月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS 30000型・EXE10両で運転 ロマンスカー“えのしま29号”

<<   作成日時 : 2009/05/06 22:17   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
前回の利用からだいぶ間が開いてしまったので、近いうちにまた乗りたいと思っていた小田急ロマンスカー30000型・EXEに乗車してきた。新宿発15:20発の“えのしま29号”である。

画像

EXEと言えば20mのボギー式の10両編成で、4+6両に分併出来るのが特徴であるが、“えのしま29号”は片瀬江ノ島まで10両のまま運行される。ゴールデンウィーク期間中ということで、新宿発車時点での乗車率はそこそこあったが、多くが相模大野で下車してしまい、江ノ島線内は、4Rでも輸送力は充分である。恐らく、片瀬江ノ島到着後、折り返し“えのしま32号”に充当されるため、その送り込みを兼ねているのだろう。“えのしま32号”は片瀬江ノ島17:05発なので、レジャー客の利用が多く見込まれる。

画像

それに加え、相模大野での分割作業に伴う所要時分のロスを切り詰めたいという思惑も働いているのだろう。これは、新宿―藤沢間において湘南新宿ラインと競合するからだ。土休日下りの場合、相模大野で分割される列車は3本のみである。

画像

前述のように、EXEは分併が可能であるのが特徴である。これは、箱根方面・江ノ島方面の列車を相模大野まで1本にまとめて運行出来るほかに、新宿―小田原間に10両編成の輸送力列車を運行出来るというメリットがあり、需要の多い時間帯に対応し易い。VSEなど、前面展望の固定編成の場合、箱根登山線内の有効長から20m7両分が限界となる。

新宿を定刻に発車した“えのしま29号”だが、梅ヶ丘まではあまり速度が上がらない。梅ヶ丘を過ぎて、豪徳寺あたりでやっと特急列車らしい速度になる。しかし、成城や登戸など急行停車駅の手前で、徐行気味になる。

余談だが、この日和泉多摩川―登戸間の多摩川橋梁を徐行で通過中、ふと窓の下に目をやると、橋梁の下に多くのレジャー客が密集していた。せっかくのゴールデンウィークだが、この日は本降りの雨に見舞われ、多摩川にレジャーにやって来た人々が、小田急線の軌道敷下で雨宿りがてら、バーベキューなどをしているのだ。ちなみに、架け替え前の多摩川橋梁はガーター橋梁で、雨除けには不向きだった。

画像

新百合ヶ丘と相模大野に停車し、列車は江ノ島線へ。EXE登場時は、相模大野がロマンスカー停車駅ではなかったため、町田で分併を行い、町田に分併のための地上設備が設置された。しかし、町田―相模大野間のダイヤ構成上のネックになるため、分併作業は相模大野に変更となった。

画像
画像

このように、相模大野は以前は特急の停車駅ではなかったが、EXEによる2本立て列車を運行するようになって、今から約10年前に停車駅に加えられた。お隣の町田と比べて、街の賑わいに欠けるが、降車客が多いので意外に映った。TBSドラマ“金曜日の妻たちへ”で、登場人物がロマンスカーを利用するシーンが多くあったが、彼女らは町田でロマンスカーを下車し、江ノ島線沿線の最寄駅まで乗り換えていたことを思い出す。

画像

なお、“えのしま29号”は相模大野駅の2番線に発着する。配線上は1番・2番どちらからも江ノ島線に行けるが、一般列車は誤乗防止のため、江ノ島方面は1番線に統一されており、ロマンスカーはこの原則の例外となる。

江ノ島線では走りもスムーズで、あっと言う間に大和に到着。大和もかつては特急停車駅ではなかったが、1996年にロマンスカー停車駅となった。EXE4両(編成長80m)の“えのしま”が、10両対応の200mホームを持て余すような形で停車する光景は、間が抜けて見えるが、乗車中の“えのしま29号”は10両で運転されるため、ホームいっぱいに停車する。

このEXEから台車がボルスタレスになった。特急車ということで、ヨーダンパが設置されているが、それでもヨーイングが気になった。しかも曲線上で。3100型の揺りかごの様な乗り心地を知っている身にしてみたら、ヨーイングはいまいち残念だ。

画像

車内に目を向けると、ブラウンを基調にした落ち着いた雰囲気にまとめられている。観光よりも通勤輸送に重きを置いたような、そんなカラーリングで、“ホームウェイ”運用時にふさわしい。シートモケットは現在は1次車もブラウンに統一されているが、1次車登場時は4両編成のシートモケットはブルー、6両編成はグリーンだった。

スイッチバック式の藤沢に16:13着。ここでほとんどの乗客が下車する。頭端式のホーム配置から、「ここが終点?」と口にする人も見かけたが、列車は進行方向を変え、片瀬江ノ島に向かう。藤沢と片瀬江ノ島は、それぞれ1番線だけ10両編成対応となっており、制約が多い。

画像

“えのしま29号”は、16:24に終点の片瀬江ノ島に到着した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ゴールデンウィーク 2009 VOL2
◆ 5月3日 ...続きを見る
鉄道基準
2009/05/10 21:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こちら方面にいらしゃったんですね!
私は最寄が大和のため時々EXE利用しています

>町田でロマンスカーを下車し、江ノ島線沿線の最寄駅まで乗り換えていた
こういうパターンも時々やってます
ガオ
2009/05/08 12:49
ガオさん、コメントをお寄せ下さりありがとうございます。
最寄り駅が特急停車駅で良いですね。大和なら横浜へのアクセスも良いですし、江ノ島線の最終が1本増発されましたし、利便性が良い所ですよね。
ツキだっ!
2009/05/11 11:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
30000型・EXE10両で運転 ロマンスカー“えのしま29号” 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる