月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 身延山ロープウェイとカチカチ山ロープウェイ

<<   作成日時 : 2012/04/25 10:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

今回は、富士山の麓、カチカチ山ロープウェイと身延山ロープウェイ、この2つのロープウェイについて書いてみたい。いずれも、富士急行が資本参加している。

まず、身延山ロープウェイ。こちらは、正式商号は身延登山鉄道という。2010年に、親会社と同様、水戸岡鋭治氏によってリニューアルされ話題になったが、設備に関しても、2012年3月に更新されている。

画像

リニューアルとは聞こえが良いが、ゴンドラを間近で見ると、塗装は手塗りなのか表面がボテボテで、車内は吊革などのアクセサリーが取り替えられている以外は、リニューアルされたという印象を受けない。設備が更新されたと書いたが、車内には「昭和56年武庫川車両」のメーカズプレートが貼られており、ゴンドラ自体は以前のものを継続使用している。これは、営業と止めることなくリニューアル作業を行ったための制約が原因のようだ。

画像

一方、設備の方は2012年1月から1か月強の間運休して、更新したそうで、原動制御システムが採用され、節電にも対応したそうだ。

画像

筆者が訪れたのは、ちょうど春のしだれ桜のシーズンだったため、ロープウェイは混雑し、乗車するまでに40分並んだ。これが、山麓の久遠寺と山頂の奥之院両駅でのことなので、合計1時間半近く待たされたことになる。しかし、久遠寺では梅干しのサービスがあり、奥之院では、改札内がみやげ物店となっていて、ロープウェイが到着するまで、列に並ばずに済むため、苛立つことはなかった。

画像

全長は約1665mで所要7分。ロープウェイとしては、距離も所要時間もやや長い方だ。走行路は山の斜面からかなり高さがあって、窓下を見るとスリルだ。風の影響を受けやすいのか、揺れて、特に下方向へ落ちそうな重力に、何度か手に汗握った。ただ、設備更新後の機材は、この風による影響に性能が対応しているそう。

画像
画像

午前中は姿を見せなかった富士山も、昼過ぎになってその雄大な姿を現し、ロープウェイと富士山の2ショットを収めることが出来た。季節柄、富士山は最初から諦めていただけに、撮影出来て嬉しかった。山頂からは富士川も見渡せるが、この川を境に、西と東とで電気の周波数が異なるのはご存知の通りで、富士川は他の川にはない性格を併せ持つ。しかし、その川の流れの表情から、周波数云々については、もちろん伺い知ることはない。

画像

なお、久遠寺の本堂までは287段の急な石段を上がらねばならない。文字にするとそれほど大変なことのように思われないだろう。しかし実際は、本当に急な石段で、普段運動不足の筆者は、太腿は裏側まで筋肉がパンパンになり、心臓は締め付けられて、口から飛び出してくるのではないかと思うぐらいだった。これじゃぁ、まるで運動部の筋トレだわさ。真夏なんか、さぞかし大変だろう。

画像

だが、実はこの石段を避けるため、久遠寺駅近くにはエレベータが設置されている。エレベータと聞けば、ビルやマンションのそれをイメージするだろうが、身延山の斜行エレベータは、これがまた、ご覧のとおりヘッドライトが付いていて、ケーブルカーや鉄道車両に見えなくもない。惜しむらくは、全体的にのっぺりとした造りで、車内のボタンも、一般的なエレベータと同じである点。もう少しゴツい要素があればなお鉄道車両然として見えるのだが、しかし、あくまでもエレベータなので、そもそも、鉄道車両っぽく見せる必要はない。往路の険しい道のりがウソのように、あっさりと、三門まで戻ってしまった。

このように、身延山は地味に見えて、我々鉄道ファンにはなかなか楽しいところだ。

画像

ロープウェイの話しから逸れてきたので、今度はカチカチ山ロープウェイに話しを移そう。

画像

こちらは、全長460mで所要は3分と、発車したらすぐに着いてしまうのだが、何てったって、眼下に広がる河口湖の眺望が素晴らしい。そのため、ロープウェイそのものの観察を忘れてしまいそうになる。

画像
画像

こちらは、動物のキャラクターが屋根に乗っているなどの演出があるが、前述のように、車窓に恵まれているため、過剰な演出は必要としないと思うのは自分だけだろうか?好みの問題だろうけど…。

画像

カチカチ山ロープウェイに乗車したのは、昨年のゴールデンウィーク中のことだったが、東日本大震災の影響で自粛ムードだったため、特に混雑もなく乗車することが出来た。5月になると気象条件の影響で、富士山もだんだん見えにくくなるが、当日はどうにかその姿を現してくれた。

このように、ロープウェイも見所は多くあり、あれこれ観察するのは楽しく、ほとんど期待していなかったのにも関わらず、実際に目の当たりにすると、つい、あちこちに目が行ってしまう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ロープウェイ私は、何時乗ったかな(謎)

富士山の写真が良い感じです。
としおちゃん
2012/04/25 17:07
どうも、こんばんは(^-^)
富士急にも、ロープウェイがあるんですね。
けんまる
2012/05/01 23:34
お二人とも,コメントをお寄せ下さり,ありがとうございました.お礼を申し上げるのが遅くなりまして,大変失礼しました.
ツキだっ!
2012/05/02 23:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
身延山ロープウェイとカチカチ山ロープウェイ 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる