月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS “富士登山電車”デビュー

<<   作成日時 : 2009/08/10 21:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

8月9日、富士急で“富士登山電車”がデビューした。今年開業80周年を迎える富士急行は、昭和20年代・昭和30年代の2本のリバイバルカラーを登場させたばかりだが、今度はイベント列車まで用意し、気を吐いている。

画像

昭和30年代カラーについては春に既に撮影済みだが、昭和20年代カラーはまだだったので、“富士登山電車”と併せて記録しようと、富士急行大月線の寿駅で下車した。

画像
画像

当日は、目的の“富士登山電車”も昭和20年代カラーも、他編成と併結の4両編成で運行されており、撮影には制約があったが、幸い曇天で、光線具合に制約条件がなかったので、恵まれていた。心配していた降雨もなかったこともあり、出かけるべきか迷っていたが、思い切って外出して良かった。

画像

有名撮影地の三つ峠―寿間は、5700系(元小田急2200系FM車)の引退時に訪れて以来だから、13年ぶりだ。お別れ運転の際は、ピント・構図・光線状態とも散々な結果に終わっている。冬至に近い日だったこともあるが、結果、富士急5700系の写真はあまり残せなかった。東京から近いので、何でもっと頻繁に通わなかったのか、とても後悔している。FM車の撮影は、前パンで2両編成・架線柱の建植条件がJRや大手私鉄などと違うため、構図に悩まされたものだ。そんなことを思い出しながら、線路際で列車を待っていた。

画像

“富士登山電車”のデザインは、JR九州のデザインを担当されているデザイナーによるものだそうで、初の首都圏の鉄道進出例と言ったところ。ただ、デザインについて知識や勉強などしたことがない筆者が言うのは気が引けるが、敢えて言わせていただければ、“富士登山電車”はJR九州の各列車で見られるデザインと同じように映り、我々鉄道ファンの眼には食傷気味だ。九州と富士急とではフィールドが異なるので、違った展開を期待していただけに残念だ。

しかしながら、今回の改造により、導入から15年が経過する1000系にリニューアルが図られた形となり、企画そのものは評価している。一畑電鉄に行った元京王5000系と同様、“富士登山電車”では今回、2扉化が行われている点が興味深い。2両編成のうち1両は定員制として運行されるとか。初日は、詳しくは未確認だが、ホーム越しに見た限りではサービス要員が2人添乗していたようだ。

画像

富士急には元“パノラマエクスプレスアルプス”の2000系“フジサン特急”が在籍しているのはご存知の通りだが、2編成在籍しているため、ほぼ1時間ヘッドの高頻度運転が行われており、撮影コマに彩りを添えてくれる。富士急には急勾配が多く存在するため、“山用東海型”の本領を今でもいかんなく発揮している。

画像

他にも、201系に115系、183系がJRからの直通列車として乗り入れて来る。元165系の2000系“フジサン特急”を合わせると、通勤型・近郊型・急行型・特急型の国鉄型直流電車が全て揃うことになる。201系はE233系置き換えにより、富士急に乗り入れる機会が減った。国鉄チックな、5000系も忘れてはならない。

画像

このように、富士急行は車両のバリエーションが豊富で、線路際でカメラを構えていて、楽しい鉄道である。他の地方私鉄にはない魅力がある。運賃がやや高めで、そのため、ついつい高速バスに目が行きがちだが、今年は特に、高速道路の週末大幅割引実施による渋滞で、定時性の面で鉄道に軍配が上がり、富士急も、JR東日本のツーデーパスのフリーエリアに参加するなどの積極策に出た。

攻めの富士急行。今度は自社オリジナルの新造特急車、新造通勤車に期待したい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
JR九州とは違った部分はたくさんあって、富士急オリジナルの部分もたくさんありますよ。乗ったら分かるし、外見も違います。それに、東京近くで乗れるうれしいことではあっても、食傷気味ではないと思います。
TCRH
2009/08/12 19:01
TCRHさん,はじめまして.ようこそおいで下さいました.
富士登山電車の記述の件ですが,まるで一般論のような書き方をしてしまいましたが,あくまでも,私の個人的な印象を書いたまでです.
ツキだっ!
2009/08/12 22:21
こんにちは〜
今日、別のところでこの列車の記事を見たのですけど写真が無くて・・・
なるほど、こういうデザインの列車だったのですか〜
登山電車という割には、気品あふれるデザインですね。
でも、確かに、よくよく見ると、九州を走っているあれらと同系統で、ちょっと残念って感じもしますね。
(勝手に、箱根登山に近いスイスの山岳鉄道イメージしていたので・・・)
ドラ猫
2009/08/15 16:09
ドラ猫さん,コメントをお寄せ下さり,ありがとうございます.
ツキだっ!
2009/08/16 21:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
“富士登山電車”デビュー 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる