月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ 今のスカイライナー  ★ 新しい成田エクスプレス

<<   作成日時 : 2010/02/12 22:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 7

画像
画像

今日は、京成AE100型とJR東日本E259系に乗車して来た。7月の成田スカイアクセス開業後、現行の“スカイライナー”の運行形態に変化がもたらされるであろうことから、その前にもう一度乗車しておきたかった。

というわけで、京成上野から“スカイライナー”で成田空港まで行き、帰りは“成田エクスプレス”に乗ることにして、京成上野に向かった。

画像

筆者が乗車したのは、12:40発の“スカイライナー23号”。京成上野発車時点で、筆者が乗車した車両に、他の乗客はいなかった。海外発着便の時間帯ではないみたい。その代わり、警備員がこまめに巡回している。京成上野では、車両間の連結幌部分まで異物を確認するといった徹底ぶり。

画像

営業休止中の薄暗い博物館動物園前を過ぎると、地上に出た。そして下り列車は、新装なった日暮里駅の高架ホームに停車する。“スカイライナー”は進行方向右側の専用ホームで客扱いする。日暮里では利用者も多く、車内もそれなりに埋まった。

画像

車内に目を向けると、AE100型の車内は標準的な落ち着いた構成。車体幅の制約もありやや幅が狭く感じなくもない。シートは足元に暖房機が収まる一世代前のもので、前方向に足が伸ばせない。読書灯のほかに空気清浄器が装備される。21世紀に入りリニューアルが施されたが、成田スカイアクセスとの兼ね合いで、ここ数年はAE100型に対する設備投資は止めているそうだ。

画像

また、荷物置き場があり、海外旅行客に対応している。5号車にはサービスコーナーがあり、車内通路上部の案内表示によれば、読売新聞を配布しているのでご自由にどうぞ…とのこと。

近年、“スカイライナー”は船橋にも停車するようになったが、筆者が乗車した車両では、船橋での降車も乗車もなかった。京成津田沼では、構内にオレンジ1色の赤電が停車中だった。

画像

前後するが、船橋を出ると速度が上がるが、それでも「速いナ」…という感じはあまり得られない。宗吾参道では、“AEU”が数編成スタンバイしていたほか、特急用3050型の姿もあり、京成は間もなく新しい時代に突入しようとしている感じが、見て取れた。

画像

船橋の次は成田に停車。ここで車内の大半が下車してしまう。これは意外だった。日暮里―成田間の潜在的利用があり、成田スカイアクセス開業後も、本線経由の“スカイライナー”を蔑ろに出来そうにない。

成田を出て、列車は高架線を進む。途中で東成田への分岐が見える。そして今度は地下を走る。しばらくして、空港第2ビル駅に到着。長いこと、1面1線の片面ホームだったが、成田スカイアクセスの開業に備え、1面2線化された。

画像

13:41、“スカイライナー23号”は定刻どおり成田空港に到着した。京成上野から61分、日暮里からだと所要56分だったが、これがスカイアクセス開業後は、新線区間における160km/h運転の効果もあって日暮里―成田空港間が36分になるとのこと。ただし、運賃・料金合計で480円増になる。

成田空港に着いて、改札を抜けるとセキュリティーチェックゾーンがある。運転免許証を提示して通過したが、成田スカイアクセス開業後はセキュリティーチェックを廃止する方向とか。

画像

構内に出て今度はJRの乗り場に向かう。時刻表でE259系充当列車であることを確認した上で、14:15発・“成田エクスプレス26号”の指定券を購入する。ホームに向かうと列車は既に入線していた。

画像

ところでこのE259系だが、側面を見る限り今までの253系と同じように見えて、“新型”というインパクトに乏しく、マイナーチェンジ車にしか思えず、せっかくの新型投入というアピールチャンスを、無駄にしている感も否めない。

画像

だが、JR東日本はそれだけ、253系の成田エクスプレスのイメージを大切にしたそうで、そして、これからも大事にして行きたいという表れでもある。考えてみたら、183系置き換え用のE257系500番台も、255系“BOSOビューエクスプレス”と同様の装いで登場したし、その183系だって、元はと言えば151系“こだま”のカラーリングである。従って、新形式車が、現行の車両のカラーリングを踏襲することは、何ら不思議ではないことだ。

画像

新しい車両が登場する都度、新たなカラーリングが生まれるのが最近では常識になりつつあり、その都度変化を当然のように期待しているこちらに、なんだか今回、問題提起の機会が与えられたような気がする。ホームの案内表示には、「新型車両」とさりげないカッコ書きが添えられていた。

画像

さて、そんなE259系だが、車内に入ると253系と同様に見えて、綺麗にまとまっている。特にハットラック式の収納が、通常の荷物棚になったことにより、天井に開放感が生まれたことと、白い壁材に艶ありのものが採用されているため、洗練さを感じる。これは窓ガラスの透過率が、253系と比較して上がったことも原因かもしれないが、全体的に車内が明るくなった。

画像

車体幅が広いため、車内も幅広に感じられ、特に座席まわりにゆとりがあって、窮屈な感じをまるで受けない。これなら、大柄な外国人にも喜んでもらえること請け合いだ。座席は、進行方向に合わせて回転できるようになり、その仕掛けが2人座席の中央部分にどうしても必要となる。そのため、座席下の荷物収納を狙って、わざわざ外国製の片持ち式シートを採用した253系ほど、座席下は開放感はないが、無理なく足を伸ばせる。

画像

座面スライドはないが、リクライニングと、上下スライドが可能なヘッドレストが設置されている。このヘッドレストは、頭の重さ全てを受けられるほどの厚みはないが、頭を置いたときに少しだけふわぁっとした感じが得られるようになっていて、気に入った。

車内は高速インターネットが可能で、各車の屋根には列車無線アンテナに似た形状のアンテナが設置されている。パソコン電源用のコンセントは肘掛にあり、目立たないが、スマートに収まっている。デッキ仕切り扉上だけでなく、車内中間にも天井に案内表示のLCDが設置されており、このあたり、209系のうち京浜東北線で試験運用されていた電子広告編成を思わせる。先頭車同士の連結部分は、253系と異なり乗客も利用可能な貫通路が構成されている。

画像

デッキと客室の間には荷物棚が設置されているが、暗証番号による施錠が可能となっている。なお、暗証番号を失念した場合は、終着駅で引き渡すとのこと。デッキ入り口にも案内表示器が設置されているのは、253系と同様だが、LCD化されていて鮮やか。“成田エクスプレス”は全車指定だが立席利用が可能となっている。その「立席」について、筆者は永いこと、業界的には「りっせき」と発するものとばかり思っていたが、自動放送では「たちせき」と読まれていた。

画像

E259系が、253系と比べて飛躍的な改善を見せた点として、乗り心地の良さ。253系では、ジョイント通過時など、堅く跳ね返るような、重々しい衝撃が車内に伝わってきたのだが、E259系は軽やかで、衝撃が減衰されていて、車内にいる限り感じされない。加速もGが感じられず、これは本当に130km/h運転しているのか不思議で、やや物足りなさを覚えるほど。現行は253系のランカーブに合わせているのだろうが、走りに余裕がありそうで、全列車E259系化されれば、もしかすると所要時間が短縮されるのではないか。筆者の座席が車体中央だったことも影響しているのだろうが、ヨーイングも感じなかった。車内販売の販売員も、作業がやり易そうだ。

画像

東京駅で、筆者が乗車した車両は、筆者の他に乗客が1人になってしまったが、筆者はこのまま終点の新宿まで向かう。品川を出て山手貨物線に合流するまで速度調整が伴ったが、それでも大崎で機外停止してしまった。横浜方面からの湘南新宿ラインを先に通すようだ。このため、新宿着は1分遅れた。

画像

以上、京成“スカイライナー”とJR“成田エクスプレス”の模様をお届けした。AE100型は車両としての寿命はまだ残っていて、今後も活躍を期待したいところだ。また、E259系は外観から受けるイメージと異なり、乗ってみると良い車両だった。これほど先入観と実際とのギャップが違う経験をしたのは、久しぶりのことだったが、すっかり気に入り、機会があればまた乗ってみたいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。久しぶりにお邪魔します。
新しい成田エクスプレス、個性のある車両ですね。詳しい乗車レポート/感想、良いですね。
じゅん
2010/02/13 11:18
成田へのアクセス特急は進歩してるようですが、関空アクセスの特急は落ち目です…。
としおちゃん@札幌
2010/02/13 22:22
お二人とも、コメントをお寄せ下さりありがとうございました。お礼を申し上げるのが遅くなりまして、誠に申し訳ございません。

>じゅんさん
E259系、253系と同じように見えますが、車内は洗練されていて、なかなか良い車両です。

>としおさん
7月には成田スカイアクセスの開業を控えていて、成田アクセスはいま、活気づいています。
ツキだっ!
2010/02/17 10:34
こんばんは〜
ご無沙汰しております。
新型のNEX、乗ってみたいと思っている居るのですが・・・
撮り鉄優先になってしまうので、どうしても後回しになってしまいます。
(新幹線で郡山とか・・・)
セキュリティチェック、廃止ですか〜
・・・納豆を持って通過したことを思い出しますw
ドラ猫
2010/02/21 19:36
ドラ猫さん、コメントをお寄せ下さりありがとうございました。
ツキだっ!
2010/02/23 09:05
どうも、こんばんは(^-^)
E259系は東急車輌だけでなく、近畿車輌でも製造されてますよ。
けんまる
2010/03/02 00:19
けんまるさん、コメントをお寄せ下さりありがとうございます。
ツキだっ!
2010/03/04 08:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
★ 今のスカイライナー  ★ 新しい成田エクスプレス 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる