月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 115系で新潟へ

<<   作成日時 : 2009/08/24 20:52   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

1泊2日の行程で新潟に行って来た。新潟行きの目的は、旧月潟駅の新潟交通保存車の見学と、青海川−鯨波間・米山付近での信越本線の撮影である。

今回はその模様をお届けしたい。

この日は、出発前に日暮里駅付近で、急行“能登”・寝台特急“北陸”・寝台特急“あけぼの”の3列車を撮影後、いよいよ高崎線を北上する。

画像

高崎まではE231系と、東京在住の筆者にとっては日常のありふれた車両だったが、高崎から先は全ての行程が115系。数年前まで115系こそ、日常のありふれた存在だったが、今ではすっかり数を減らしてしまったことに改めて気付く。乗車している分には、113系・115系の区別はないが、本州にあれだけウヨウヨいた国鉄近郊型も、今では出会えるエリアが限られるようになった。座席まわりが多少窮屈だが、でもやっぱり国鉄近郊型がいちばん落ち着く。

画像

水上からは新潟色の115系に乗り換え、上越線を進む。中間ユニットがRサッシの編成で、車体更新されておらずカーテンキセが緑色のまま。車内妻面に主電動機の冷却風取り入れ口がある。先頭のクハは、ユニットサッシの冷房準備車だがAU712による冷改で、ツッコミどころ満載の編成だった。これだから改造車の多い115系は面白い。AU712は簡易冷房のイメージが強いが、なかなかの実力派で、サイクルファンを回さなくても、冷気が満遍なく行き渡る。

日中の上越線を進むのは何年ぶりだろうか。隧道内にある湯檜曽(下り線)・土合など、特徴のある駅などが多く存在するのに、通過するばかりで、沿線をゆっくり巡ったことがない。普通列車の運行本数が極端に少ないのが原因かもしれないが、車窓に映る風景は山間の涼しそうな景色ばかりで、暑さを感じさせない。Suicaエリアを跨ぐからだと、レチ氏が車内改札に一生懸命だ。

画像

長岡で乗り換え。列車は115系7連で、4+3の組成。輸送力は充分で快適な旅が楽しめた。115系といえば、東北本線や高崎線では最大15連で運転されたが、今では7連でも長編成の部類に属するようになった。

画像

新潟からは、新潟交通旧月潟駅を目指すべく、新潟交通のバスに乗る。知らない街をバスで進むのは楽しいもの。バスは生活感が溢れており、ご当地の視点で街の様子を伺うことが出来る。初めて渡った関屋大橋は圧巻だった。

画像

バスののりばを尋ねるべく、駅構内の鉄道警察官に聞いたところ、言葉遣いなどを含めて、まるでホテルマンのように懇切丁寧に接してくれた。当日はその後、柏崎でもやはり交番で道を尋ねたのだが、これまたとても親切で、サービス業を思わせる。どういう研修を受けているのか不思議に思えるほどで、とても印象的だった。

画像

話しをバスに戻すと、後部の一部を除いて1列シートとなっていて、シートと壁の間に荷物置場が設置されている。また、一部箇所には網棚があり、路線バスでは珍しい仕様となっていた。

画像

旧月潟駅に着いて、新潟交通の保存車両を見学した。その様子はこちらの記事をご覧下さい。

画像

見学を済ませ、月潟からバスで新潟まで戻る。まだ発車時刻まで10分もあるのに、なぜか早発した。ただし、おかげで新潟駅では予定していた列車より、1本前の列車にギリギリで間に合ったので、早発について、これ以上何も言わない。

画像

1分後には越後線吉田経由の柏崎行きがあるが、素直に信越本線長岡行きに乗る。亀田で多くが下車したのが印象的だった。長岡で乗り換えて柏崎まで行く。

この日は、柏崎駅前のホテルに宿泊した。

画像

翌日は、鯨波−青海川間で急行“きたぐに”を写す。構想段階では信越本線沿線で撮影出来れば良いと考えていたが、準備を進める上で、急行“きたぐに”も写してみたくなった。

ただ、急行“きたぐに”の通過時刻に合わせて鯨波−青海川間に行くためには、付近で前泊する必要があり、構想段階では軽く考えていたことが、意外に大袈裟になってしまった。お盆期間中で人手が足りないとのことだったが、幸い、駅前でタクシーを確保出来、鯨波入りすることが出来た。

画像

なお、鯨波での模様はこちらの記事をご覧下さい。

画像

鯨波での撮影を済ませ、今度は米山に移動し、撮影を行った。お盆期間中だったので、貨物列車はやって来ず、もう少し数をこなしたかったが、撮影出来る列車が案外限られていたのが誤算だった。

画像

こうして、1泊2日の新潟撮影行は終了し、往路と同じコースで帰京した。今年は、遅ればせながらデジタル一眼レフを導入したため、近年では旅先でほとんど見向きもしなかった沿線撮影を行程に組み入れるようになり、今までとは一風変わった旅行となった。首都圏ではすっかり影が薄くなった115系にも、浴びるほど乗ることが出来て、旅の印象に変化をもたらしてくれた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
115系の写真も青空と海がすばらしいですね。
としおちゃん
2009/08/24 22:25
としおさん,コメントをお寄せ下さり,ありがとうございます.
旅にはやっぱり,国鉄型が良いですよね.
ツキだっ!
2009/08/27 20:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
115系で新潟へ 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる