地下鉄乗り入れ用103系1200番台の思い出


画像

筆者が好きな車両のひとつに,103系がある.とりわけ,地下鉄乗り入れ用の1000番台・1200番台が好きであった.

千代田線用は,比較的早い時期に地上線に転用されてしまったが,東西線用の1200番台は,最近まで存在した.運用数が少なくキャッチするのが大変だったが,東西線ではいつも「K運用」を意識していた.

抵抗器が自然通風式のため,耳ざわりなブロウの音がせず,MT55のクリアサウンドが楽しめた.トンネル内では反響して,3Dサウンドのようだった.一方,自然通風式が故に,停車中ドアが開く度に,床下から熱風が伝わってきて,冷改後も夏は暑かったのが印象に残っている.


東西A線高田馬場-中野 モハ102-1202

姉妹形式に301系が存在したが,前面のライトの位置が腰部にあり,筆者には野暮ったく映った.

画像

アルミやステンレスの金属肌剥き出しの車両が多い中で,103系1200番台は塗装されているため,特に地下では,ボディに温かみが感じられる点が,とても好きだった.ラインの合間に添えられた青いJNRマークも,良いアクセントだった.

地下鉄乗り入れ用は,ATC対応の多段制御のため,加速がスムーズだった.M比が高めに設定されているため,加速は良かったが,高速域での速度の伸びが鈍いのは基本番台と同じであった.B線において,木場の地下線から荒川橋梁にかけての上り勾配で,あえぐように走っていたのを思い出す.明かり区間における快速運用で,高速運転を強いられたが,重苦しい走りは,常磐快速線と同じであった.

画像

常磐快速線から転入した1000番台も加わり,冷房改造や車体更新など,少数世帯の割にバリエーションが楽しめた.更新車のアコモは,地上線用と同じメニューだったが,アコモ改善の効果は地下では抜群で,明るい車内はまるで新車のように映った.

東西線の保安機器更新のため,103系と301系は置き換えを迫られ,用途廃止となった.編成ごとにクセがあって,特に営団地下鉄の運転士さんは難儀したというが,後継のE231系は評判が良いと聞く.

103系は電制立ち上がり時のショックなど,ブレーキ扱いが難しい車型で,高加減速が要求される地下鉄線での運転は,さぞかし大変で緊張の連続だったと思うが,趣味人にとって,103系1200番台は,楽しい車両だった.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 103系1000番台

    Excerpt: 103系1000番台は、地下鉄乗り入れ用として、形が変えられました。この形、不恰好でしょ。でも、最高です。この、エメラルドグリーンは、成田、常磐線でしか、見られません。1000番台は、2002年に.. Weblog: クキの かっこ悪くてカッコイイ車両  racked: 2006-10-18 23:54
  • JR東日本301系フォーエヴァー

    Excerpt:  2003年8月3日(日曜日)、JR東日本中央本線三鷹へ。この日を持って、帝都高速度交通営団(次からは「営団地下鉄」と記すが、2004年4月1日、「東京地下鉄」に改称されている)東西線初代直.. Weblog: 岸田法眼のRailway Blog. racked: 2006-11-03 19:47