月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 仙台市電保存館

<<   作成日時 : 2012/08/28 21:49   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

画像

仙台に行き、仙台市電保存館を見学してきた。

仙台市電保存館の存在は、およそ20年以上前、筆者が高校入学の春休みに仙台に旅行に行った際、ホテルの新聞で知ったのが始まりで、かねてから、機会があれば見学したいと思っていた。今回、20年越しに実現したわけである。

画像
画像

館内に保存されているのは、モハ1型とモハ100型、それにモハ400型の3両である。モハ100型の一部は、長崎電軌に譲渡され、今でも現役である。

画像
画像
画像

モハ100型とモハ400型は、外観からは同じ車型に見えなくもないが、車内に足を踏み入れると、昭和37年製のモハ400型は、無塗装化が推進された近代的な造りをしているのがよく分かる。なにより、モハ400型の台車は空気バネで、筆者が車内に入ると、車体がふわふわと揺れたのが印象的だった。運転台にも、降車知らせボタンがあるのね。

画像

一方、モハ100型は昭和27年製。近くに車体の高さほどの半2階構造の見学台があって、そこに登ると、屋根の様子が見られる。各地に博物館などの保存施設は数あれど、屋根に装備される各種パーツについてまで、見学が考慮された施設は珍しい。

画像

特に、集電装置の降下紐の様子がつぶさに分かるようになっており、興味を引き、目を見張った。路面電車の集電装置は、ビューケルの走行時のはずれにまつわるエピソードだとか、トロリーコンタクターの操作の役割を併せ持つなど、高速鉄道のパンタグラフとは違う側面がある。従って、この、降下紐は重要な役割を果たすわけだが、こうして現物を目の当たりにすると、その構造はとてもシンプルで、紐もごく普通のロープだ。

画像

流線型を意識した特徴的なモハ200型が保存されていないのは、惜しい。館内に展示されているモハ200型といえば、個人が製作された模型のみであった。

画像

往復には、富沢駅から無料送迎車が用意されており、徒歩だと駅から12分ほどかかる道のりを、歩かずに済む。しかし、館内は空調がなく、風も吹き抜けないので暑い。見学しながら、汗が滴り落ちてくる。保存が主目的の「保存館」であり、博物館とは違うということを印象づける。だが、展示は開設を含めて充実しており、立派なパンフレットまで用意されている。見学に30分程度を見込んでいたが、気付いたら1時間以上、見入っていた。

余談だが、前述の「高校入学の旅行」とやらは、筆者にとって単独で行った初めての鉄道趣味旅行であり、仙台という地に、感慨深いものがある。その時、仙石線の陸前大塚駅を訪れているが、当時はまさか、20年後に未曾有の大災害に見舞われるだなんて、思ってもみなかった。

今回、震災後初めて仙台駅の構内に降り立ったが、駅構内は、人も設備も、震災前と変わらぬ様子を見せていた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
米坂線 〜 フラワー長井線 〜 左沢線 〜 仙山線 ルート
この夏、米坂線、フラワー長井線、左沢線、仙山線を乗り潰してきた。いずれも、山形県を走る路線である。 ...続きを見る
月の鉄路
2012/09/26 23:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大変いい保存状態ですね。
としおちゃん
2012/08/29 12:17
としおさん、コメントをお寄せ下さり、誠にありがとうございます。

屋内ということで、3両とも保存状態は良好です。
ツキだっ!
2012/08/31 10:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
仙台市電保存館 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる