月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 弘南鉄道弘南線

<<   作成日時 : 2012/03/06 17:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

弘南鉄道弘南線に乗ってきた。大鰐線は4年前に乗車済みだが、弘南線は未乗のままとなっていた。大鰐線と同じで、やはり東急の7000系が幅を利かせている。

画像

東京の私鉄を走っていたステンレス車ということで、雪国では、特に冬季の暖房性能などに不安があるが、車内は温かくて心地良い。初めて乗る路線なのに、心地良さに誘われて、思わず、コクリコクリしてしまった。東急譲渡車のお約束で、吊り手に、東急百貨店の広告が残る。スッカラカンなことが多いローカル私鉄の中吊り広告だが、弘南線の車両は広告枠が埋まっていて、車内はなかなか活気が感じられる。

画像 画像

ステンレスボディの魔術に欺かれた、まばゆい外観と違い、車内は一部で老朽化が見られる。ただ、これらは部品を交換すれば美しく甦ると思われる。東急7000系は登場から50年になろうとしているが、地方私鉄譲渡車は室内の更新がされていない。水間鉄道7000系のように、更新され1000系として再デビューした例もあるように、今後も継続使用するのであれば、更新時期に到達していると思われる。

弘前東高前−運動公園間では、時速15km/h程度のゆっくりした速度で進む。それが、運動公園を過ぎると、速度はかなり上がり、車内は揺れる。

新里駅には蒸気機関車が設置されているのが見えた。青森県の日本海側・鰺ヶ沢町から運ばれてきた48640号だそうで、訪問した1か月ほど前に運ばれてきたばかり。特に意識したわけではなかったが、タイミングが良い。一方、田舎館付近に保存されているキハは、あれよあれよという間に通過してしまい、じっくり見ることができなかった。蒸気機関車と気動車の保存車は、いずれも写真に納めることが出来なかったのが残念。

画像

館田で上り列車と交換。平賀は検車区があり、駅構内もなかなか立派だ。検車区といえば、大鰐線と弘南線の線路が接続していないため、検車機能を1か所に統合出来ないのは、不合理に映る。なぜなら、両線の起点がいずれも弘前であるからだ。そのターミナルがお互い離れていなければ、両線の線路は接続していたであろう。

弘前から約30分。列車は終点の黒石に到着した。

画像

黒石では、かつて弘南鉄道黒石線と接続していたが、20世紀も終わりに近付いた1998年に廃止されている。黒石線は国鉄転換路線で、黒石駅は国鉄と弘南鉄道とで離れていたが、弘南鉄道化の際に、弘南鉄道黒石駅に統合された。構内には、気動車の検修設備が今でも残っているが、これまた、気動車のメンテナンスは黒石で行っていたようで、平賀の電車検修設備と統合しなかった点、不思議に思う。庫内に機関車が1両見えた気がするが、それとは別に、庫外にキ100と連結したED33がスタンバイしていたので、あるいは見間違いかもしれない。

ところで、そのキ100とED33を熱心に写すファンがいた。積もる雪などお構いなく、深い雪に足を突っ込んで撮影していたのは恐れ入る。

画像

なぜなら、その熱心なファンが、なんと女性だったから。銀座や原宿にいるような普通の女性で、家族を連れていたわけでもないので、誰かの影響でファンになったわけでもなさそう。こっちは、雪が積もっているし留置中の車両だからと、コンデジで撮影を済ませたのに対し、彼女は一眼レフで撮影しており、気合いを感じる。女性運転士や車掌が珍しくなくなった昨今、驚くようなことでもないのだろうが、思わず口をあんぐりさせてしまった。筆者が高校生ぐらいの頃まで、鉄道ファンと言うだけで、変な眼差しを向けられ、クラスや周囲に鉄道好きであることを告げることさえ憚れるような環境だったのに、今では鉄道趣味がすっかり市民権を得たことを、改めて思い知る。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ここは、まだ乗ったことがないです。
としおちゃん@上田
2012/03/06 23:22
としおさん、コメントをお寄せ下さりありがとうございます。
東急7000系は各地に譲渡され、今では東急時代のイメージより、ローカル私鉄としての印象の方が強くなってしまいました。
ツキだっ!
2012/03/07 08:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
弘南鉄道弘南線 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる