月の鉄路

アクセスカウンタ

zoom RSS カメラテストの画像から……

<<   作成日時 : 2009/04/26 23:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

今日は1日趣味に専念することは出来なかったが、合間合間に、新しいカメラのテストを兼ねて撮影を楽しんだ。今回はカメラテストの画像から、小田急の車両を中心にご紹介したい。

◆ 小田急30000型EXE

画像

登場から14年目の春を迎えた、ロマンスカーのスタンダード・EXE。こちらは、ヘッドサインが切れることなく再現出来た。光線によっては反射が多いボディカラーだが、AFも追従。

◆ 小田急7000型LSE

画像

やや、アンダー気味か。ただ、赤が思いのほか綺麗に再現出来た。ここでは371系も写したが、ピントが合い、合焦音もきちんと聞こえたのに、なぜかシャッターが切れず、撃沈。取説によれば、「シャッター半押し後すぐに全押しすると、一瞬の間を置いてから撮影されます(p35)」とあり、どうやらこれが理由らしい。

◆ 小田急4000系

画像

地上線運用に就く小田急4000系.LEDが1/500秒では文字が切れる。

◆ 小田急3000系

画像

小田急の最大勢力・3000系。写真は8両固定編成だが、3000系の8両固定はD−ATSの設置を終了している。

◆ 小田急8000系

画像

写真は、車体修理施工車。8000系のうち4両固定の車体修理施工車はまだ少数派で、6連と異なりLEDのフォントはゴシック体で、新宿方の電連が撤去されている。TIOSやブレーキ読み替え装置のソフトウェアのバージョンの都合で、現在は連結相手が限定されており、解放禁止扱いとなっている。

◆ 小田急1000系

画像

千代田線内折り返し運用に就く1000系。写真の1091Fはまだ純電気ブレーキ化されておらず、起動・停止時にギクシャクしない。

小田急のステンレス車はダルフィニッシュ仕上げで、1000系はフロントガラスの面積も小さくて、反射する部分が少ないため、AI SERVO AIで追従出来た。速度が低いのも、カメラにとっては条件として恵まれた。

◆ JR203系

画像

先週、E259系が落成し公式試運転を始めたようだが、となると、そろそろ気になるのが、203系の後継形式・E233系2000番台。

◆ 東京メトロ6000系

画像

こちらも、置き換えの話をちらほら耳にするようになったが、写真の5次量産車は近年に更新工事を受けているため、今後も千代田線で活躍を続けると思われる。マイクロエースが製品化するのも、この5次車。3次車までと異なり、4次車以降の更新では、日立製のVVVF装置が用いられ、編成のMT比も異なる。

これだけ、前面がギラついているにも関わらず、AI SERVO AIで追従出来たのは、速度が低いためか。

◆ 東京メトロ6000系A

画像

6000系をもう一枚。写真の6008Fは1次量産車で、2段窓のまま残るほか、窓サッシがゴールド仕上げなど、特徴が多い。

ちなみに、4月25日に小田急小田原線代々木上原―下北沢間で、複々線化工事に伴う線路切替工事が行われ、写真の6000系がこの先進む線路が、山側へ移動した。

◆ 小田急60000型

画像

この春、2年目を迎えたMSEロマンスカー。4連1本と6連2本が存在し、6連の予備車は、VSEの代替としても使用されるなど、マルチな活躍ぶりを見せる。ただ、千代田線直通列車の利用率は一部列車を除き、あまり良くないようだ。

ブログに貼る圧縮画像ではお分かりにならないかもしれないが、この写真はピンボケ、かなりの後ピンである。

◆ JR205系

画像

用務先の北戸田駅で撮影した、埼京線の205系。写真のハエ27編成もそうだが、埼京線の205系はラインカラーが色褪せている車両が多く見受けられる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ゴールデンウィーク 2009
◆ 4月29日 ...続きを見る
鉄道基準
2009/05/03 22:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
デジイチ、使い勝手はいかがですか?
我が家のD300はまもなく8ヶ月ですが、それまでのフルマニュアル銀塩機のカンが抜けきれずなかなか思うようにいきません。
ところでシャッター、1/500だと拡大してブレてませんか?通過列車には1/800でも被写体ブレしてるようで、このところすっかり恐怖性にかかってます…。
たろう
2009/04/27 00:09
AFの追従はピーカンだと、ついていってくれますね。だいたいだい、過信すると、時として大きく裏切ってくれることもありますので、ここ一番のネタを撮るときは、置きピンで連写したほうが無難かもしれませんね。
RAWで撮ったらまた、世界が変わると思いますよ。露出もシビアにならなくてもいいし、ファイルがでかいのが難点ですが、保存版所に困りますw
としおちゃん
2009/04/28 12:01
これまでのカメラよりは、よく写ってますね。私が持っているのは7.1メガピクセルですが・・・・
けんまる
2009/04/28 22:09
皆さん、コメントをお寄せ下さりありがとうございます。

>たろうさん
たしかに、1/500秒でもブレて見えることがあります

>としおさん
RAW現像は、CPUとHDD容量の関係で、当面は行わないと思います。結局、デジカメの延長の様な使い方をしています。

>けんまるさん
画質は、おっしゃる様に全然違いますね。
ツキだっ!
2009/05/01 09:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
カメラテストの画像から…… 月の鉄路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる