月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 復活なった東武5700型 “猫ひげ”

<<   作成日時 : 2009/08/22 22:03   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

画像画像

astroboy-nj's today NEXT さんの記事を拝見して、自分も東武博物館の5700型“猫ひげ”を見学して来た。新たに保存されるにあたって、前面がデビュー当初の流線型に復元されたことで話題になった車両である。

画像

東武5700型と言えば、筆者の世代では“ゴーナナ”と呼ばれていた頃の、波動用としての印象が強い。そのため、もちろん、“ゴーナナ”が戦後の特急車であったことは知っているが、今回、復活なった流線型前頭部を目の当たりにしても、正直言ってあまり感激しなかった。

画像

画像特に、客用扉の窓支持がHゴムのままなのが残念で、前頭部にこれだけ力を注いでいるだけに、そのアンバランスが残念に思う。

左の写真は,昨年同館を訪問した際に館内に展示されていた“猫ひげ”の模型だが,デビュー当時の“猫ひげ”の客用扉は,模型のようにガラス窓支持はHゴムを用いないのが正しい.

画像

観光地に電車が到着.ここからは駅前に停車中のバスにお乗り換え〜


画像

妻面の様子.右下に伸びている白いパイプはエアコンのダクトで,室外機と結ばれている

画像
画像

画像

車内に眼を向ければ、往年の雰囲気が見事に復元されている。ただし、どこかレプリカ然として見えなくもない。

昭和20年代当時の技術から察するに、造りがもう少しゴツかったのではないかと思われる個所が、整然と仕上がっている(網棚がステンレスパイプ)。乗務員室内についても然り。ただしこの部分は今回新造された箇所で、れっきとしたレプリカなのだから、仕方がない。


画像

結局、雰囲気重視の復元という印象が強かった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
5700形は猫ひげが魅力的で、戦後時代を感じさせますね。
けんまる
2009/08/24 20:25
けんまるさん,コメントをお寄せ下さり,ありがとうございます.
ツキだっ!
2009/08/27 20:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
復活なった東武5700型 “猫ひげ” 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる