月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 千葉ポートタワー ぶらり京葉線

<<   作成日時 : 2011/12/29 22:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
今回は、今夏の終わりに千葉港にあるポートタワー訪れたときの模様をお届けしたい。

画像

この夏は、いろいろ事情があって、イライラしてストレスが溜まり気味だった。気分転換して発散すべく、千葉にあるポートタワーに行って来た。この時は鉄道趣味は抜き。Tシャツにジャージ、カメラはコンデジのみと、最初から息抜きのために割り切っていた。

画像

ポートタワーの入り口で、早速共通券を求め、幕張メッセ沖合遊覧コースを予約した。共通券とは、観光船周遊とポートタワーの見学がセットになったもので、これが1000円と、かなりお得。

画像

まずはポートタワー。4階の展望室に上がると、眼下に千葉港が広がり、爽快な開放感を味わえる。反対側には、千葉みなとの駅を手前に、千葉の街が一望でき、見ていて楽しい。ずっと見ていても、不思議と飽きない。

画像

特に、京葉線の高架軌道が見えるので、どうしても、列車がやってくるのを期待してしまう。来る列車がスカイブルーの201系であれば、インパクトがあっただろう。「鉄道趣味は抜き」のはずだったが、結局、京葉線の列車が満足に写せるまで粘ってしまった。

画像

西側に見える高架軌道を行く列車を写してみたかったが、これは貨物列車の勾配緩和軌道であり、列車は思うように通過しなかった。

スカイブルーの201系がまだ京葉線を走っていたら、この風景にスカイブルーのアクセントを添えてくれたはずだが、この夏を前に引退している。

画像

今度は、近くの千葉港に移動し、観光船に乗る。

画像

観光船ということで、もう少し楽しげな船体を想像していたが、クルーザーを大型化したような、案外質素なものだった。乗船客は案外多く、席の確保や、デッキでの見学が思うように行かない。

画像
画像

いつも、京葉線の車窓から東京湾を眺めることはあっても、こうして、海上から千葉の街を眺めることは初めて。

画像

面白いのは、船内で“かっぱえびせん”が売っていること。自分で食べるためのものではなく、行き交うカモメにあげるための餌で、手を伸ばすと、カモメがスッと寄って来て、“かっぱえびせん”をゲットする。カモメの飛ぶスピードより、観光船の速度の方がやや速く、カモメは必死になって追いつこうとする。すっかり、カモメとのやり取りに夢中になってしまった。

画像

帰りに、海浜幕張に出て、以前から乗りたいと思っていた京成の連接バスに乗った。休日だったので、連接バスが得意とする輸送力を存分に発揮するシーンは見られなかった。また、走行する道路も幅員が広くて、連接バスが通過するのに難儀するような場面もなく、バスは、あっという間に幕張本郷に到着した。幕板部分のラインに、カラーバリエーションがあることを知る。

画像

千マリ構内にはEAST-i-Eがいた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
ジオラマみたいで絶景ですね…♪
としおちゃん
2011/12/30 10:34
こんばんは〜お久しぶりです。
「鉄道趣味は抜き」でも気になってしまう・・・
お気持ち、よ〜く判りますw
ドラ猫(冬眠中)
2011/12/30 23:50
お2人とも、新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。コメントをお寄せ下さり,ありがとうございました.
ツキだっ!
2012/01/03 13:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
千葉ポートタワー ぶらり京葉線 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる