月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 119系 飯田色をもう一度

<<   作成日時 : 2009/10/18 17:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

この週末、夜行バスで豊橋に行き、船町付近で飯田線の119系デビュー色を撮影して来た。119系デビュー色は既に一度撮影したが、佐久間レールパーク閉園までの限定運用期間中に、もう一度写しておきたくなった。

バスの中で思うように眠れなかったため、本当は中部天竜まで行くつもりでいたが、結局は豊橋口で簡単に済ませてしまった。

画像

119系と聞くと、今でもやはりこの飯田色をイメージする人が多いと思う。JR化後間もなくして東海色に統一されてしまったが、それでも飯田色のイメージの方が強いのは、飯田色がそれだけ傑作だったことを意味している。身延色と共にその後が続かなかったのは残念な話しで、「民営化」がもたらした運命の悪戯のように思える。

画像 画像

ファイナルに向けて多く設定される“レールパーク号”はパスして、119系デビュー色を写した後は、豊橋駅構内のお店できしめんを食べて、帰京の途についた。浜松―静岡間では“ホームライナー静岡”に乗車でき、数え切れないほど乗車した東海道本線の旅に変化がもたらされたほか、静岡鉄道に寄り道したり(新静岡センタービル、解体されてしまったのね)、船町で列車を待っている間、キヤ97レール輸送車が来てくれたり、なかなか楽しい豊橋行であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
119系はこの色のイメージが強いです。80系等旧型は姿を消してときすでに遅しの状態で、国鉄末期に乗りとおしたのもこの色でした。
としおちゃん
2009/10/18 17:43
としおさん、いつもコメントをお寄せ下さり,ありがとうございます.
119系は本当に、このカラーが良く似合いますよね。
そして、115系2600番台はワインレッドの身延色が良く似合いましたが、こちらはひと足先に、車両そのものが過去帳入りしてしまいました。
ツキだっ!
2009/10/18 20:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
119系 飯田色をもう一度 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる