月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS お見事! 富士山と芝桜

<<   作成日時 : 2009/05/10 21:21   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 2

画像

まるおじさんの記事を拝見していて、芝桜が見たくなり、富士五湖本栖湖(竜神池)に行って来た。以前から、芝桜って綺麗で良いな…と思っていたのだが、記事を拝見していて、実際に見てみたくなった。ただ、筆者はまるおじさんと異なり前述のように本栖湖(竜神池)の方を選んだ。どうせなら富士山との組み合わせが良い。

鉄道にしか興味を示さず、旅行に出ても観光地巡りをしないこの筆者が、純粋に、花を見に行こうとしているのだから、不思議な話しだ。自分も年を取ったか。

画像

それはさておき、富士急で河口湖へ。大月で迎えてくれたのは旧塗装編成だった。車内は転換クロスシートで、車窓には富士山が寄り添ってくれており、気分が良い。早起きして来て良かった。旧塗装編成は開業80周年イベントで、車内に富士急の歴史が年代順に並べられている。

画像

1000系の足回りは、地下鉄日比谷線3000系の物を再使用しているが、耳障りなブロウ音など一切しない、とても心地良いカルダンドライブ音で、乗っているだけで清々しい気分になった。

画像

駅からは芝桜まつり会場直行のシャトルバスに乗る。駅前で往復のバス運賃と入園券がセットになったクーポン(1800円)を買った。河口湖駅から会場まで片道運賃がいくらか知らないが、車内で運転士に1110円を支払っていた人がいたから、仮に片道運賃がその金額だとすると、かなり割安だ。

シャトルバスはいちおうダイヤが設定されているが、実際は乗り場の集り具合を見て適宜運行しているようで、20分も早発した。しかし、会場周辺は渋滞しており、到着はかなり遅れた。渋滞も、富士山を見ていると全くイライラしないから、富士山は偉大なり。

画像

そして、会場に着くと、いやいや、お見事!5月になると、いろいろな気象条件が重なって、なかなか富士山を拝めなくなるのだが、この日は見事な姿を現してくれた。天気に恵まれたゴールデンウィーク前半は、大変な人出だったとか。

画像
画像

この日のために、PLフィルターを新調したのだが、早速大活躍。サーキュラーPLフィルターはワイドタイプだと¥10kほどして、購入の際にやや抵抗を感じたが、いや、買っておいて正解だった。会場はある程度広さがあるが、芝桜の敷き詰め具合などから、絶好ポイントとなるとやや限られており、その部分にカメラマンが集中している。このカメラマンの密集具合、ネタ列車運転日の鉄道ファンに似ている。

これだけの絶景を前に、シャッターが進む進む。場所やカメラアイを少し変えるだけで、構図の雰囲気が変わり、写していて楽しい楽しい。気が付いたら、撮影枚数の残数カウンターが「19」を示していた。撮影に夢中になるあまり、買ったばかりのPLフィルターを仮設展望台から落としてしまったが、この絶景を前に、そんなこと、全然気にならない(表面にちょっとだけ傷が…)。

画像

出来れば、この景色を独り占めして、人が全く入らない写真を写してみたいが、もちろん、そればかりは許されない。

みな、竜神池の波が治まり池が鏡面になるのを待っているようだが、筆者は富士山と芝桜との組み合わせがが写せただけでも大満足。朝早かったこともあり、昼前のバス便で河口湖駅まで戻った。帰り道は上下とも渋滞していた。

画像

河口湖駅に出ると、ちょうどフジサン特急の発車時刻前だったので、展望室を奮発した。特急料金300円+着席料金100円で展望室からの風景が楽しめるのだから、安い。富士急行は運賃がやや高めなだけに、線内特急料金の金額がアンバランスに感じる。2000系を末永く維持するためにも、料金はもう少し高めでも許せると思うのは、筆者だけだろうか。

画像

展望室の天井からノッチを戻す音や、ブレーキの排気音が聞こえてきて、小田急NSEロマンスカーを思い出す。ただし、富士急2000系の2階運転台は運転室内の高さが確保されていて、ウテシさんの居住性は小田急ロマンスカーを上回っていて、エンド交換も楽チンそうだった。あいにく1列目には着席出来なかったが、3列目でも充分に楽しめた。TR69型空気ばね台車の乗り心地は抜群で、単尺レールのジョイント音も手伝って、幸せなひと時を過ごせた。前面展望を見ていて、標識や信号機類の更新など、施設・設備面が以前より充実していることに気付く。

画像

大月駅に着くと、今朝乗ったリバイバルカラー編成が、一般塗装の車両と併結し4両編成になっていたので、出発するところを駅近くの跨線橋から写してから帰ることに。中央快速線が人身事故で、中野で緩行線への乗り換えを伴ったが、富士山と芝桜が楽しめ良い1日だった(写真は河口湖で並んだ“トーマス号”とJRからの乗り入れ列車/“宴”と国鉄色の183系は芝桜関連の臨時列車である)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フジサンザン(+_+)
こんにちは。私は「 にょほほ電鉄 」の作者です。 ...続きを見る
にょほほ電鉄日記
2009/05/11 01:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ツキだっ!様
おじゃまします。
いつもこちらにも来ていただきありがとうございます、
富士山バックの芝桜とてもいいですね、来年はこちらに行ってみたいです。
富士急もいいですね、まだ、デジで記録してないのでぜひ行きたいところです。
同じ50D仲間のようですね、これからもよろしくお願いします。

まるおじ
2009/05/11 21:33
まるおじさん、コメントをお寄せ下さりありがとうございます。
記事、いつも拝見しております。この芝桜も、まるおじさんの記事に触発されました。
ツキだっ!
2009/05/14 11:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
お見事! 富士山と芝桜 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる