月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 何度でも乗りたい! 五能線 “リゾートしらかみ”

<<   作成日時 : 2012/08/28 22:17   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

画像

東能代から五能線に乗る。五能線には初めての乗車だ。

画像

指定券を確保した“リゾートしらかみ1号”は、HB-E300系の4両編成。乗車してまず驚いたのが、筆者の席が2号車の半個室車であったこと。えきねっとで、「窓側」以外のリクエストは何一つしないで予約したのだが、まさか半個室席が割り当てられるとは…。一人旅なので知らない人と相部屋になる。「人見知り芸人」には辛いところだ。

画像

HB-E300系は、半年前に青森駅で見学する機会があったが、駅停車中はエンジンのアイドリングがなく、静かで電車然としていたのが印象的だった。気動車といえば、駅停車中のアイドリング音がやかましく、特にキハ181やキハ65が入線中は、ホームでの会話もままならなかったほど。それに比べて、HB-E300系の静かだ。キハ181などと同じ「気動車」という1つのカテゴリに含めるのが、憚られる。

画像
画像

走行中も静かで、これまた気動車であることを忘れさせてくれる。起動時にはディーゼルエンジンのパワーを借りることになっているが、五能線のような平坦線では、ノッチとブレーキの回数がほぼ均等であり、バッテリーの電力だけで充分のようだ。エンジン音は、ときどき思い出したように聞こえてきて、排煙管から柴煙が上がる。車内を移動しながら、ところどころに、機器スペースと思われる場所がある。気にしていないと気付かないまま終わってしまいそうなくらい、収納棚などの前後に上手く収まっているが、ハイブリット車ならではの設備だ。

画像

運転台機器も、E231系と同じような機器配置をしていて、貫通路や、一般型気動車に欠かせないワンマン機器などの設備がないこともあって、まるで電車の新系列車のようだ。

画像
画像
画像

このように、HB-E300系は技術的に大変興味深い車両なのだが、忘れてはならないのは、乗車中の“リゾートしらかみ1号”がリゾートトレインであること。前述の半個室のほかにも、車内には面白い仕掛けがたくさんあるので、席にじっとしていられず、車内を見て回りたくなる。座っている限り乗り心地は良いが、立っているとよく揺れ、移動に難儀する。能代では、車内のみんなで、バスケットのプレーを見守った。

画像
画像

運転室の後ろなど、フリースペースが設けられていて、常に人が出入りし、人気だ。席がなかなか空かず、3号車のイベントスペースで津軽三味線の実演が始まった頃になって、ようやく運転台越しの風景を楽しむことが出来た。

画像

前述の半個室は、座席をフラットにすることが出来る。乗客がいないのを見計らって、別の区画でフラットまでの行程を試してみたが、慣れていないので、あれこれ戸惑った。こうなると、気分はブルトレのベットを解体する列車ボーイのようだ?!

画像
画像

津軽三味線の実演は、3号車まで移動しなくても、その模様は各車のモニタで見られるほか、スピーカーから曲も流れる。声量があって、マイク越しだとやかましく思えるくらいだ。ところがそれが、駅接近時などになると、停車アナウンスに切り替わり、中断してしまう。実際に3号車まで足を運んでみると、乗客のほとんどが手拍子や、掛け声など、演奏を楽しそうに見守っている。

画像
画像

こうした、五能線活性化を睨んだ施策は、“ノスタルジックビュートレイン”が始まりだ。“ノスタルジック〜”には自由席車が連結されていたが、“リゾートしらかみ”は全車指定となっている。五能線のように運行本数が少ない場合、沿線利用者のために自由席車を連結した方が良さそうに思うが、一方で、赤字路線の客単価を少しでも上げたい…という狙いも見て取れる。

画像
画像

今回の五能線訪問は、単なる乗り潰しで、“リゾートしらかみ”の乗車も、移動手段の1つとして捉えていた。しかし、いざ乗ってみると、“リゾートしらかみ”は楽しい列車で、車窓が素晴らしいことも相まって、早速、もう一度乗りたいという気持ちになった。JR東日本が、赤字路線に専用編成を3本も投入し、活性化を狙った“リゾートしらかみ”という「商品」は、見事に成功だと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東北新幹線 E5系に乗りました
函館観光の翌日は、五能線と津軽鉄道を巡る。東能代まで乗った701系の普通列車は、トイレが故障中で、レチさんが、水洗用のペットボトルを運び込むハプニングがあった。 ...続きを見る
月の鉄路
2012/09/13 10:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
五能線行ってみたいな〜未だに未完乗だわ(爆)
としおちゃん
2012/08/29 12:18
としおさん、コメントをお寄せ下さり、誠にありがとうございます。

五能線、本当に良いですよ〜。自分もまた行きたいと思っています。今度は、沿線を散策したいです。
ツキだっ!
2012/08/31 10:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
何度でも乗りたい! 五能線 “リゾートしらかみ” 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる