月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 湘南乃電車 江ノ電にサンライン号が帰ってきた!

<<   作成日時 : 2009/07/26 22:29   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

あまり話題に上がっていないが、6月から江ノ電1500型1編成が、デビュー当時の塗装に復元され、営業に就いているので、土曜日に撮影して来た。

画像
画像

1500型は、1000型と同じ車体が採用されているが、江ノ電初のカルダン駆動車として1986年にデビューした。モーターの装架方法の違いなど、一般の方にはアピールしにくいので、それまでのグリーン系とは異なるカラーで個性を主張していたが、後に1000型と同じ塗装に揃えられた。そのため、サンラインカラーはいつの間にかなくなってしまったという感が強い。

画像

しかし、今回1000型登場30周年を記念して、サンライン号は見事に復活した。そこで、久しぶりに江ノ電沿線をカメラを持って、巡ることにした。皆さん、休日の湘南ライフを思い思いに過ごしており、その表情はみな楽しげだ。斯く言う筆者も、Tシャツにジャージのラフな格好で、江ノ電を待つ。この日は湿度が高く、格好はラフでも、感じる不快指数はやや高め。

画像
画像

江ノ電と言えば、江ノ島・鎌倉の大切な文化の一つで、メディアに採り上げられる機会も多い。家の軒下をかすめるように走ってみたり、人様のお宅の門扉の前に線路が敷かれていたり、併用軌道を走ってみたり、他の鉄道ではなかなか見られないシーンが展開する。

画像

これが江ノ電の魅力なのは百も承知だが、他所者にしてみたら、見ていてハラハラさせられることも多い。路地から幹線道路に出ようとする車が、右折・左折のタイミングを伺いながら、平気で踏切内に車を止めていたり、サーフボードを横長にして持ち歩くから、電車に接触しそうになったり、警報器のない踏切を、左右確認もせず渡ってみたり、もう、江ノ電のことなどお構いなしに、人々は我がもの顔動き回っている。「軒下をかすめるように走る」と前述したが、「人々が江ノ電なんぞ見向きもせず縫うように動き回る」という表現の方が適切である。

画像

筆者は江ノ電が嫌いではないのだが、いつも込んでいるというイメージが強く、また、東京から近く、行こうと思えばいつでも行けるという心理が働き、訪れる回数は意外に少ない。当日は、九州や山口地方に低気圧が停滞し、大雨をもたらしていた関係で、湘南の海も波が高く、海水浴には不向きの天候であった。そのため、車内の乗車率に比較的余裕があった。

画像

ところで、江ノ電は路面電車然としていて、撮影にさほど不自由しないイメージがあるが、前述のように、軒下をかすめるように走るため、撮影ポイントが意外に限られる。また、“前パン”でパンタの上昇高が高いため、パン切れを考慮せねばならない。これを防止しようとすると、どうしても画角に“スカ”が生じ、バランス良くまとめるのは、なかなか難しい。

画像

それに加えて、前述のように、併用軌道では人や車が見切れるなど、思うように収まらない。また、自分の撮影したい車型の組成順序も、場合によっては悩みのタネで、今回筆者が訪れたのは昼過ぎだったのだが、あいにく、サンライン号は鎌倉方に組成されていたため、光線状態には恵まれなかった。

画像

いちばん上の踏切のカットは、ポスターなどによく出てくる構図だが、ご覧のように、列車通過待ちのクルマが入ってしまい、遮断直前まで思い描いていたカットは得られず、立ち位置の移動を余儀なくされた。画像では伝わらないが、海からの強風に煽られながら、しかも、細かい波しぶきまで飛んできて、夏のさわやかなイメージのカットに仕上がりつつも、実は不快な思いをしながら撮影したコマである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
本日偶然にも1000型のNゲージを鉄道模型ショウの帰りに買ってきました。登場時の標準カラーですが。
odision
2009/07/26 22:55
ケナログさん、コメントをお寄せ下さり,ありがとうございます.
Nゲージと言えば、サンライン号が登場の頃、GMが、TOMIXの箱根登山の動力ユニットを利用した江ノ電1500型のキットを発売したのを思い出します。連接方式ではなかったので、タイプと銘打っていました。
ツキだっ!
2009/07/27 22:22
江ノ電は、ユニークな車両でいっぱいですね。
まさに、観光ローカル電車といった感じです。
けんまる
2009/07/28 23:14
けんまるさん,いつもコメントをお寄せ下さり,ありがとうございます.
江ノ電は,関西の鉄道に例えるなら,叡山電鉄のような風情で,いつ行っても,楽しいです.
ツキだっ!
2009/08/01 18:23
江ノ電、相変わらずいいロケーションの中を走っていますね。もう、10年近く訪問していないです。
としおちゃん
2009/08/02 21:17
としおさん,コメントをお寄せ下さり,ありがとうございます.
今の時期の江ノ電は,最高ですよ!乗りに来てください.
ツキだっ!
2009/08/02 21:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
湘南乃電車 江ノ電にサンライン号が帰ってきた! 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる