。2008年8月現在、東京駅で見ることができる唯一のブルートレインである。.. Weblog: ぱふぅ家のホームページ racked: 2008-09-05 11:53