月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 海峡の潮風と共に… 走れ! 門司港レトロ観光線 潮風号

<<   作成日時 : 2012/10/02 10:58   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 5

画像

この夏、門司港に行き、門司港レトロ観光線に乗車してきた。

乗り場には、発車時刻の1時間ほど前に到着していたが、大丈夫だろうと列に並ばずに、周囲を散策しているうちに、乗ろうと思っていた列車は満員で、締め切られてしまった。おかげで、30分後の列車を待つハメに…。

このように、門司港レトロ観光線はなかなかの人気だ。

画像

門司港レトロ観光線は、北九州市と平成筑豊鉄道によって構成される、上下分離方式の鉄道で、廃止された貨物線を観光路線にリメイクしたもの。

画像

運行に用いられる車両は、トロッコ仕様の列車で、遊園地のおとぎ列車のようだ。全線非電化で、牽引には、元・南阿蘇鉄道のディーゼル機関車が用いられる。平成筑豊鉄道が運営に名乗りを上げたのは、内燃動車の実績があるからなのだろうが、北九州市は平成筑豊鉄道の既存路線を区域する自治体ではない。平成筑豊鉄道にしてみたら、自社の沿線を意識した事業展開とは異なる、新しい地域での事業と言って良く、門司港エリアへの意気込みが感じられる。

もっとも、平成筑豊鉄道田川線が通過する行橋市は、北九州市と隣接しているし、レトロ観光線が貨物線だった頃には、平成筑豊鉄道・金田までの貨物列車が運転されていたというから、「新しい地域での事業」というほど、大袈裟なものではないのかもしれない。

画像
画像

被牽引車であるトロッコ客車は、もと島原鉄道の車両。そのため、機関車・客車いずれも、九州内から調達された格好である。

画像

小型で入換動車のように映る機関車は、やや心細く見えなくもないが、客車の重量や路線の性格上、性能に適した用途と言えよう。客車の外観は近代的で、“レトロ”には見えないが、改造タネ車はトラ70000なので、経年は40年を超えている時代物だ。

大自然の中を行くローカル線のトロッコ列車と違い、テーマパーを走るの遊覧列車のようだ。

画像

乗り潰し目的での訪問だったが、何だか、走行写真も撮りたくなってきた。そのため、復路は列車に乗らずに歩いた。乗る前からそんな気がして、窓口で片道切符しか求めなかったが、正解だった。

関門海峡をじっくりみたいが、列車の時刻を気にしながら、炎天下の中を急ぎ足で歩き、3本の列車を写した。

画像
画像

なお、門司港レトロ観光線沿線には、こちらの記事で既にご紹介したとおり、和布刈公園にEF30型が保存されているほか、門司港レトロ展望室前に西鉄北九州線100型が展示されている。沿線を訪れた際は、これらの見学もお忘れなく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
門司港レトロ観光線の雰囲気や沿線の保存車両など、一度訪れたくなりました。、
京阪快急3000
2012/10/02 17:20
門司港レトロ観光線、情緒がありますね。私も2010年9月に乗ったことがあります。短時間とはいえ、風を直に受けながら楽しむ列車の旅は気持ちがいいです。
カツマティ
2012/10/02 21:57
迷列車で行こうシリーズでよく出てくる列車ですね…♪
としおちゃん
2012/10/02 22:14
こんな場所があるのですか!

こういったものが自宅近くにあったらな〜
千葉バス情報館
2012/10/03 00:25
みなさん、コメントをお寄せ下さり、誠にありがとうございました。

>京阪快急3000さん
門司港には、九州鉄道記念館もありますので、そちらの見学と併せてどうぞ

>カツマティさん
はじめまして。ようこそおいで下さいました
仰るとおり、本当に海からの風が心地良くて、暑さを忘れました

>としおさん
仰るとおり、よく出てきますよね

>千葉バス情報館さん
千葉港あたりで、京葉臨海鉄道の線路利用して、トロッコ列車、走らせるのも良いかもしれませんね。
ツキだっ!
2012/10/03 09:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
海峡の潮風と共に… 走れ! 門司港レトロ観光線 潮風号 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる