年末年始四国旅行 4日目 瀬戸大橋

画像

松山で新しい年を迎えた。4日目のこの日は、帰京のための行程だが、大垣まで戻れば良いので、多少ゆとりがある。

朝は、伊予鉄道高浜線で高浜まで往復する。東京ラブストーリーのロケが行われた所として有名な、梅津寺を通る。何度来ても良い所だ。大手町に戻って、平面交差を動画で撮影する。郊外電車と市内電車のタイミングが、なかなか合わない。

画像


そうこうしているうちに、松山ともお別れの時間。7000型の単行列車で伊予西条へ行く。四国の運輸局は、2両編成以上のワンマン運転を認めていないということで、ワンマン列車は必然的に単行となる。7000型は、走りがパワフルで、単線で特急列車の本数も多く制約の多い予讃線を走るのに適している。

伊予西条からは、113系の黄色編成。4Bなのでボックスシートを独り占め出来る。大好きな詫間-海岸寺の区間を、海に接近しながら走る。まるで水上バスに乗っているような気にさせられる。

画像


坂出で讃岐うどんを食べる。うどん屋さんの中に入ると、熱気でメガネが曇る。腹ごしらえの後、マリンライナーで瀬戸大橋を1往復した。帰り道は、車窓を動画で撮影して過ごす。列車に乗りながら海の上を空中散歩出来るのだから、素晴らしく、何度乗っても飽きない。

画像


坂出に戻って、いよいよ四国ともお別れである。帰りは岡山まで青春18キップを犠牲にして、マリンライナーのグリーン車に乗る。213系時代にもクロ213に乗ったことがあるが、223系(5000系)のグリーン車にも乗ってみたかったのである。首都圏の列車のように、一般車がロングシートの場合はグリーン車を選ぶ価値があるが、マリンライナーは普通車も転換クロスで快適なので、居住性に明確な差は感じられない。213系の頃は、シートピッチなど、普通車とグリーン車では明らかな違いがあったが、223系(5000系)では、グリーン席を2階に設置することで、普通車との差別化を図っていると感じた。

岡山からは山陽本線の普通列車で姫路まで出る。姫路で駅弁を買って、新快速ではなく、快速列車で米原まで乗り換えなしで進む。車内でゆっくり駅弁を食べることが出来たので、快速列車を選んで正解だった。ただ、一人旅の場合、座席を離れる際に制約が伴うので、飲食は控えめにしないと、トイレの心配がつきまとう。

画像

↑姫路駅で買った栗おこわ弁当 780円


米原から、大垣に出てムーンライトながら92号の人となる。デッキがあるので、車内は暖かい。


なお、この旅行で撮影した瀬戸大橋や伊予鉄道大手町における平面交差などの動画を、下記にて公開しております。

http://milky.geocities.jp/tp3tp2ym/index.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月27日 00:04
今年の年明けは松山で迎えられたのですね♪
大手町の列車の交差点、なかなかタイミングが会わなかったようですが、列車の平面交差を見ることが出来てよかったですね
私は小さい頃から何度も乗っていて、この平面交差は自然に身についていたので珍しいとは思ってもいませんでした
が、営業線での列車の平面交差は国内ではここだけなんですよね?
2006年10月28日 15:17
ガオさん,コメントをお寄せくださり,ありがとうございます.
形式ネタに比べて,旅ネタはどうも評判が悪いみたいで,アクセス数が伸び悩む傾向にあるため,コメントをいただいて,とても嬉しいです.
平面交差は,国内では大手町だけだと思います.以前は阪急にも存在しましたが,松山の場合,郊外電車で平面交差を通過してもこれと言った違和感がないのに対し,市内電車でクロスを通過するときは,何とも不思議な気分にさせられます.

この記事へのトラックバック

  • 青春18きっぷ

    Excerpt: 旅行といば海外へ出る方も増えてきましたが、日本人にもかかわらず以外と日本国内を旅行していないという方多いのではないでしょうか? Weblog: 旅に出ようよ racked: 2006-11-11 13:21
  • 国内旅行 年末年始のホテル事情

    Excerpt: こんにちは、海外旅行、国内旅行のいろいろを自分の体験を交えて紹介しています~! Weblog: ブランド@交差点 racked: 2006-11-15 09:55