月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 宍道湖のほとり 一畑電車は今日もゆく

<<   作成日時 : 2010/08/21 18:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

画像

3年ぶりに一畑電鉄を訪れた。持株会社に移行し、鉄道事業は「一畑電車」による運営になったが、今までのイメージから、つい、一畑電鉄と言ってしまう。

画像

今回は、3時間強という限られた時間しかない中で、北松江線全線乗り潰しと、沿線撮影を盛り込んだ。そのため、やや慌ただしく、沿線で写せる列車は1本のみと、失敗は許されない。プレッシャーに弱い筆者は、とても緊張した。

画像

選んだ撮影ポイントは、有名な場所ではなく、ある動画サイトで見たワンシーンからヒントを得た場所だ。撮影ガイドとして紹介されているわけではなく、地図と、動画の僅かな情報を頼りに、現地で、自分で見つけなければならない。駅を降りて近くまで来たは良いが、案の定、足場が見付からず、迫りくる撮影列車の接近時刻を前に、半ばヤケになりながら、やっと足場となる山の斜面を見つけた。思わず、その場にへたり込みそうになる。

画像


しかし、宍道湖をバックに、どうにか思い通りのカットが得られたのは良かった。万が一、撮影に失敗した場合は、乗り潰しをまたの機会に譲る覚悟でいたが、回避出来た。ここは光線状態が終日逆光で、失敗に陥りやすいが、宍道湖のトーンが白く飛ぶことなく、どうにかイメージ通りに再現出来た。

画像

ところで、前述のように3年前にも一畑電鉄を訪問している。その時は、計画に誤りがあり、予定していた全線の乗り潰しが出来ず、北松江線は川跡―松江しんじ湖温泉間が未乗のままとなってしまった。

画像 画像

そのため、川跡以東の区間は今回が初めての乗車となったわけだが、宍道湖沿いを行く車窓風景は、思っていたよりも楽しく、印象に残った。川沿いを進む路線は多くあれど、湖畔を行く路線はそれほどない。スイッチバック式の一畑口に、駅名の固有名詞の部分にまで「駅」が含まれる湖遊館新駅駅など(だから、普通に書くと「駅」がタブる)、ユニークな駅が多い。美談駅は、美談と書いて「みだみ」と読む。ちなみに筆者は、ヒネクレ者なので「美談」は嫌いです。

画像
画像

一畑電鉄に乗車していて思うのは、利用者が案外多いこと。立客こそいないが、2両編成の列車は、座席定員ほぼいっぱいだ。北松江線は、JR山陰本線と競合関係にあるが、宍道湖の北側・南側とで、輸送量を上手く分かち合っていると言えよう。

画像

昔ながらの小荷物輸送も継続されていて、駅には荷重計が置いてある。市中の宅配便に比べて運送料が高いため、利用するメリットは少ないかもしれないが、僅かな収入でも確保しようと努める姿勢の現れだ。

画像

松江しんじ湖温泉−松江イングリッシュガーデン前間の一部は、線路切り替えが行われるようで、立派な新軌道部分が出来上がっていた。他の区間も、木製枕木が残るものの、軌道の状態は良く、案外スピードが高い。

画像

それに加え、最近一畑電鉄を舞台にした映画・RAILWAYSが公開され、一畑電鉄の知名度が全国区になった。筆者が乗車した列車には、一畑電鉄の乗車を目的とした観光ツアー客や、映画を観て訪れたと思われる観光客が多くいた。ちなみに、筆者はまだこの映画を観ていません。

画像

一畑電鉄と言えば、西武の譲渡車が多く活躍していたので、京王5000系が導入された際は、意外に思った。西武451系や、南海21001系ズームカーなど、20m車の入線実績があるため、中古車を調達するにしても制約は少なく、今後の車両置き換え時には、これまでと違った譲渡劇を、是非見てみたいものだ。

画像 画像

しかし、2100系も5000系も良く整備されており、状態が良いため、当面は現状のままだと思われる。車両の動きをあれこれ妄想するのは、気が早そうだ。京王時代、分散冷房車はクーラの効きが悪かったが、スイープファンを増設して、この問題は解消されている。車端部のスイープファンが届かない場所は、弱冷場所として案内されているのは、アイディアものだ。

画像
画像

筆者が乗った列車のウテシさんは、バスよろしく、途中駅で乗車して来た乗客が、座席に着席するまでノッチを入れずに、待っていた。電鉄出雲市と出雲科学館パークタウン前を除き、ホームへのアクセスも、階段なしで行くことが出来、列車への乗降が容易だ。このように、一畑電車は、ハード・ソフトの両面において、交通弱者に優しい存在であり、島根の欠くことの出来ない大切な公共交通だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
18きっぷはチョットだけよ 2010夏 中国・四国を旅する
夏季休暇を利用して、中国・四国地方を旅して来た。今回は、日程の都合で2泊3日しか休暇を確保することが出来ず、行程がやや窮屈になってしまった。そのため、筆者の旅に欠かせないアイテム…“青春18きっぷ”は今回は補助的に使用したまでで、特急列車や新幹線を利用するため、正規の運賃で旅した、近年では珍しいパターンだ。 ...続きを見る
月の鉄路
2010/08/26 22:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
映画・RAILWAYSで有名になりましたね。
あわただしく撮影場所を選定したといえど、見事な写真の出来ばえですね。
としおちゃん
2010/08/22 12:01
としおさん,コメントをお寄せ下さり,ありがとうございます.

見事だなんて,とんでもございません.ツッコミどころ,いっぱいあります.お恥ずかしい〜.
ツキだっ!
2010/08/22 23:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
宍道湖のほとり 一畑電車は今日もゆく 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる